美少女ゲーム > PeasSoft > 恋する姉妹の六重奏

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■□■ストーリー■□■
あなたが好きなのは姉?妹?

豊かな自然と、海が臨めるとある町。
主人公、風浦翔馬は母親と二人で暮らしていたが、
その母が海外にいる父の元へと向かったことで、
突然の一人暮らしを余儀なくされる。

ところがその数日後、家を離れた母親と入れ替わるようにして、
実の姉妹である琴音と詩帆が翔馬の前に現れた。

可愛い弟の傍にいたい一心でやってきた琴音と、
そんな姉の監視役として仕方なくついて来た詩帆。
一風変わった三人暮らしが始まる事で、平凡だった日常は終わりを告げた。

お隣さんということで親しくなった、美浜姉妹の優香と紗香。
同じ学園に通う飲食店の娘、牧ノ瀬姉妹の真依とまゆ。
そして、血の繋がった姉妹である琴音と詩帆。

あなたは、どの姉妹と甘くエッチな夏を過ごす?

■□■登場キャラクター■□■
【弟LOVE!×弟LOVE!×弟LOVE!】
●風浦 琴音 (CV:宮沢ゆあな)
誕生日:4月11日
身長:164cm
スリーサイズ:90/57/85

三度の飯より大好きな弟を抱き締めくんくん頬ずりするため、
父親の働く海外から突如日本に舞い戻って来た翔馬の実姉。
弟を愛することと楽しいことを最優先に、最短距離で突き進む。
自由奔放かつ明るい性格で、誰からも好かれるお姉ちゃん。

「今日は暇だから……そうだ翔馬、お姉ちゃんと既成事実でも作ろっか。ね?」

【真面目×ツンツン×でも甘えんぼ】
●風浦 詩帆 (CV:水霧けいと)
誕生日:2月19日
身長:152cm
スリーサイズ:72/51/73  

姉の行きすぎた弟愛が一線を越えてしまわぬよう、
監視役として琴音と共に帰ってきた翔馬の実妹。
風浦家で唯一の常識人なので、天真爛漫な姉には振り回されてばかり。
日本に戻ってきてからは、何故か翔馬に冷たい態度をとる。

「私は別に、兄さんの事なんてなんっっっっっっっっっっっっっとも思ってませんから」

【優しい×おっちょこちょい×生徒会長】
●美浜 優香 (CV:小倉結衣)
誕生日:12月4日
身長:159cm
スリーサイズ:77/53/81

困っている人を見ると放っておけない、心優しい生徒会長。
翔馬が引っ越してきた際、家が隣という事で親しくなった。
大切な妹である紗香の事をいつも気に掛けているが、
その思い遣りが空回りして、逆に紗香から心配される事もしばしば。

「こ、怖がってなんかいないよ……? 平気だよっ? ホントだよっ!?」

【不思議×人見知り×気まぐれ子猫】
●美浜 紗香 (CV:みる)
誕生日:6月17日
身長:160cm
スリーサイズ:85/54/83

口数が少なく、感情を表に出すのが苦手な同級生。
知らない人に会うと、すぐに姉である優香の背中に隠れてしまう。
そんな姉の事を誰よりも大切に思っており、
自分よりも他者の事を優先する優香をいつも心配している。

「……お姉ちゃん……迷子になったりしてないかな……」

【頑張り屋さん×わがままボディ×ピュアガール】
●牧ノ瀬 真依 (CV:萌花ちょこ)
誕生日:5月5日
身長:167cm
スリーサイズ:87/55/86

磯塚駅前にある商店街の飲食店、大福飯店の長女。
翔馬とはクラスメイトで、お互い気さくに話し合える仲。
幼い頃から料理が好きで、料理に注ぐ情熱は並々ならぬものがある。
サバサバとした明るい性格で、女子から告白された経験も多数。

「そういうとこ卑怯だよ……わ、私がそういうの、苦手だって知ってるくせに……」

【オシャレ×小悪魔×背伸びガール】
●牧ノ瀬 まゆ (CV:民安ともえ)
誕生日:10月28日
身長:155cm
スリーサイズ:80/52/77

姉の真依とは対照的に、流行に敏感なイマドキの女の子。
翔馬が店に足繁く通ううちに、自然と会話をするようになった。
そんな翔馬をからかうのが好きで、エッチな「ユーワク」をしてくる事も。
見た目こそ派手だが、店の手伝いを進んで行うおりこうさん。

「あーっ、ひょっとして今、まゆに『ゆーわく』されたでしょ? そうなんでしょっ?」

【ボケ×ツッコミ×ハイテンション】
●社 まつり (CV:桃井いちご)
美風の妹で、詩帆とまゆの同級生。
一年365日テンションが高く、姉の貧乳をネタにして笑いを取るのが得意。
その結果、よく美風に怒られたりもするが、翌日にはケロッと忘れている。
どこで覚えたのかは知らないが、そのマイクパフォーマンスは一聴の価値あり。

【普通×平房×ぺったんこ】
●社 美風 (CV:加々良真央)
真依や紗香の幼馴染みであり、1年の頃からのクラスメイト。
「女の子」と辞書で引けば出てくるような、とっても普通な子。
ただ、悠希の事になると目の色が変わり、欲望が暴走を始める。
ソフトボール部に所属しており、時折真依に助っ人を頼むことも。

【馬鹿×変態×残念】
●大平 拓海 (CV:夏村伊介)
翔馬のクラスメイトにして親友(本人は否定)であり、磯塚一の単細胞生物。
女子からの好感度を下げる技術に非常に長けており、
下半身で物事を考えさせたら右に出る者はいない。
尚、弟である悠希の事を溺愛しており、悠希の前でだけは好青年と化す。

【純粋×無邪気×天使】
●大平 悠希 (CV:成宮水彩)
翔馬の一つ年下であり、残念ながら拓海の弟。
純粋無垢を絵に描いたような男の子で、仲間内のマスコット的存在。
女子からの人気が非常に高く、膝を擦り剥いただけで一騒動起きるほど。
兄曰く「地上に舞い降りた最後の天使」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008880
ファイル名/ファイル容量
総計 3.9GB
VJ008880.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008880.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008880.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008880.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008880.part5.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008880.part6.rar / 182.33MB (191190043Byte)
CPU
PentiumIII 1GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
必要解像度
1280*800 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0006791D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006791D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「恋する姉妹の六重奏」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!日常が懐かしい

2015年09月04日  

このレビューは参考になった×0人

いろんな子がいるからこそ世の中面白いんだよな、と再認識。
学園(特に校長)や家族(特に父……とお姉ちゃん!)などにフィクションならではの設定がありつつ、
ストーリーの展開や事件などには大きな無理がないのが、
良くも悪くもこの作品の特徴です。
ものすごく感動的なストーリーや大事件が待っているわけではないのですが、
どのヒロインのストーリーも、この年頃にありがちな悩みと絡んだそれぞれ良いお話。
日常+αレベルのストーリーを楽しみにしている方なら、きっと満足されると思います。

この作品の魅力の1つは、登場人物が最後まで活きているところです。
ヒロインが多い作品の中には、あっという間にストーリーが分岐して、
その後はほとんどの登場人物がフェードアウトしてしまうものもあります。
この作品では、共通ルートが丁寧に描かれているのでどの登場人物にも存在感があり、
分岐後もその他の登場人物との絡みがあって生活に現実味があるのが良いところ。
作業をしながらオートモードにしていても安心して楽しく聴いていられる作品です。

もう1つ、この作品の良いところを挙げると音楽でしょうか。
それぞれのシーンに合っていて、ストーリーや声の邪魔をしないので、
上にも書いた作業BGVにぴったりです。

ちょっと違和感があったのが、立ち絵と一枚絵の違い、
それから日常パートとHシーンのキャラの声の違いでしょうか。
そこだけ取り出せば別に変とか下手とかいうわけではないのですが、
他の部分との違いが気になってしまいました。

それにしても……美風ちゃんが不遇。
一番普通だから仕方ないのですが、姉でありながらキャラ紹介でも唯一妹の後に書かれてますし。
立ち絵もなぜかデフォルトが不思議なポーズだし。
それでもちゃんと存在感はあったのが、この作品の良さなのでしょう。

設定や絵に魅かれた方には迷わずお勧めできる作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]