美少女ゲーム > HEAT-SOFT > 舌入×シたい×慕い

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
妻の不倫によって離婚した主人公は、
妻の親権放棄により血の繋がらない義娘『千桜里』を引き取ることになった。

未だ他人行儀な千桜里の態度に距離感を図りかねる主人公だったが、
ある日の夜、部屋を訪れた千桜里は、いつものクールな様子からは
考えられない幼さを見せ、寂しいと温もりを求め、
甘えるように主人公に肌をすり寄せてきた。

禁断の欲望に必死に堪えるものの、
千桜里の小さな舌が体に触れた瞬間、世界が一変する――

漏れ出る熱い吐息、滴り落ちる唾液……
そして、絡みつく小さな舌の動きに、
主人公は、舐められるという行為に得も言われぬ背徳と高揚を感じた。

もっと舐めさせたい、そして自分も舐めてみたい――

目の前には主人公を求める少女、そして舐めるだけならばという悪魔の囁き……
その潤んだ瞳から流れる涙を止めるために、
主人公の開いた口から出たのは慰めの言葉ではなく、熱く震える舌だった。

腋を――髪を――太ももを――体の隅々を舐め上げ親愛を
足を――乳首を――尻の穴を――体の隅々を舐めさせ服従を

生殖器が触れ合わずとも人は舌だけでも
『舐め愛』『吸い愛』『しゃぶり愛』『絡め愛』――触れ愛、求め愛十分に愛し合える。

タガが外れた欲望は主人公を侵食し始め、舌の持つ魅力に取り憑かれた、
深く歪な愛欲まみれ『舐め狂めく(なめくるめく)』親子の物語が今始まる……

■登場キャラクター
【クールな義娘】
●滑川 千桜里 (CV:あさり☆)
主人公の元妻の連れ子で、義理の娘。
奔放だった母親のため、早熟で少し冷めた感じの委員長タイプの少女。
義父である主人公を『お父さん』と呼びつつも、
血の繋がりが無いことからあまり頼ろうとはしていない。
その心の奥底では、まだまだ甘えたいざかりの時に、
実の両親が離婚した過去から、父親の愛情に飢えている。

「私は自分を不幸だなんて思ったことはないです……
     そう思って私を引き取ったのなら、ただの自己満足です」

【甘えん坊な義娘】
●ちおり (CV:あさり☆)
今回の実母と主人公の離婚により、実の母親から親権を放棄されたことで、
密かに心に負担がかかり、特定の条件下で幼児退行を起こした千桜里の姿。
そうなった時は、主人公を『パパ』と呼び、
甘えん坊な少女に変身して、温もりを求め、肌をすり寄せる。

「ん~はぁぁ……パパのポカポカいいニオイ~……んふふ、、ちお、だーい好き♪」

【娘の魅力に堕ちる父親】
●滑川 敦
主人公。
順風満帆だと信じていた生活が、妻の不倫で一変してしまった男。
不倫した妻に制裁を課した後に残された虚無感や孤独感に対して、
あの時ふとしたきっかけで不倫の証拠を見つけなければ、
今も表面上は順風満帆な生活が送れていたと後悔している。
実の親に2度捨てられた千桜里に負い目を感じて、
彼女の幸せを願っており、彼女のためならばどんな苦労もいとわない。
ただ、千桜里との距離感から、この気持ちを娘がどう思っているのかが、悩みの種。
幼児退行した、ちおりの『舐め』により、『舐める』魅力に取り憑かれて、
次第に普段の千桜里の体も求めるようになっていく。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008289
ファイル名/ファイル容量
総計 1.21GB
VJ008289.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008289.part2.rar / 477.44MB (500636350Byte)
CPU
Pentium4 1.5GHz以上 / Pentium4 2GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 8MB以上 / 16MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0006225D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006225D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「舌入×シたい×慕い」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ロリ(2)

舐める

2016年11月04日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

タイトル通り「舐める」という部分に拘った作品で、多くのシーンでクンニやフェラ、キスといった一般的なものから、口移しや体中を舐めるというニッチなものまで、(主人公もヒロインも)舌を使ったプレイがありました。

ヒロインは非常にロリロリした見た目で、幼児体型でちょっとぽっこりとしたお腹など、かなりリアルなロリ体型に感じられました。
血の繋がりが無いとはいえ、父と娘という関係は背徳感のあるものではあるのですが、二人の付き合いが短いことや、冒頭で別の人格が形成されたりと、親子という部分での背徳感は薄かったですが、手を出してはいけない女の子と肉体関係を持つという点では背徳感がありました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

舐め、舐め、舐め

2014年12月09日  

このレビューは参考になった×0人

終始、体中のあらゆるところを舐め合う作品であった。
作品に登場する女の子は、背が低めで、むちむちとした質感が個人的にどストライクな見た目だったので、声優さんの声が入るとさらに好感が持てた。
欲を言えば、キスなどのシーンでは差分として口と口とが重なり合うなどの演出がほしいところだった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]