({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 monomanieフォローする
販売日 2014年11月14日
シナリオ Hatsu
イラスト 田口まこと
声優 藤乃理香 / 葵ゆり / 倉田まりや / 姫乃木つばさ / 花澤さくら
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 年上の女性達がショタっ子の無尽精力で逆に落とされちゃうADV
その他
ジャンル
  • この作品は「PlayDRM型」の作品です。 ご購入前に必ず [ PlayDRMについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■ストーリー■□■
大自然溢れる足唐山で、母の愛情を一杯受けて育った金髪碧眼の少年こと金髪太郎は、
最近一つの悩みを抱えていた。

母さまと一緒にお風呂に入ったり、友達である獣娘達とお相撲したりすると、
下腹部に熱い何かがこみ上げて来るようになったのだ。

最初は「病気かな?」と思い、山の長老格である玉藻さんに相談してみたら
「太郎は男の子、つまりは陽の気の持ち主じゃ。女子の陰の気に心惹かれるのは当然じゃわい」と、
いまいちぼかした返答を受けるばかり。

悶々とした気持ちを抱えつつ、今晩も大好きな母さまと一緒にお風呂に入った太郎。
しかし、見慣れたはずの母の裸体を前に己の珍宝は天を突かんばかりに猛り始めてしまう。

それを目の当たりした生母である桐は、実子である太郎に慈愛に満ちた笑みを浮かべると
「この母にすべてをお預けなさい」とその手で息子を初精通へと導き、
なし崩し的に筆おろしまで済ませてしまう。

大人の一夜を過ごした明くる朝。
太郎を取り囲む世界は「よいこの絵本」から「大人の艶物語」へと、ガラリと赴きを変えていたのでした。

■□■登場キャラクター■□■
【金髪碧眼ショタ少年】
●坂田 金太郎
本作の主人公。
自然溢れる足唐山の麓に母と二人で暮らす天然ショタ属性。
クールだが優しい母の教えの元、足柄山で自然と動物達(獣娘)を教師とし、
のびのびと成長していった……のだが、いまいち身体的な成長が遅れている感があり、
歳のわりに少年の様な、はたまた少女の様な容姿をしている。

【クールに息子を溺愛】
●坂田 桐 (CV:藤乃理香)
主人公である金太郎の生母。
怜悧な印象だが、息子を溺愛しているクーデレママ。
最愛の我が子の前でもクールな対応を取るが、行動は正に溺愛の一言。
普段から体を密着しての母子スキンシップ(お風呂で素手&ボディ洗い、乳房密着耳掻き、
読み書きの修練時に後ろから指導――それこそ耳元に熱い吐息がかかる位)に余念が無い。
母子の最後の一線を越えてしまうと、それまで持て余していた熟れた肉体を如何無く発揮しはじめ……。

【ツンデレ幼馴染のお姉さん】
●月乃 (CV:葵ゆり)
主人公宅の隣に住む幼馴染系熊お姉さん。
やや垂れ気味の瞳をいつもニコニコと細めているやや男勝りな熊お姉さん。
長い付き合いから金太郎を可愛い弟として接していたが、
成長著しい最近では身近な異性としても認識し始める。
そしてやはり肉食獣の性なのか、食べ応えのあるその肉体を
(性的に)食べてしまいたい衝動に駆られることもちらほら。
でも、根っこは乙女なので自分から迫るのはハシタナイと思っており、
何とか金太郎から押し倒してもらえる様、アピールを続けている。

【見た目少女実年齢ウン百歳】
●玉藻 (CV:倉田まりや)
足唐山の麓に住むロリ狐娘。実は齢ウン百歳を超えるロリババア。
見た目少女なので、金太郎は歳の近い友達として認識しているが、
玉藻は孫感覚で金太郎を可愛がっている。
元を辿れば、妖弧族きっての美女であり、
各国の国家元首を誑かしては文字通りその国を(経済的に)傾けていた悪女であったのだが、
齢を重ねていく内にすっかり性格も丸くなり、隠居先として足柄山の麓に庵を構え、
悠々自適な生活をエンジョイしていた。
お迎えが来るその日まで、今まで重ねてきた悪行をちょっぴり反省しつつも静かに暮らしていた所、
足唐山に赤子の元気ば鳴き声が響き渡り、これにより物語の幕が上がる。

【何時も元気な兎娘】
●真紅 (CV:姫乃木つばさ)
足唐山に住む金髪紅眼の兎娘。まるでバニーガールの様な服装をしているが、
これは兎族に伝わる由緒ある装束である(氏族により色や様相に差異がある)。
ちなみに頭の上でピョコピョコとよく動く兎耳は天然自前だが、
よく見ると顔の横にも人間の物とよく似た耳が見受けられるがこれはご愛嬌。
ボーイッシュに短くカットされた蜂蜜色の金髪と、人を魅了するように深く輝く紅眼がチャームポイント。
何時も元気溌剌に、金太郎の良き遊び相手となっている。

【おっとりした狸娘】
●葛葉 (CV:花澤さくら)
足唐山に古くから住み着いている狸族の末裔。
まるでメイド服の様な洋装を身にまとっているが、これも氏族伝来の装束である。
性格は基本おっとりで何時もニコニコと笑顔を浮かべている。
ぽっちゃりした体系と多少舌足らずな物言いも相まって、他者に愛らしい印象を与える。
栗色のセミショートと、本人もお気に入りである実に手触りのよいモフモフしっぽがチャームポイント。
金太郎の良き友として、その人格整形の一角を成している。

作品情報/動作環境

ファイル容量
633.37MB
CPU
Pentium4 1.3GHz以上 / Pentium4 2.4GHz以上
メモリ
1GB以上 / 1.5GB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0006668D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「金髪太郎物語」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

3人のヒロインと。。。

2014年12月26日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ヒロインは3人のみですが、タイプがそれぞれ違います。
お母さん、幼馴染、近所のお姉さん(妖怪)の3タイプでこのカテゴリが好きな方は楽しめると思います。基本はおねショタなので、甘えるのが好きという方にもおすすめできる作品です!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]