({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

歴史と観光の町に転校してきた主人公、「追儺 御代(ついな みしろ)」。
彼の幼い頃に『牙を持つ荒神』という存在に魂の半分を食われてしまった為、
少しでも自分に関わった人間の魂の闇に巣食う『理《コトワリ》』という
化け物と関われるようになってしまう特殊な体質となった。

転校初日、御代は1人の女性徒に目を奪われる。
理から御代を庇い、命を落とした『カザミドリ』と瓜二つだった為だ。
動揺を隠せない御代。
狼狽えさせる当事者『由比ヶ浜 悠基』は、
御代に対し学校や街なかの案内等のお節介を色々と焼く。

ある日、街なかで『理』と遭遇する御代。
傍らには悠基がしがみついている。
悠基に『理』が見えることに驚く御代。
襲い来る『理』を暗黒色をまとう御代の左腕が撃退する。
すると、もう一匹の『理』が悠基に襲いかかる。
完全に裏をかかれ、御代の左腕は悠基に届かない。
と、その時『理』の攻撃から逃れようと翳した悠基の右手から
光が溢れ、霊シンが姿を現す。
霊シンとは、『カザミドリ』が持っていた簪の形をした武器だ。
悠基の霊シン『理』を切り裂く。

『カザミドリ』と『由比ヶ浜 悠基』
2人の繋がりを突き止める為、御代は神道である悠基の家に訪ねる事にする。

『カザミドリ』の名前を出したとたん、社を取り仕切る『大婆』にその場を追い出される御代。
あの霊シンは悠基の家に伝わっているものである事。
子供の頃に親戚の叔母さんから譲り受けたものだという事。
御代は悠基から聞かされる。

御代と悠基。どちらからともなく惹かれ合い、肌を重ねる。
御代のいきり立つモノを、口に含む悠基。
悠基の大きく弾む胸を左手で揉みしだく御代。
2人の顔が、時に切なく、時に恍惚な表情へと変貌を遂げる。

やがて、『大婆』から告げれれた事実に
御代と悠基はショックを受ける。

悠基の叔母にあたる『カザミドリ』
その『カザミドリ』己が生み出した『理』によって
死なせてしまった御代。
『カザミドリ』の心臓によって今を生きている悠基。
余りにも残酷な運命に引き寄せられた2人が今、
最後の戦いへと踏み出す。

作品情報/動作環境

ファイル容量
556.02MB
CPU
Pentium 333MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
960*540 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0006140D)

理-コトワリ- ~由比ヶ浜 悠基 闇に掲げる魂の問題 編~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「理-コトワリ- ~由比ヶ浜 悠基 闇に掲げる魂の問題 編~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

過去を乗り越え、彼女と生きる

2015年12月23日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

バトルシーン多めの和風ファンタジー作品です!

主人公の過去とヒロインの過去が交錯するとき、因縁との決着をつける時が始まります!

ヒロインとのイチャ×2も甘くてエロいです!バトルとエロスどちらも求めるなら購入してみるといいでしょう!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]