({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■ストーリー
自宅よりほど近い学園に通う文武両道な主人公「義国 晃一(よしくに こういち)」。
元々努力がそのまま成果に繋がる才能にあふれた人間だったが、ある日、

【望んだ結果を達成できる道筋が見える能力】

に突如目覚めたことで、より周りの人間が羨むほどになっていく。
『テストで100点が取りたい』『お金が欲しい』と思えば、
いくつものそれに至る選択肢が頭の中に浮かび、それに従っていくと必ず達成される。
簡単、複雑、安全、危険……どの道筋を選ぶか。

やがて限界の見えない力のもっと先を知りたいと渇望する晃一は、
依存しすぎるのは危険だと感じながらも、少しずつ自分を見失い始めていく。
表向きは今までどおりに、しかし財欲などの欲望を満たしていく晃一。
そうして当然のように、

「次は……女だな」

さすがに身近な女に手を出すのはリスクがあるかもしれない、
絶対的な力を持ちつつも慎重かつ大胆に事を進めていく。
あっけなく一人目の女を堕とすと、もう一つの欲望が目覚めていく。

野ノ峰 扇華(ののみね せんか)。

学園の完全無欠な学生会長にして、唯一、晃一と対等以上に渡り合える女。
こいつを思うがままに貪ってやりたい、以前からそう思っていた晃一。

能力を使い、どうすれば【野ノ峰扇華】を堕とせるか確認する。
現れた選択肢の中には最短で堕とせるものもあれば、回りくどいものもあった。
最短ルートでいけば全ては容易いが、しかし最後がそれでは面白くないし、
能力の限界を知るには物足りない。
そして選んだのは、扇華と直接接点のない女たちから堕としていくルート。
外堀を埋めるように扇華へ近づき、有利な状況を作り出したうえで壊してやる。
その後は自分の女にしてもいいし、性欲処理にだけ使ってもいい。

「俺には全てが見えるのだから……」

身を焦がす欲望を満たした後に残るのは、望んだ未来か、それとも――

■登場キャラクター
●野ノ峰 扇華 (CV:榊木春乃)
学園の3年生。 歴代に類を見ない完璧すぎるほどに完璧な学生会長。
能力を除けば主人公と並ぶ才覚があり、荒事の対応もお手の物。
学生会長としてその万能ぶりを如何なく発揮しており、併せ持った美貌も手伝い、
男女・学生・教師を問わず高い人気を誇り、崇める者もいるほど。
本人も自分の実力を自覚した上で行動し、自分が望む結果を常に出そうと日々努力している。
自分一人だけではどうしても手の届かない部分をフォローしてくれる役員たちには、感謝し信頼している。
豪放磊落な性格で面倒見が良く、大胆ではあるが女らしさも兼ね備えており、
礼儀も完璧で並大抵のことでは揺らがない強い心の持ち主。
学生会の執務だけではなく、扇華個人に外部からの依頼がくる場合もあり、
その際には美園に執務を任せている。
主人公のことは、さやの話と成績優秀者のため知っているが、
他の学生と同じくらいの認識で特別な意識は持っていない。

「おめでとう、これに慢心せずにもっと高みを目指してくれると嬉しい」

●悠木 さや (CV:原秋葉)
主人公の幼なじみでクラスメイト。
学生会では書記を務めている。
幼い頃より主人公の才覚に触れ、依存していたが、
同等以上の扇華に出会い同性ゆえの憧れを抱き、学生会へ入った。
会長と主人公が組めばもっと凄い学生会になると主人公を誘ったが、断られている。
おっとりとした性格で失敗も多く、美園や和華奈によくフォローされているものの、
同じ失敗を繰り返すことはほぼ無い。
主人公のことは幼い頃から異性として好きであり自覚もしているが、
いつからか主人公から微妙な距離を置かれていると感じている。

「晃一くんと、野ノ峰会長が揃ったら、恐いもの無しだと思うのよね~」

●桜 美園 (CV:相本さくら)
学生会副会長。3年生。
扇華とは幼なじみで、お互いに一番信頼している。
さやと和華奈に対しては姉のように接し、可愛がってもいて、
特にさやについては次期学生会長として頑張ってもらいたいと思っている。
扇華がいなければ学生会長を務められる程度の力があるが、
本人は前に出るよりは裏方のほうが好きなため、【副】が付く役職を希望する。
口調が硬く、見た目もお堅い雰囲気を纏っており、良く言えば凛としており、
悪く言えば常に機嫌が悪そうに見える。

「義国さんがやっていることは、けして許される事ではありません」

●和宮 和華奈 (CV:古天条花寿乃)
学生会会計の1年生。扇華を信奉するかの如く憧れている少女。
やや行き過ぎたきらいがあり、口調が荒く、扇華に近づく者には誰彼かまわず牙を剥くことも。
美園とさや、咲子は例外。
娯楽が好きで、授業中に漫画を読んだりゲームをしたりと、学生会役員とは思えないほどに素行が悪いが、
扇華の器の広さと会計としては有能なので、その辺りは不問にされている。
主人公とは通学時などにさやを介して面識があり、直感でなにか気にくわない存在だと思い、
会う度に警戒しているような態度をとる。

「さや先輩、やめましょうよ。こんな人を学生会に誘うのは」

●坂崎 咲子 (CV:花南)
学生会顧問で、主人公とさやの担任の現国教師。
扇華と美園が優秀なため、あまりすることがない名ばかり顧問。
学生が優秀なのはいいことだと思っているが、それでも時々は頼ってほしいとも思っている。
そのため顧問としての知名度は低いが、教師としては授業も分かりやすく、
学生からの相談も親身になって接してくれるので評判は上々。
教師でありながら学生に近い性格でノリが軽いが、締めるところはきっちり締める分別は持ち合わせている。

「さて、相談ってなにかな?義国くんからなんてめったにないし、張り切って乗ってあげよう!」

●八乙女 鈴 (CV:相本さくら)
学生浪人。留年を経て現在は喫茶店のアルバイト。
さばさばした性格で細かいことは考えず、その時が楽しければいいと思う楽観主義者。
就職氷河期にぶち当たり中のため、いっそ結婚して主婦になろうかと考えているが、アテはない。
来店した主人公の誘いに軽い気持ちで乗ってしまい、最初の獲物となる。

「バイトです。八乙女鈴といいます☆」

●八ヶ宿 瑠々 (CV:古天条花寿乃)
地方局と路上を中心に活動するローカルアイドル。
元々10人以上のグループだったが、鳴かず飛ばずで1人抜け2人抜けと続き、結局独りになってしまう。
上昇志向が強く努力家だが、二択を迫られた場合ほぼ不正解のほうを選んでしまう先見の無さにより、
現在も売れているとは言い難い。
事務所の社長からは引退を仄めかされており、現状に不安を抱えつつもなんとかしようと躍起になっている。
最近はネットゲームのキャラコスプレなどをして街頭で宣伝をしている。

「はいっ!一生懸命やらせてもらってます!」

●八重樫 ミリー (CV:野宮香央里)
学園にほど近いスイミングスクールのインストラクター。主に子供を担当。北欧系のハーフ。
泳ぎが好きなため仕事以外でもプールや海に行っており、
やや筋肉質で、真っ白な地肌と日焼け跡のコントラストが目立つ体育会系美人。
吊り上がった目と体格の良さも相まって、初対面の人からは気が強いタイプと思われがちだが、
将来は夫に尽くす静粛な妻になりたいと願う受け身な夢想家。
水泳の指導も上手く、外見とは裏腹に優しい気質のため、子供やその母親からの人気は高い。

「え、営業、時間外なら……いいですよ」

●来橋 都 (CV:榛名れん)
いじめに遭い、登校拒否し、そのままニートとなった少女。
社交性・清潔感がなく、風呂にもあまり入らず日がな一日部屋に籠り、
ネットゲームに高じている廃プレーヤー。
ゲーム内ではそこそこの有名人で知人も多く、面倒見がいいと人気がある。
両親は共働きで昼間はいない。
無理せず自分のペースで頑張ればいいと言われており、
それが逆にプレッシャーになり卑屈な性格へと転じていった。

「わ……私ね………今は、なにもしてないの」

●近藤 毬 (CV:榛名れん)
他校の学生会長。 3年生。
主人公の学園の学生会と定期的に交流会を行っているため、学園に訪れることが度々ある。
美園と同様、凛とした風貌と態度だが、物腰は柔らかい。
一般的に見ても有能だが、それ以上に有能な扇華と比べられることが多く、
扇華の力を認めた上でどうしようもない不満と劣等感を抱えている。
家庭内でも問題を抱えており、精神不安定気味。

「えぇ、いちおう会長なので」

●小鷹 初美 (CV:野宮香央里)
些細なことで家族と喧嘩し、衝動的に家を飛び出したと言う女の子。他校の1年生。
お金も底を尽き始め、途方に暮れた頃に主人公と出会い、条件付きで寝床とご飯を提供してもらうことに。
素直じゃない性格で、喧嘩の原因など肝心なことは何も話さず、
育った環境からか無意識にワガママを言うちょっと困った子。

「お兄ちゃんがこういうの好きかと思ってぇ」

●陸前 なつみ (CV:花南)
主人公宅の近くにあるアパートに住む、毬と同じ学園に通う1年生。
朝に鉢合わせることが多く、主人公とは互いに顔見知り。
一人っ子だが学園に通うため親元を離れ、一人暮らしをしている。
しばしばホームシックに陥ることもあり、そんな折に出会った主人公のことをいいなと思い、
「お兄さん」 と呼んで慕い好意を隠さない。
天然で甘え上手。

「お兄さんに会えた日はいつでも元気いっぱいですっ」

●義国 晃一(※苗字、名前共に変更可能)
主人公、学園の2年生。 学園の近くに一人暮らし。
『望んだ結果を達成できる道筋が見える能力』を持っており、
その能力がなくとも文武両道・眉目秀麗で、それを鼻にかけることもなく評判も良いが、
裏では欲望が強く利己的な面もある。
能力を手に入れてからはその面がより強くなり、この強大な能力を使って何ができるか、
限界まで試してみたいと徐々に能力に溺れ始めていく。
現在はそれに加え女を貪ることに飢えており、人知れず獲物を狙っている。
拘束されるのを嫌い、特に学生会などの活動にも参加せず帰宅部のため、会長ほどの知名度や人気はない。

「俺の実力とこの能力があれば、全ては思いのままだ」

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 1.75GB
CPU
Pentium4 1GHz以上 / Pentium4 1.5GHz以上
メモリ
1GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0006210D)

瞳の烙淫2 ~絶対不可避の審媚眼~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「瞳の烙淫2 ~絶対不可避の審媚眼~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件