美少女ゲーム > アパタイト > ぼくがボクに興奮するわけがないっ! ~お姉ちゃんの弟女装教育~ 【Android版】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年01月23日
シナリオ エロ川マン歩
イラスト こもだ
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「DLsite ADV」対応作品です。 作品のダウンロードおよび閲覧には、DLsite ADVアプリのインストールが必要です。
    詳しくはスマートフォンサイトのご案内をご確認ください。
  • この作品はスマートフォン専用作品です。 PCでは閲覧できませんのでご注意ください。

作品内容

■□■ストーリー■□■
「やっぱいいよなぁ……“千紗”先輩……」
「そうかなぁ」

クラスメイト達がため息と共に窓越しに見ているのは、中庭でお弁当を食べているぼくの姉さん“千紗”だ。
暖かな日差しの中で溢れるような笑みを浮かべて、多数の視線を浴びながらもそれを意識せずにいられる姉さん。

「くっそう……どうして俺はお前じゃないんだろうな……」
そんなことを言いながら、小突かれる。

「そんなにぼくが羨ましいんだったら、いっそ代わってあげたいぐらいだよ……」
「お前はまるでわかってないっ!」

ぼくの不用意な発言に、両サイドから肘が脇腹に入る。
姉さんの弟であることが、ほんのちょっぴりだけど、誇らしかった時期があったんだ。
だけど、みんなが知らない姉さんの貌(かお)が…。

「ただいま」
「おかえりー」
「あう……」
「ん~~? どうしたのかな? みんなの憧れの姉さんに出迎えられて、照れちゃったかなぁ?」

驚いたぼくを姉さんがニヤニヤして見つめてくる。

「それじゃ、今日は何をしよっかなぁ……」

外では決して見せない姉さんの表情。
この時間が長ければ長いだけ、ろくでもないことを言い出すのは確かで。

でも、この時間がアッという間に過ぎ去るとろくでもないことがおきる時間がすぐにやってくるということで……。
結局ぼくには姉さんが何を言い出すのか黙って待っているしかない。

「そうね、いずれにしてもまずは脱いでもらわないとね」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009017
ファイル容量
353MB

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ぼくがボクに興奮するわけがないっ! ~お姉ちゃんの弟女装教育~ 【Android版】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件