美少女ゲーム > おとこの娘時代 > オトコノコラブプレイ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年12月19日
シナリオ 東雲いくの
イラスト かまぼこRED
声優 ひらまつひらり
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / Hな気持ちいいマッサージをしちゃうADV
その他
ジャンル

作品内容

うぶな男の娘を調教して、エッチをねだるドMな子にしよう!

■□■男の娘を調教しておねだりさせちゃうシステム■□■
性的な経験のない、真っ白でうぶな男の娘を(ごくソフトに)調教していきます。
その中で男の娘は次第に興奮し、自分から行為をねだるようになります。

いろんなところを愛撫できる『愛撫エリア』。
いろんなところを調教できる『調教エリア』。

どんどんと開発されていく男の娘を、自分好みの色に染めていこう!

■□■ストーリー■□■
男の娘と付き合うことになった主人公。
自慰すらしたことを知った男の娘に動画やら性的な知識を見せるうち、
その恥ずかしがる姿に欲望を昂ぶらせる自分がいることに気づいてしまう。

ならばと男の娘を調教してやろうと考えた主人公は、
言葉巧みに男の娘に女性用の下着を身に付けさせ、ベッドに横たわらせる。
恋人ならこれぐらいは当然だ……そう口にし、その体を愛撫し始める主人公。

最初は狼狽していた男の娘だが、どうやらM属性があったのか、
責められるほどに艶かしい声をあげ始める。

そして、ついに――

■□■登場キャラクター■□■
●優己 (CV:ひらまつひらり)
おとなしく、おどおどとした男の娘。
主人公の事が大好きで、嫌われたくないあまり、
何でも従順に言う事を聞いてしまう。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008962
ファイル名/ファイル容量
VJ008962.zip / 129.33MB (135608993Byte)
必要解像度
800*600 フルカラー

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「オトコノコラブプレイ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!声優さんが最高にマッチ

2016年06月22日  

このレビューは参考になった×1人

これまでの男の娘モノには幼い声の声優を当てて男口調で喋らせるだけの作品は多々有ったものの、どうしても男の子っぽく演技している感が拭いきれなかった。比べてこの作品の場合、声優さんが意識してやっているかどうかは判らないが時折混ざる「腹から出る声」が「あっ!男の子の声だ!」と思わせる魅力がある。それも闇雲に混ざるのではなく、主人公との絡みで感極まって思わず漏れる低音にドキッとさせられるのだ。意識してやっているのであれば声優さんは紛れも無い天才だと思う。それを抜きにしても大変可愛らしく自然な演技なので、最後まで雑念に邪魔されず没頭することができた。絵柄は可愛いものの枚数自体は少なく、ややもすると物足りない印象になりかねないが、その他の要素がそれをカバーしている。前述の声優さんの素晴らしい演技しかり、主人公は一見ドSッぽい台詞回しだが、その実、ヒロイン(?)が可愛くて仕方なく、ついつい苛めたくなってしまう心情が読み取れるイチャラブなシナリオなど、最後まで飽きずに進められること請け合い。個人的には執拗なまでの「おち○ちん」連呼もツボでした。タランティーノ映画に出てくる「ファッキン」の回数くらいの頻度です。男の娘好きな人は可愛い声で「おち○ちん」って言われると痺れますよね?痺れない?

ただし、マッサージは完全なおまけ要素であり、誤解を恐れずに言えば「蛇足」。謳い文句に調教システム搭載とあるが、停止絵をツンツンすると可愛い声で鳴くだけで、ストーリーに影響は全く無し。
とは言え、ご褒美の本編を毀損するほどでは無いので、ビッグワンガムについてるガム程度に考えて適当に撫でたり突っついたりして、とっととストーリーをコンプしましょう。クリア後は回想モードで各ストーリーを堪能できます。

男の娘好きには自信を持ってお勧めできる作品です。是非ご賞味あれ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!マッサージから始まるABC

2015年02月17日  

このレビューは参考になった×0人

調教という名のおさわりパートはちょっとしたミニゲーム形式で、いわゆる本番部分は文章を読み進む一般的な流れになっています。
男の娘も可愛くて内容も思っていたよりエロかったです。サンプルを見て気に入れば買って後悔はしないかと思います。

ただ個人的には男の娘の格好が下着と裸しか無かったのが残念です。
値段からすればボリュームとしては妥当な気もしますが、続編があるならば私服も含めた衣装のバリエーションに期待したいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]