美少女ゲーム > Queen Bee > たゆたゆ #2

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Queen Beeフォローする
販売日 2014年08月01日
声優 小次狼 / 上田朱音 / 榛名れん / 海部涼
その他 伊藤史夫(演出) / 原作:『たゆたゆ』(大和川)
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

翠鳥は怜治のことが「すき」、紫穂は怜治と「したい」という自分の気持ちを正直に曝け出す。
学校からの帰り際、翠鳥は怜治の家で晩ご飯を作って待っているからと告げる。
裸エプロン姿で心ときめかせ待っていた翠鳥だったが、
玄関を開けると怜治と腕を組んでいた紫穂の姿があった。
その二人の姿にショックを隠し切れず、何も言わず家を出て行ってしまう翠鳥。
翌日学校に彼女の姿はなかった。
心配した怜治は、何故素直に謝れなかったのか自己嫌悪に陥り、翠鳥を必死に探しまわる。
そして、木々に囲まれたその間に川が流れ、大きく突起した岩の上に素っ裸で翠鳥はいた。
和解した二人は昔話をしていると、翠鳥から突然告げられた言葉。
太陽の日差しが照りつける中、二人は激しく絡み合い、そして恋人として約束をした。

***************************

同作の原作コミックも電子書籍フロアで好評販売中!

■たゆたゆ
http://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/BJ023001.html

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008647
ファイル名/ファイル容量
VJ008647.zip / 370.47MB (388466407Byte)
必要解像度
720*408 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver11以降 / 収録時間:19分

たゆたゆ #2の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「たゆたゆ #2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件