美少女ゲーム > Rosebleu > Tiny Dungeon ハーレムセット

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Rosebleuフォローする
販売日 2014年03月21日
シナリオ あごバリア / KAI
イラスト 久遠樹 / / 観音王子 / すずめみく
声優 五行なずな / 遠野そよぎ / 北都南 / 桃井いちご / 青山ゆかり / 夏野こおり / 佐々留美子 / 角川竜二 / 城樹翔 / 湖月紅れ葉 / 木村あやか / 小池竹蔵 / 緒田マリ / 桜川未央 / 真中海
音楽 内藤侑史 / 山田屋カズ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 未来を選択するAVG
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

本作品は
「Tiny Dungeon~BLACK and WHITE~」(VJ005062)
「Tiny Dungeon~BLESS of DRAGON~」(VJ005619)
「Tiny Dungeon~BIRTH for YOURS~」(VJ006488)
「Tiny Dungeon BoS (完結編)」(VJ007379)
を同時収録したパック商品です。


■□■ストーリー■□■
【Tiny Dungeon~BLACK and WHITE~】
強い魔力を操る魔族が住まう「魔界」。
身を守る魔法に長けた調和を重んじる神族の「神界」。
強靭な肉体で驚異の破壊力を備えた「竜族」。
そして、遍在する魔力を道具で操り、かつて全世界を絶望させた「滅界戦争」の発端となった人族の「人界」。

この「滅界戦争」の過ちを繰り返さないために、四族が協力して設立されたのが学園「トリニティ」だ。
四つの世界が接する場所に創られた学園では、かつて戦争を終結させた勇者たる存在を育成していた。

主人公の少年は、勇者になることを夢見つつ学園にやってきたが、彼には平凡な力しかなかった。
だがある日──「あなたは、未来を選ぶ義務を与えられた」と何者かに唐突に浴びせられた言葉によって、
少年は世界の中心に立たされる。

魔界の黒翼、神界の銀月、竜界の金鱗。
すべての世界の行く末を握る三人の少女達とその未来。
自らが選ぶその結末を、彼はまだ知らない。

【Tiny Dungeon~BLESS of DRAGON~】
魔界、神界、竜界、そして人界。四つの世界の交わる場所に作られた学園「トリニティ」。
それぞれの世界の勇者、すなわち“力”を育てるために作られた学園に、
人族の青年である主人公“白鷺姫(しらさぎ・ひめ)”は通っていた。

人族はかつて人々を絶望のどん底に叩き落とした「滅界戦争」を引き起こした種族として、
他の種族に蔑まれる存在。
だが、それでも他人を守れる力を得ようと、姫はトリニティの学生となったのだ。

“ヴェル”、“ノート”、“ウルル”……
各世界においても最強クラスの力をもつ少女達に認められ、
クラスメイトである“デイル”とも剣を交えて友人となり、
少しずつ、けれども確実に周囲を変えていく姫。

そんなある日、竜族の王女ウルルは、ローブに身を包んだ怪しい人物と学園内で接触、これを撃退する。
ローブの人物は意味深な言葉を残しその場から消えた……。

そして数日後、魔族の少女が一人、トリニティへと編入してくる。
“フォン=テルム”。
そう名乗った少女に小さな不安を感じた“オペラ”は、ウルルにも言わず、ある願いを姫へと告げた。

それが金竜ウルルと過去との対峙に繋がることを、まだ誰も知らない……。

【Tiny Dungeon~BIRTH for YOURS~】
魔界、神界、竜界、そして人界。
四つの世界が交わるその場所に作られた学園 『トリニティ』。

自らの力で、少ないながらも心強い仲間を得た“白鷺姫”は、
今また新たな仲間となる “デイル=グラン” との戦いを続けていた。

実力の差は明白。
だがそれでも決して諦めない彼の姿に、“ノート”は漠然とした希望を感じていた。
自らの身体に眠る、その暗い力に対する希望を。
ノートは、自らの出生の秘密を姫に語る決意をする。

――そして同時に、一人の戦士が学園世界に現れる。
“ヴェル”とノート、学園最強の二つの力を容易く弾き、男は笑った。
――「なんといっても俺は、今回の仕事が終わったら娘に会いに行くんだぜ」。

“ゲン”
――自らをただの賞金稼ぎと称した彼の登場により、トリニティを大きな波紋が包み始める。

【Tiny Dungeon BoS(完結編)】
……トリニティ。
魔と神と竜と人とが交わる世界に作られた、勇者を生み出すための学園。

滅界戦争の犯罪者として蔑まれ続ける種族――人族の一人 “白鷺姫”。
彼は過去の行いによって魔族の王女“ヴェル=セイン”をその力とした。
だが、そんな姫に興味を抱いた神族の第二王女“アミア”に勝負を挑まれる。
圧倒的なまでの実力差があるはずの戦い。
だがその中で、姫は予想外の力を発揮し、アミアを退けた。

その力に心を動かされる神族の王女“ノート=ルゥム” と、
魔族のエリート“グラン=デイル”。
ふたりはそれぞれの思いを胸に、姫へとその刃を向ける。

新たな未来を確かに刻んでいく、姫とその仲間たち。
そして、そんな第四の未来を見守る一人の少女、“カミシア”。
かつてそう名乗った少女は、この第四の未来で何を望み、何を描くのか。

『TinyDungeon』 最後の扉が今始まる。
その先にある、輝かしい結末へと向かって。

■□■登場キャラクター■□■
●ヴェル=セイン (CV:五行なずな)
力こそが誇りである魔族。
その中においても最強の力を持つ『魔王の血族』にして、現魔界を統べる女王の一人娘。
魔界全土においてもほぼ絶滅したその血族の力は、末端であっても通常の魔族を遙かに凌ぐ。
その最も濃い血を受け継ぐ彼女の力は、魔界全土においても最上位クラス。
次期魔界を統べるものは彼女の他にありえないと言われている。
使用武器は、漆黒に輝く刃を持つ、その身体もよりも巨大な鎌。
自らに流れる強大な魔力をそのまま破壊力へと変換しての一撃は、耐えられる者などまず存在しない。

●ノート=ルゥム (CV:遠野そよぎ)
神界の第一王女にして、最後の切り札。
神族の持つ魔力は、髪の銀の含有率によって分かる。
数百年ぶりに生まれた『完全銀髪(グラン・ルナ)』の持ち主であるノートの力は、
現神族において間違いなく最強である。
が、その力に反するかのように、本人は気弱で大人しい。
そのため、彼女の全力を見たことあるものは未だいない。
彼女がその力を本気で使った時、果たしてどれほどのことが起こるのか。
見てみたいと望む者は、まずその命を諦めることが必要となるだろう。
使用武器は、魔力をそのまま刃へと変えた神剣。
現存するあらゆる武器を使いこなせはするが、基本的には剣を好む。

●ウルル=カジュタ (CV:北都南)
竜界の女王の一人娘にしてその力を受け継ぐ少女。
竜の息吹と呼ばれるナックルの一撃は、巨大な岩をもたやすく砕く。
少女の相手になるものは、つまりは次の竜族の王。
だからこそ少女は、強い心を持つものをその相手として探している。
素直で明るく礼儀正しい少女であり、主人公を『にいさま』と呼んで慕ってくれる。
使用武器は、その拳。
その身体は気鱗と呼ばれる一種の闘気によって包まれており、
熟練者のそれは伝説の武具にも匹敵するという。
時に武器を使うこともあるが、それは手加減するためであり、
竜族における拳の一撃は命をたやすく奪う最恐の武器である。

●白川紅 (CV:桃井いちご)
トリニティに通う、たった二人の人族の一人。
その剣技のレベルは学園内の二階級内においてもかなりの上位。
人族でありながらも、その力だけは一部の種族を認めさせている。
真面目で規則正しい信頼できる少女だが、
その真面目さは時として予想しやすいという欠点へと繋がってしまう。
また、少々詰めが甘く、気を許した者の前では結構な失敗をやらかすことも多い。
主人公でもある白鷺姫に着替えを見られること、最早両手で数えきれず。
その都度、自らの未熟さに落込んでいる。
使用武器は刀。その腰に差した長短二本の刃を自在に操り、力自慢をもたやすくいなしてみせる。
また、その刀は儀式によって作られた紅専用のアイテムでもあり、紅に魔力を与えてくれる。
決して曲がらず、決して折れず。
彼女の武器は、トリニティ内ですらも最強クラスの兵器である。

●オペラ=ハウス (CV:青山ゆかり)
竜族であり、ウルルに仕える従者。
普段はメイド服に身を包み、ウルルの望むあらゆることに手を差し伸べる。
その能力は、家事は当然のことながら戦闘能力においても竜族トップクラスを誇る。
ウルルに対する忠誠心はたとえ何があろうとも決して揺らぐことはなく、
時に従者として、時に姉のように、優しく厳しく見つめ続ける。
が、時折お茶目に罠やいたずらをしかけてくることもあるため要注意人物でもある。
本来部外者として学園内は入れないはずだが、学園内のあらゆる竜族を扇動し
クーデターを起こしてでも制度を変えてみせると学園そのものを脅迫。
その行動を気に入った学園長によって特別に許可された。
とはいえ、さすがに授業に関して手を差し出すことはなく、その分別は弁えている。
使用武器は竜族らしくその拳だが、彼女が本気で戦う姿を見た者は学園内にはほぼ存在しない。

●アミア=ルゥム (CV:夏野こおり)
神族の第二王女。すなわちノートの妹である。
さすがに完全銀髪とまではいかないが、その銀の含有率は過去の王家の中でも最大クラス。
武器を使っての戦いはそれほど得意ではないが、魔道師としての才能は学園内でも1・2を争う。
神族らしい補助系呪文はもちろん、神族としては珍しい攻撃呪文すらも使いこなし、
戦闘では姉同様、まさに戦女神の如き力を見せる。
また、相当な魔法オタクな部分があり、覚えたところで使い道のないような呪文や、
効率が悪く既に覚えているものなどほぼいないような古代の呪文を独学で研究している。
その反面、普段は明るく元気でちょっとやんちゃな妹ぶりを見せる大のシスコン。
ノートのことをこよなく愛し、その愛情はスカートめくりという、
まさに子供そのものな表現方法となって表される。
使用武器は杖。もっとも、その形状はあまり杖らしくないと評判。

●フォン=テルム (CV:佐々留美子)
ヴェルより年下でありながら、魔王妃の補佐を任せられた魔界の次期No2。
魔族としては希な赤い髪を持つため、「竜魔の紅刃」の二つ名で呼ばれる。
使用武器は、赤い半月状の刃を持った、二本の鎌。
ヴェルをライバル視しており、「魔王の血族」に対しても引けを取らない強さを持つ。
実は魔族と竜族とのハーフであり、竜族の特徴である身体能力の高さも兼ね備えている。
しかし本人は、そのことに触れられるのを嫌い、魔族であることに誇りにしている。

●カミシア (CV: 桜川未央)
主人公達のピンチに現れた謎の少女。
彼女の正体とは!?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008363
ファイル名/ファイル容量
総計 11.6GB
VJ008363.part01.exe / 953.67MB (1000000000Byte)
VJ008363.part02.rar / 953.67MB (1000000000Byte)
VJ008363.part03.rar / 953.67MB (1000000000Byte)
VJ008363.part04.rar / 953.67MB (1000000000Byte)
VJ008363.part05.rar / 953.67MB (1000000000Byte)
VJ008363.part06.rar / 953.67MB (1000000000Byte)
VJ008363.part07.rar / 953.67MB (1000000000Byte)
VJ008363.part08.rar / 953.67MB (1000000000Byte)
VJ008363.part09.rar / 953.67MB (1000000000Byte)
VJ008363.part10.rar / 953.67MB (1000000000Byte)
VJ008363.part11.rar / 953.67MB (1000000000Byte)
VJ008363.part12.rar / 953.67MB (1000000000Byte)
VJ008363.part13.rar / 436.69MB (457898762Byte)
CPU
Pentium4 1GHz以上
メモリ
1GB以上 / 4GB以上
必要解像度
1280*720
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0006220D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006220D)

Tiny Dungeon ハーレムセットの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Tiny Dungeon ハーレムセット」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

一から四作品を買い揃えるよりもお得かも?

2014年03月29日  

このレビューは参考になった×2人

あの名作、SHUFFLE !のシナリオライターだった
あごバリア氏による壮大な4部作です。

魔法が主体のファンタジー世界で
魔法が使えない主人公が努力し、成長していく中で
世界の法則に巻き込まれ、翻弄されながらも
みんなが幸せになれる未来を信じて戦い続ける
そんなお話です。

さすがあごバリア氏と言える魅力的なキャラクター達。
そして数々の苦難を仲間と共に乗り越えながら
成長していく主人公。
まさにファンタジーの王道的な展開です。

また本作は基本的にハーレム1択です。
1~3作品までは、それぞれの王女様との
シナリオではありますが、登場ヒロインは全て
主人公大好きになり、ハーレム容認です。
4作目でハーレムが完成します(笑)

とても面白い作品ですが、若干シナリオ量が短いため
割高感がある点は否めませんが4作まとまった
セット販売のおかげで多少マシになったのでは
ないでしょうか?

また余談ですが、本作のファンディスクも
発売されますので、面白かったという方は
ファンディスクもぜひどうぞ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]