美少女ゲーム > TRYSET MAD > 妹欲DEAD催眠 Windows10対応版

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年09月26日
シナリオ 橋野次郎
イラスト 風花
声優 渡会ななせ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 僕の病弱なカワイイ妹に催眠を掛けて愛を守るADV
その他
ジャンル

作品内容

■ストーリー
――両親が他界し、僕は学園を中退した。
出稼ぎの為に一人で上京し、そろそろ二年ほど経つ。
しかし先週、唯一の保護者だった祖母も他界してしまい、
僕は一旦実家へ戻って、学会の指示の下で葬儀を行った。
そこで妹の『まどか』とも相談し、二人で上京する経緯になったのだ。
妹の受け入れ準備を整えるため、僕だけ先に東京へ戻る。

そして、今……。夕暮れ時の駅前で、まどかの到着を今か今かと待っていると……。

【まどか】「お兄ちゃん、お待たせ」

振り向けば、そこにまどかが立っている。僕の……この世で一番大切な妹、まどか。
一日たりとも、まどかを思わなかったことはない。まどかを思うと胸がキュンとする。
僕は今後の生活に期待を抱きながら、まどかを狭いアパートへ連れて行った。
その晩は、まるで両親と一緒に住んでいた頃のような、楽しい時間を過ごすことが出来た。

しかし……翌日。

午前中はまどかに駅前を案内し、昼食後はまどかと別れて、そのままバイトへ向かうつもりだった。
だけど横断歩道で、信号が青に変わったその時!

まどかは急に身体を痙攣させて、横断歩道のド真ん中で倒れてしまった!
僕は情けないことに、まどかの身に何が起きたのか分からず、まどかの名前を連呼するだけだった。

そこへ車から、美しい女性が駆け寄り、

【 ? 】「さぁ! 車に乗せるから手伝いなさい! そっとよ! 慎重に持つのよ! 早く!」

その女性は、まどかと僕を車に乗せて、渡来総合病院へ連れて行ってくれた。
お医者さんが仰るには、まどかの症状は心労による貧血で、とくに心配はないと
診断してくれたけど……。
その女性は、『MRI検査、血液検査、尿検査も行ってください』と、親身になって
検査要求をしてくれた。

だけど、特に何の異常も見つからず、僕とまどかは帰宅することに。
その女性は、僕とまどかを喫茶店に寄らせて、名刺を渡してくれた。……さらに、

【 ? 】「お医者様は貧血と言ったけど。まどかちゃんの症状は、私が発症した初期症状に
ソックリだわ。このお薬を飲みなさい」

と言って『マッド329』という錠剤を渡してくれた。

【 ? 】「私のお薬をあげる。これを飲みながら、幸せになることを誓い合いなさい。
このお薬を飲ませたあとは、『愛の催眠』を仕掛けるの。その行為がまどかちゃんの
ポジティブ思考を呼び覚まし、麻痺した自律神経を正常に戻してくれる筈だわ」

――そして、その晩。
僕は早速、『マッド329』をまどかに飲ませて、就寝しようとする。
しかし……まどかは、そのとなりで……。

■登場キャラクター
●まどか (CV:渡会ななせ)
本編のヒロイン。
純心で、お兄ちゃんが大好き。
周りが恐れるほどのお兄ちゃん(=主人公)大好きっ娘。
素直な分、本気を出せば頭はズバ抜けて良い。
本当は何でも出来ちゃう娘。
しかし一旦病気になると、抗体力が弱くて回復は遅い。
どこか危うい脆さを醸し出している。
これまでの学園では物静かな女の子に見られがちだが、家庭では頑固な一面も。
お兄ちゃんに対してベッタリなワリに、ちょっと生意気な口答えをしちゃうこともしばしば。
にもかかわらず、お兄ちゃんの性的興奮を煽るパンストは毎日好んで履く。
外見の可愛らしさとは裏腹に、お兄ちゃんの前では変態的なところが目に余る。
実家暮らしの頃、お兄ちゃんの為にわざわざオナニーでシミを作ったパンティを一週間履いてみせたり、
それをわざとお兄ちゃんの部屋前に落としてみたりと、お兄ちゃんの趣向に沿った変態性を120%発揮。
(もちろん、お兄ちゃんはソレを大切に保管……)
将来は、お兄ちゃんのお嫁さんになることを夢見ている。
本編の序盤では、上京した翌日に、まどかにとって何か恐ろしいモノを見てしまったが為に、
突然、横断歩道で倒れてしまう。
製薬会社に勤務する女性から『マッド329』というお薬を授かる。
まどかとお兄ちゃんは、『愛の催眠』という催眠療法に挑み、必死に病気回復を試みるのだが……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008749
ファイル名/ファイル容量
VJ008749.zip / 1.06GB (1133782550Byte)
必要解像度
1024*768
ソフ倫受理番号
受理番号0006595D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006595D)

妹欲DEAD催眠 Windows10対応版の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「妹欲DEAD催眠 Windows10対応版」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

密かに流行する奇病

2014年10月18日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

謎の病気に掛かった妹の治療の為に薬を服用させてエッチという展開が、遊びや悪意の催眠系とは違う雰囲気があります。
前作と前々作の主人公や登場人物が絡んできますがプレイしていなくても問題無く楽しめます。前作と前々作をプレイしているとより深く楽しむ事が出来ます。
シリアスにお馬鹿な描写も織り込まれている作品です。

ストッキンング&破れストッキングを設定で変更出来るというストッキングフェチ垂涎の機能が盛り込まれています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]