>    >  

ブランド名 :  アンダームーン
ホームページ :  http://www.lune-soft.jp/top.html
販売日 :  2014年02月28日
原画 :  桜ロマ子
シナリオ :  よこよこ
声優 :  蒼桐かこ  /   /  永野らび
年齢指定 : 
作品形式 : 
対応OS : 
[PC]
WindowsXP / WindowsVista / Windows7
その他 : 
ジャンル : 

サンプル

HTML版で表示

作品内容

■ストーリー
主人公は、今年度からとある女学園の食堂で調理を任されていた。
その醜い容姿のせいで、幼い頃から今に至るまで、異性に嫌悪されつづけてきた主人公。
女性経験どころか異性と手を繋いだことすらなく、学園食堂で勤務をはじめた今でも学生から避けられている。
主人公が雇われてからというもの、食堂を利用する学生は激減してしまった。
そのストレスはたまに学生が食堂に来た時、料理に唾液や陰毛など異物を混入させることで晴らしていた。

そんなある日、街中で怪しい占い師に捕まり、勝手に占われてしまう。

「お兄さんの体液には人を操る能力がある」

あまりに突拍子のない結果に、もっと詳しい話を聞いてみることにする。
簡単にまとめると、こうだ。

――能力者が体液を与えた相手は、任意で発情させることができる。
――そうして発情している相手は、意のままに操ることができるようになる。

とても信じられない内容。でも、もし本当だったら最高じゃないか。
機会さえあれば試してみたい……。

そして、その翌日。
学園でアイドル的な存在として人気を誇る、鈴ノ葉 美波が食堂にやってきた。
ただでさえ人の寄りつかない食堂に、
占われた次の日に学園でも一二を争うような美少女がやってくるとは。
主人公は運命を感じた。
確かめるなら、今しかない。

しかし、唾液入り料理は学園生に食べさせたことがあるものの、誰かを発情させたような記憶はなかった。
唾液では効果が薄いのかもしれない。何か、何かないだろうか。唾液よりも、もっと効果の強そうな何か。
そうだ、精液があるじゃないか。
美味しそうに精液入り料理を食べている美波を眺めつつ、主人公は心のなかで念じてみる。

『鈴ノ葉 美波、発情しろ』

その瞬間、美波に向かって何かの力が働いたような、そんな不思議な感覚に襲われる。
美波を観察してみると、頬を染め膝を擦り合わせ、
吐く息には熱がこもり……明らかに発情しているように見えた。

『今から、僕に何をされても、疑問を感じるな』

興奮で息を荒くしながら近づく主人公に、美波は軽い会釈で挨拶をしてくるだけ。
その頬に、足に、そっと舌を這わす。
今まで暗い欲情を溜め続けていた主人公は、その日から美波という受け皿を得るのだった。
そして、主人公との肉欲の宴を過ごしていく美波そして学園の女達はいつしか
暗示から逃れる事ができずに、より過激な行為を求めていくようになっていく……。

■登場キャラクター
●鈴ノ葉 美波 (CV:蒼桐かこ)
姫泉学園の三年生。
成績優秀、容姿端麗、運動も得意。
学園の中で憧れない人はいないと噂されるほどの人気ぶりで、女学園ながら「学園のアイドル」と称される。
また、その事を鼻にかけるでもなく、誰とでも気さくに、
しかし気遣いは忘れずに接することができ、生徒や教師からの信頼は厚い。
しかし、幅広い交友関係は、逆に特別な友人を生みだすことはなく、
「この年代の友人は一生涯の友になることが多い」という話を聞いて以来、わずかな寂しさも抱えている。
そのため、学園内で美波に反発心を抱いている数少ない存在である
鳳=フェルミナ=綺更とその取り巻きに対しては、むしろその敵対心を嬉しく思う。
人を見た目で判断するような事はせず、主人公を見ても嫌悪感や不快感を抱かなかった希少な存在。
普段は自分で弁当を作り持参しているが、偶然忘れてきてしまったその日に主人公の餌食となってしまった。

「食堂を経営されている方……ですよね?
 ここには女生徒しかいませんから、食堂でも男性がいてくだされば心強いです」

●珠沢 てまり (CV:凪)
姫泉学園の一年生。
自由奔放、天真爛漫。いつもどこかで笑っている。
体型だけでなく精神も幼さが抜けきれない、子どものまま成長してしまったような少女。
ゆえに言動が失礼になってしまうことも多々あるが、そのキャラクターゆえに許されがちで、
それがまた子どもらしさを増長させていく一因となっている。
しかし、偏差値の高いこの学園に入学できたくらいなのだから、
ただ単に「精神的に成長できなかったダメな子」というわけではなさそうだが……?
大人として扱われることに反発しており、特に性的行為に対し強い拒否反応を示していく。
主人公の外見を心から気持ち悪いと思っているが、それは幼さゆえの率直な感情。
性に対する感覚も幼いままなので、一般女性のように生理的嫌悪感を抱いているわけではない。
頻繁ではないが、食堂を利用する数少ない学園生。
年齢不相応なその幼い外見は主人公にとってもストライクゾーンギリギリだったが、
「せっかくだから」程度の軽い気持ちでてまりを犯した。

「あっはは~! なんべん見ても、おっちゃんはほんと~にキモイなっ! ……あ、おかわりっ!」

●鳳=フェルミナ=綺更 (CV:永野らび)
姫泉学園の三年生。
ハーフ。金髪碧眼、容顔美麗だが、高飛車でワガママな性格。
ほしいものは何でも手に入れる。
気性が荒々しいわけではなく、むしろ口調は穏やかで物静かな印象だが、
他人を例外なく見下しており、言葉の端々には悪辣な皮肉がこめられている。
ここ20年でトップクラスに登りつめた鳳グループ、その社長の一人娘。
差別主義者であり、一般家庭に生まれ容姿も醜い主人公はもはやゴミ以下のような扱い。
悪口でもなんでもなく、主人公のような存在が生きていること自体に嫌悪感を抱いている。
親の命令で姫泉学園に通うも、その校風には納得ができていない。
一般家庭出身でありながら人を惹きつける鈴ノ葉 美波を敵視している。
彼女のルールでは、一般家庭の人間が多くの人に好かれるなどあってはならないのだ。
その性格ゆえ友人はおらず、いるのは数人の取り巻きだけ。
本人は自覚できていないが、そのことに寂しさを抱えている。
一般市民でしかない美波の人気が高いのは、なにかしら汚い手段を使っているに違いない。
そう思っている綺更は、主人公と美波が度々会っていることに気づき美波の後をつけたところ、
捕まってしまい主人公に犯されてしまう。

「それ以上、近づかないでくださる?
 体調が優れなくなってしまったらどうするつもりなのかしら、気色悪い」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008321
ファイル名/ファイル容量
総計 1.69GB
VJ008321.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008321.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008321.part3.rar / 206.25MB (216264165Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
VIDEO
VRAM 16MB以上 / 32MB以上
必要解像度
1024*576 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0006160D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006160D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女学園の性欲食堂 ~特精ソースで傀儡に変わる少女たち~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件