美少女ゲーム > Eroro > 密室の少女 ~好きにしていいよ~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Eroroフォローする
販売日 2014年04月18日
声優 さやまひさこ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 密室の中で行われるAVG
その他
ジャンル

作品内容

注意:(RJ126195)「密室の少女~好きにしていいよ~」と内容の重複があります。

■ストーリー
『朝まで何をしてもいい』彼のスマホに女性から一通のメールが届いた。
卒業後の就職先も見つからない主人公の英一は自棄になって自宅を飛び出していたところだった。

嘘だろうとは思っていたが、彼はメールに書かれた住所へと向かう。
だが彼の予想に反して、そこには少女がいたのだ。

言葉では抵抗しても彼女は主人公にされるがままだ。
無気力な様子の彼女に、栄一は自分の鬱屈した性欲をぶつけ始める。

「何されるか、わかってるんだろう?」

■登場キャラクター
●碓氷 友菜 (CV:さやまひさこ)
主人公にメールを出したと思われる人物。
暗い部屋の中ででたたずむ女の子。
自宅であるのに制服を着ており、一切のなぞに包まれている。
学園に通っているというのは確かなようだが……
性格はどこか大人びたようでさびしがり屋である。

●鮎村 英一
就職に失敗した大学4回生。
素直だが受け身で悲観的な性格。
うまくいかない人生に絶望を感じている。
彼の周りに友だちはおらず趣味もない。
好きなようにしていいという友菜を、文字通り彼は欲求のはけ口にする。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008427
ファイル名/ファイル容量
VJ008427.zip / 86.72MB (90932938Byte)
CPU
Pentium4 1.5GHz以上 / Pentium4 2GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 8MB以上 / 16MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0006306D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006306D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「密室の少女 ~好きにしていいよ~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件