美少女ゲーム > Vanadis > 聖もんむすFestival!! ~お祭りだよ全員集合!~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

魔物娘ヒロイン総出演!
過去作品から全ての魔物娘ヒロインが登場!
それぞれ別時間軸でありながら、全ての時代で登場するキャラを中心に、コンタクトを取り合う!
親世代から子世代、未来へと干渉しあうはずのなかったキャラたちが、夢の共演!
今まで以上に騒がしく、賑やかなドタバタ劇の幕開け!

■□■ストーリー■□■
【現在軸ストーリー】
学園創立から65年。
学園創立を祝い、毎年行われていた創立祭が開催されなくなって早数年。
過去の祭りの資料が消失し、創立祭も今ひとつ盛り上がりに欠け、廃れてしまっていた。
教師や昔から学園を知る者たちは、学生の自主性に任せると放任気味。
学生たちも何とかしたいと思いつつ、何をしたら良いのか分からない八方塞がり状態。

そんな中、立ち上がったのは一人の人間の若者。
彼は昔の学園の様子を聞きながら育った人間。
だからこそ、現状が納得できなかった。

「ええい、もう我慢できん! 誰も動かないなら、俺が動いてやるしかない!」

さあ、そうは言ったものの、どうすれば良いのか手がかりすら掴めない。
そもそも、どうして資料が消失してしまったのか? 昔はいったい、どんなことをしていたのか?

「そうだ! 俺たちには、最終手段があるじゃないか!!」

『過去を覗き見る』『夢に侵入する』この2つの能力を操る魔物の少女たちに協力してもらえば、
過去のことも分かるし、現状を打破するために過去を変えることも可能!
そうと決まれば話は早いと、その少女たちとともに学園内を駆け回る!

出るわ出るわ、過去の無茶苦茶な記憶!
先輩たちは、なんでこんな無茶苦茶なんだ!!
それらの問題を全て解決し(尻ぬぐいとも言う)、若者は創立記念祭を成功させることができるのか!?
今、昔の姿を取り戻すための戦い(大げさ)が幕を開ける!

【親世代軸ストーリー】
時を遡ること65年前。
人魔共存を目指し、その第一歩としてスタートする学園がついに完成した!
場所探し、資金集めと大変なことだらけだったが、
ようやく夢に向かって歩みを進めることができると感激する発案者のヒビキ。
しかし、そんな喜びも、次の一言であっけなく冷めてしまう。

「ところで、この学園……誰が通うの?」
「「「「「「……え?」」」」」」

場所は確保できたが、残念なことに学生が存在しない!
全員が全員気づいていなかった間抜けっぷりに、あーだこーだと責任のなすりつけあいが始まる。

「いや!こんなところで喧嘩している場合じゃない!
    なぁに、今まで以上に頭を下げて回れば、学生たちはすぐに集まるさ!!」

なんともお気楽な答えに引っ張られるかのように、何とかなりそうという雰囲気が漂う。
しかし経験不足か、次から次へと問題が溢れ出てくる!
学生を集めれば、教師もいないことに気づく!
人数を増やせば、お金が足りなくなる!
出資をしてくれるような、コネもない!
そもそも知識が圧倒的に不足している!

こんな状態で、どうやって学園を始めれば良いんだ!?
いや、まだだ……まだ諦めるには早い。
ようやくここまできたんだ、この苦境も乗り切ってみせる!
そう……全員が力を合わせれば、問題ない!

自分たちの子どもたちの将来の為にも……今、親たちの奮闘が始まる!!

【子世代軸ストーリー】
学園創立から15年。
シンクはいつものように、教職をまっとうしていた。
新任として赴任してから早数年。
学園は相変わらず騒がしいが、それにも慣れ楽しく思えてきた矢先の出来事だった。
なぜか卒業したはずの問題児たちが、学園に戻ってきたのだ!

「な、なんでいきなり全員集合してるんだ!?」
「「「「「「「そりゃもちろん……創立祭だから!!」」」」」」」

教師を数年やっているが、初めて聞く言葉に、シンクは首を傾げる。
毎年ではないにしろ5年に1度は開かれていた。
学園の創始者たちが思いを忘れないために開催することにした祭りで、今回は4回目。
なるほど納得するシンクに、今回は何をしようかと盛り上がる卒業生たち。
それは中、ヴェーラが1通の手紙を見つけてしまう。

『やっほー! 学園長だよ! 創立祭は、なるべく多くの人魔を呼び寄せて、絶対成功させてね。
    じゃないと、この学園が不幸に包まれるから!』

「「「「「「話の内容のわりに口調軽っ!!!!」」」」」」

その内容に全員総ツッコミ。
父親の所業に頭を悩ませるキューテ。
こうしちゃいられないと、慌てて準備を始めるが、何をしたら良いのか分からない!
そんな学生たちを嘲笑うかのように、次々と見つかる自分の親たちからの手紙!
なにやら暗号めいた内容も多く、大変だというのに学生たちは、楽しくなってくる。

親世代の陰謀も見え隠れする中、こんな調子で、学園を不幸から守ることはできるのか!?

■□■登場キャラクター■□■
【現代軸】
●レテス・ヘスペラ・モタピルス (CV:中家志穂)
種族:獏(合成獣)

ファンシーな趣味を持つ乙女。
おどおどと、主人公の後ろをついて回り、初対面の相手とはまともに会話することもできない人見知り。
ただ、慣れてる相手には、お喋りになる一面もある。
ファンシーなぬいぐるみ集めが趣味で、ぬいぐるみをバカにすると、不機嫌になって無視してくる。
主人公とは、コメットが作った孤児院で一緒に育てられた。
兄妹のような幼なじみのような、男女のような、微妙な関係。
他人の夢に侵入することができる。
夢を食べることで、悪夢から救うこと、それとは逆に悪夢を見せることもできる。
夢に干渉することで、意識を植え付けることも可能。

●プルヌス・アルカス (CV:春山色葉)
種族:精霊(木)

見た目と裏腹に、子どもっぽくて悪戯好き。
真面目な時は真面目だが、それは稀なことで、基本的に自由人のようにふらふらしている。
甘味に目がなく、甘味が絡むと周囲が見えなくなる。
男女の関係などは、良く理解していないが、それ故に無邪気に誘惑してくる一面ももっている。
アルカスの木に宿る精霊。かなり高位の存在。
魔術によって意識を過去に送ることが可能。
レテスの能力と合わせると、過去の人物の夢に侵入することも可能となる。
ファムの姿を見ることができる。

●メティ・エリファス (CV:鳥井紅子)
種族:バフォメット

金のためなら命を捨てると言い張るほどの守銭奴。
基本的に、お金とそれ以外という分類をしており、人間や魔物関係なく、総じて下に見ている。
高慢であるが、お金に関しての恩はきっちり返す、義理堅い一面もある。
愛情にも疎く、思いを伝えられても気づかない。
隙あらば主人公に借金させようとしてくる。
普段からお金で買えないものはないと豪語しており、実際、お金で多くのものを手に入れてきた。
金貸しを営んでおり、返済するなら人間でも魔物でも平等に金を貸してくれるが、
返さなかった場合は、破滅へと追い込む。
それによって、多くの人間や魔物を破滅においやってきた、正真正銘の悪魔。

【親世代軸】
●レイミア・H・アスクレピオ (CV:青葉りんご)
種族:ラミア

ライトと結ばれ家事に育児にと忙しい日々を過ごしているラミア族の姫君。
1児の母となっても、見た目や性格に大きな変化はなく、最近は村のおばさま方とお茶をするのが趣味。
ラキスとはお茶のことで手紙のやりとりを良くしている。
忙しいながらも夫婦仲は良好で、村の若い連中からは羨ましがられている。

●アルル・アルルーン (CV:このは)
種族:アルラウネ

レイクと結ばれたのに、変わらず「とと様」と慕うアルラウネの少女。
薬師としての腕を磨き、その腕はすでにレイクを超えている。
今はヒビキとルピュアの娘キューテの師匠として、薬学を厳しく指導している。
たまにとんでもないミスを犯してしまうのはご愛嬌。

●ライム・S・デーン (CV:花南)
種族:スライム

世界一の海賊を目指すスライム娘。
猪突猛進なところは変わっておらず、彼女のせいで命の危機に陥ったことは数知れず。
ただ悪運は強いのか、それと同時に数々の宝物を見つけているので、本人は帳消しだと言い張っている。
うざさだけで世界を狙えるとは、ラキス談。
ちなみに最近はヴェーラに遊ばれることが多い。

●ライム・L・デーン (CV:花南)
種族:スライム

気が向いたら表にでてきて、アヴェスやラキスをからかって遊んでいる。
いかにラキスを出し抜いて、アヴェスを誘惑するかを考えることが、最近のトレンドらしく、
それで良く怒られている。
ただし怒られるときは、小さい方に戻るので本人の被害は少ない。理不尽だと嘆くのは小さい方のライム。
ただしヴェーラは苦手なのか、ヴェーラがいる間は滅多に姿を見せることはない。

●ラキス・M・デーン (CV:桜川未央)
種族:スキュラ

子育てはそこそこに、アヴェスといちゃいちゃしている。
第二子の誕生も近いと、身内ではもっぱらの噂。
最近は娘のヴェーラが、ライムの影響を受けていることに若干の不安を抱いている。
教育するにも、娘の器量の良さに手を妬くこともしばしば。
アヴェスは究極的に甘やかしているし、自分がしっかりしなければと、心を鬼にして叱ったりしている。
アヴェスやライム曰く、絶対叱るのを楽しんでいるとのこと。

●アラーニェ・オトカネ (CV:宮沢ゆあな)
種族:アラクネ

見た目は若々しいままだが、言動が年寄りじみてきたと指摘されることが多々あるアラクネ族の姫様。
学園の魔術的な要素は、だいたいがアラーニェの作品。
ライムに次ぐトラブルメーカーとして、皆が集まった時は何かしらやらかし、周囲を呆れさせる。
ルピュアの娘、キューテの前では格好良い大人を演じている。
ただし、キューテにも無理をしているとばれている。
困った時は酒に逃げるという悪癖がある。

●ルピュア・オトカネ (CV:榛名れん)
種族:ハーピー

娘が手を焼くことなく育っていることに、若干の寂しさを覚えているハーピーの女性。
皆が集まるときは、だいたい何かしらの被害にあっている苦労人体質。
娘のキューテがいる前では、教育ママ的な怖さを持っており、
その時は目を着けられると面倒なので、誰もルピュアに苦労をかけたりしない。
キューテが世話になっていることもあり、アルルと仲が良い。

●スィーク・オトカネ (CV:秋野花)
種族:一ッ目鬼

何年経とうが見た目はたいして変わらない一ッ目鬼の少女。
とにかく食べる。寝るとき以外は、何かしら食べている。
ヒビキと暮らすようになってからは、さらに舌が肥えてきたのか、
美味しいものを貪欲に求めるようになっている。
お気に入りはラキスの料理。
レイミアがたまに出す丸焼きも風情があって良いと、ぺろりと食す。
そろそろ子どもが欲しかったり、などと思っている。

【子世代軸】
●リン・ドラーヴェ (CV:雪村とあ)
種族:ドラゴニュート

学園を卒業後、教師になるため勉強を続けているドラゴニュートの少女。
学園でともに過ごした仲間のことは、大切に思っており、急な招集でも文字通り飛んでやってくる。
病弱な身体が治ったことで、学園時代よりも明るく積極的になっており、迫られるシンクもたじたじ。
最近はどこか腹黒いところも、ちらほら見え隠れしている。
本人は否定するが、周囲は鷹揚に頷いている。

●シレーネ・セントール (CV:東かりん)
種族:ケンタウロス

強い相手を求め世界を流離い、自らの腕を磨いているケンタウロスの少女。
基本脳筋思考。
将来は学園の警備員にでもなろうと思っているが、今はまだ自分を高めることに一生懸命。
たまにヴェーラに拉致され、冒険に付き合わされる。
本人は迷惑そうにしているが、最終的に楽しんでしまう。
学園時代より、心に余裕ができ、取っつきやすくなったと、会う人全員に言われている。

●ビビ・クィン・アナフィラキシー (CV:鈴音華月)
種族:クイーンビー

学園を卒業後、女王見習いとして、一族を纏め上げている。
本人にあまりやる気は感じられないが、評価は上々で、彼女を慕っている部下も多くなっている。
他の姉妹との交流も続けており、一族に新しい風を吹き入れ、
女王として認められる日も近いと噂されている。
ただ、たまにふらっと逃げ出す癖があり、その度に学園に来てはシンクに迷惑をかけ、それを喜んでいる。

●コメット・メテオ (CV:葉月まぁち)
種族:ドール

学園の一部敷地を借りて、人間魔物問わず孤児を引き取って育てている。
教育に関しては色々手探りで、大変なことも多いが、本人はそれを楽しんでいる。
学園時代の仲間は、適当に手紙のやりとりをする付き合い。
最近は子どもの成長記録を手紙にして送っている。
送られてきた相手は、最初こそ微笑ましく思うが、だんだん面倒になってくるらしい。

●ミリータ・H・アスクレピオ (CV:神村ひな)
種族:ラミア(ハーフ)

両親とともに人魔が共存する村で、小さな子どもたち相手に勉強を教えたりしている。
本人は将来的に村を背負う立場になろうと考えている。
ただ、しょっちゅうヴェーラに拉致され、無理矢理冒険に付き合わされている。
最近はヴェーラの部下たちにも、副船長と呼ばれており、
そんな気は全然ないのに、なんでこうなるのかと嘆いている。
将来的にもヴェーラに振り回され続けるのかと戦々恐々。

●ヴェーラ・M・デーン (CV:花南)
種族:スキュラ(ハーフ)

学園を卒業後、ひたすら我が道を行く天才海賊娘。
すでに地図にない島を発見したり、海底遺跡から宝物をざっくざっく集めてきたりと、
活躍が広がっている。
同時に敵も多くなっているが、それすら楽しんでいる。
学園時代の仲間の前に突然現れては、拉致して冒険に付き合わせる悪癖がある。
思い立ったら即座に行動が信条で、今回の創立祭騒ぎも発端は彼女。

●キューテ・オトカネ (CV:榛名れん)
種族:ハーピー(ハーフ)

相変わらず学園で教鞭を振るっている。
敏腕ではあるが、学生たちからは愛称で呼ばれたりと、ますます親しまれている。
最近はそのことで、ますます舐められているんじゃないかと
シンクやコメットに泣きつく姿もちらほら見られる。
そういうところが、親しまれていると本人は気づいていない。
孫はまだかと父や母にせっつかれているのか、
なにやら積極的になっているが、だいたい誰かに邪魔されている。

●ファム (CV:草柳順子)
種族:ゴースト

最近はもっぱら、学生たちに悪戯を繰り返している、学園の意識集合体。
そもそも見える人物が少ないため、大半はシンクの部屋で茶飲み話に花を咲かせている。
今作品では、全ての時代に登場しては、相変わらず謎な助言を残していく。
本人曰く、謎を残すのが自分の使命らしい。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008327
ファイル名/ファイル容量
総計 2.58GB
VJ008327.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008327.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008327.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008327.part4.rar / 349.29MB (366255065Byte)
CPU
Pentium4 1.5GHz以上 / Pentium4 2GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 8MB以上 / 16MB以上
必要解像度
1024*768 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0006239D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006239D)

聖もんむすFestival!! ~お祭りだよ全員集合!~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「聖もんむすFestival!! ~お祭りだよ全員集合!~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ファン待望

2017年09月01日  

このレビューは参考になった×0人

今までのもんむすシリーズが好きな人なら、既に持っていることでしょう。もし持っていないならば、借金してでも買うべきです。そう言える程度には面白かったです。
ただ欲を言えば、年取った主人公達も見てみたかったなあという思いもありました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おもしろかった

2017年03月27日  

このレビューは参考になった×0人

今までのキャラが勢ぞろいし、今まで以上に賑やかに、今まで以上に面白い作品でした。他のシリーズをやっていると、こんなとこがつながっていたのかと思い、少し感心してしまいました。ストーリーも楽しいですが、CGのほうも魔物娘の個性をしっかり生かしたものになっており、見ごたえもばっちりでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!すっごい盛りだくさん

2015年09月07日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

前作の聖もんむす学園を知っている人はおすすめ。
そうじゃ無い人も、なんとなく雰囲気は分かるけど前作を先にやっているほうがきっと楽しめる内容です。
絵はかわいくてライトな魔物えっちが楽しめるので、この手の人外モンスター系を経験したことのない人にはお勧めです。

個人的に、前回の作品をやってからのほうがお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!魔物娘が多い

2015年06月05日  

このレビューは参考になった×0人

自分にとっては、Vanadisさんのゲームはこれが初めてでして、
ゲーム時間で1日が過ぎるまでは、誰が誰やら少し戸惑いました。
エロシーンは最初からあちらこちらにあり、それぞれ楽しめました。気に入った娘が出ているゲームはしばらくしてからですが、購入したいと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!vanadisファン必見!!

2014年05月04日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

今までのvanadis娘大集合だけあってボリュームはかなりでかい。それぞれの話がリンクして進んでいくところもアドベンチャーとしては非常に面白い。vanadisファンならぜひやるべきな一品。また、親世代ではかつてのゲーム中ではなかったキャラ同士の絡みなどもあってキャラの掘り下げも行われている点もいい。ぜひぜひやってみてください

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!シリーズ集大成!

2014年04月20日  

このレビューは参考になった×1人

Vanadisさんの魔物娘シリーズです♪
今までの作品間で触れられてこなかった、暗示していた部分を補完しながらも、新しい世界観やまた見たかった日常劇を展開してくれました!
今回は今までよりも選択肢が複雑になっていると感じました。シナリオ分岐も多めになっていると思われます。
全キャラにちゃんとシーンはあり、サブシナリオも豊富なので勿論お勧めはしますが、やはりシリーズ全体を既に楽しんでいる方ほど楽しめると思います

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]