美少女ゲーム > ぷちけろ > コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

剥き出しの、心と体――。
重なり、交わり、淫れていく――。

■ストーリー
夏。
主人公・伊浪義隆(いなみ・よしたか)は凡庸な学生らしい、平凡な日々を送っていた。
平凡だが、退屈でも、不満でもない毎日。

ところが、ある日突然、義隆は異能を得た。

それは――

「他人の心の声が聞こえる」
「他人と心の声で会話ができる」

――というもの。
しかも、次々と、できることが増えていった。

義隆の平凡な日常は終わりを告げ、心の中が見えることで、

距離が縮まった、水樫葵(みずかし・あおい)、
心の中を見ないことで、距離を保った、有栖川梓(ありすがわ・あずさ)、

二人の少女との、身も心も解き放つ、淫らな日々が始まった。

■登場キャラクター
●水樫 葵 (CV:鶴屋春人)
今年の春、主人公が暮らす町に移り住んできた少女。
転入先の学校では主人公と同じクラスになり、ときどき会話をする仲となった。
心優しく気立ての良い性格。

「いつでも好きなときに心の中を見ていいよ」
(そんなところまで見られたら……やっぱり恥ずかしいよ)

●有栖川 梓 (CV:青葉りんご)
巨大企業グループを統べる有栖川家の娘。
飛び級をするほど知力体力とも優秀。
毎年、年上の幼馴染みである主人公と同じクラスになっている。
いつも高飛車で自信満々だが泣き虫な一面も。

「私が凡人のレベルに合わせてあげるわ。感謝しなさい」
(ぐすっ……ばかぁ、いい加減にしなさいよね、この変態っ!)

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008825
ファイル名/ファイル容量
総計 1.61GB
VJ008825.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008825.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008825.part3.rar / 123.91MB (129931977Byte)
CPU
Pentium4 2GHz以上 / Pentium4 3.8GHz以上
メモリ
1GB以上 / 1.5GB以上
VIDEO
VRAM 32MB以上 / 128MB以上
必要解像度
1280*720 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0006339D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006339D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

露出(2) 学校/学園(2) 羞恥(2) 純愛(2)

おすすめ!エッチは調教。しかし、内面はラブラブ。

2015年01月05日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

メーカーサイトで掲載されていた時から、何となく気にはなっていたものの、プレイせずにいましたが、ダウンロード販売の開始に伴い購入・プレイしました。
『消えた日』シリーズ(と呼べるのかどうか)で、『テレビの消えた日』はプレイした事はありますが、同作が「主人公が復讐心でヒロインを調教」なのに対し、こちらは「主人公が本能全開でヒロインを調教」と、趣旨が全く異なるものになります。ただし、調教とは云っても、露出要素こそあるものの、他人棒は一切無いので、そういった描写や展開に嫌悪感を抱く方も安心してプレイ出来ると思われます。
僕の購入動機は…大凡の検討はつくと思いますが、ジャンルの「放尿/おしっこ」に惹かれてです。実際にプレイした所、葵と梓の両方に複数回存在し、しかも主人公・義隆の「見たい」の一言にちゃんと応えてくれるのが堪らなかったです!
また、ストーリーが進むと、義隆の能力が目覚めたきっかけや、葵・梓との「知られざる関係」が見えて来ますが、それを知った時は驚きでしたし、押し寄せる困難を乗り越えて結ばれるトゥルーエンドも良かったです。
「調教メインでラブラブしたい」という方や、「感動的なラストを」という方にはオススメの作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

いい作品です

2014年10月27日  

このレビューは参考になった×0人

「○○の消えた日」シリーズの第2弾。作品内容のストーリーにもあるように主人公で変態紳士の伊浪義隆がある事故をきっかけに「他人の心の声が聞こえる」「他人と心の声で会話ができる」という異能を得る。一見どうやってエロい方向へいくのかと疑問に思うかもしれないが、話を進めていけば納得がいく。
あからさまなギャグは一切ないし、選択肢もヒロイン選択するときの一回で中or外の選択肢もないことなども含め官能小説に近いと思う。
シーンの方は露出からの羞恥のみと言ってもいい。作画はサンプルみていただきプレイが気に入れば少なくとも損はないかと。
このプレイの偏りにもしっかりとした理由があり異能の出来た経緯とも関わっているのでヌキゲー目的でエロシーン以外スキップすると確実に損をする。むしろシリアス展開が気になってエロが邪魔と思うことがあったりなかったり(笑)
それくらい物語は作りこまれているのでエロさもそうだがそれ以外も評価してタイトルをそうさせて頂きました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]