({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

本作は単体でもプレイすることが出来ますが、
『メイクMeラバー』(VJ008687)に追加インストールすることで、
より本作をお楽しみいただけるものとなっております。


■魔族視点の「Darknessモード」を追加
人間側の拠点都市を魔族側が占領したところから「Darknessモード」がスタート。
魔族側視点でのプレイが可能となり、今までの人間側でのプレイとは異なる行動が可能となります。

●侵攻
Darknessモードでは「探索」に変わり「侵攻」がメニューに登場。
「侵攻」では侵攻する拠点とユニットを選択して、成功すると人間側の拠点を占領可能です。
占領した報酬としてお金やアイテムを手に入れることができます。

●陥落・躾けパート
Darknessモードでは、本作ヒロインのアミリィ(カスタムヒロイン)を
陥落させ躾けることが出来る「陥落・躾けパート」モードを追加。
嫌がるアミリィに性的な調教を施し、性的欲求を高めることで次第に理性は低下。
アミリィが絶対に受け入れられないという「禁忌」行為も快楽の欲求に逆らえなくなり次第に受け入れ、
アミリィは受け入れそして娼婦となることを誓う!

●娼婦パート
「陥落・躾けパート」にてアミリィが陥落後、娼婦として魔族の為に働かされます。
始めこそ抵抗感があるものの、次第に慣れていくアミリィ。
調教を施された体と性技を使い娼婦として客を満足させていくアミリィ。
奴隷として調教を受け、娼婦として働かされる日々。
アミリィは次第に日々の快楽から抜け出せなくなっていく……

●サブヒロインのイベントも大幅追加!!
サブヒロインも勿論「Draknessモード」で魔族の慰み物とされていく。
リンナ、ティーニャと言った本編のヒロイン達はもとより、
カホ、エリン、ルカなども新規シーン大幅に追加!!

●「メイクMeラバー」に追加インストールで更に特典が!!
黒ルートやDarknessモードのイベントで分岐が発生!!
ヒロインと恋人ルートのままDarknessモードに入ると……

また、育てた街やアイテムを引き継いで「Darknessモード」をプレイ可能!

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 4.4GB
CPU
Core 2 Duo 2.0GHz以上 / Core iシリーズ以上
メモリ
2GB以上 / 4GB以上
VIDEO
VRAM 256MB以上 / 512MB以上 (DirectX 9.0c及びShaderModel 3.0以上に対応したグラフィックカード)
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0006857D)

メイクMeラバー Darknessの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「メイクMeラバー Darkness」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!意外とやり込めそう

2018年01月10日  

このレビューは参考になった×0人

単体で購入しました。
ヒロインをめっちゃカスタムできるのがいいですね。
また、侵略で戦闘ができるのですが、この戦闘が結構ハマります。どの順番でモンスターを作って強化していくとか、街を強化していくとかを考えるのが楽しくて後半はヒロインそっちのけで強化の方に力が入りました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]