({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■□■ストーリー■□■
カントール・アカデミー。
それは、未開の土地である北部カントール地方の開拓の為に、
広く冒険者を集め、様々なノウハウを育成する学校のような施設だ。
学校とは言っても、冒険者になるために年齢や性別、生まれの差別はない。
その為、同じ年代の奴らが机を並べる学び舎というよりも、
職業訓練所……そういった方がしっくり来るかも知れない。
何せ、未開の地の開拓には様々な危険が付き纏う。

人の手が入った南部に比べ、北部は未だ道も整備されていないし、
人を狙う凶暴なモンスターもウヨウヨしている。
時には、遥か古代文明の遺跡のようなものが見つかることもあるらしいが、
そこは更にえげつない罠が仕掛けられたりもしていて……。
とにかく、そんな命を張る仕事なだけあって、
それをバックアップする為の施設もしっかりしているという訳だ。

開拓に成功すれば、様々な権利を手にすることができ、
一生食いっぱぐれることもない。
その為、大陸南部を中心として、様々な人間が
危険を承知でこのアカデミーに集まって来ている。

そこにいるのが主人公・リークと
その幼馴染みでありアカデミー随一の女戦士マルグリット。
腐れ縁で顔をつきあわせればケンカばかりの二人が、
訓練中に見つけた遺跡で呪いに巻き込まれてしまう!?
強制的にイチャイチャさせられるその呪いにかけられてしまった、二人の運命はいかに……

■□■登場キャラクター■□■
●マルグリット=クレイン (CV:市川みぃ)
身長:168cm
B/W/H:92/58/89
H経験:なし(処女。知識も皆無)

カントール北部奥地に住むと言われる高貴で勇猛たる戦士の一族「クレイン族」の跡取り娘。
主人公が所属する冒険者アカデミーのファイターコースに
おいて優秀な成績でトップを取っているエリート女戦士。
反面、座学は正反対な成績。文字を見るといつのまにか眠ってしまう超体育会系タイプ。
主人公とは幼馴染みの腐れ縁で、今は顔をつきあわせればケンカばかりしているのだが、
訓練中の事故で掛けられた「呪い」によって、強制的にカップルのまねごとをさせられるように。
男女関係に疎くエロ方面の知識も無く、このときばかりは主人公の言いなりになってしまっている。

「あたしのことバカって言ったなー!バカっていうほうがバカなんだぞ!バーカバーカ!」

●シャロウ=ビトゥイン (CV:宮森ゆう)
身長:161cm
B/W/H:86/58/89
H経験:なし(処女。本で得た知識は豊富、耳年増)

アカデミーの冒険者クラス新入生で、「勇者」の再来と噂されている人物。
洗練された剣技と雷の魔法を操る魔法剣士。
素養のない人間には不可能な技術であり、また伝説に残る「勇者」も
雷属性を得意としていた伝承とあわさり、その末裔ではないか、とされたのがその理由。
そのためか、新入生でありながらすでにお付きの神殿騎士を共にしている。
初対面のはず?の主人公になぜか好意をよせてきて、パーティを組んで欲しい、と告げる。

「あ、あのー、ボクとパーティ、組んでくれますか?」

●アヤ=ウラワァ (CV:伊勢谷智香)
身長:170cm
B/W/H:73/58/81
H経験:なし(保健体育レベルの、最低限の知識あり)

勇者の補佐をするためにとカントール大陸南部の大国から派遣された神殿騎士。
シャロウを勇者の末裔であると信じ、盲目的に付き従う。
また、おちこぼれで素養も低い薬師である主人公にたいして
勇者が好意的なことを快く思っておらず、常に疑いの目を向けている。

「……能力も品位も最低な薬師(ケミスト)ですね、貴方は……」

●シーマ=スプリングス (CV:風華)
身長:173cm
B/W/H:102/61/98
H経験:人数不明だが、知識も豊富でテクニックも

主人公やマルグリットの担任を務める、アカデミーの教師。
表向きは明るく優しい女性教師で教え方も丁寧。
アカデミー内でも随一の魔術の素養をもちつつ、身のこなしも戦士に負けない実力を持つ。
しかし、中身は快楽主義者でエッチなことが大好き。
自分が気に入った人間にしか興味をしめさないが、興味をもったら
自身の能力をフルにつかってでも、快楽を貪ろうとする。
その実体は興味を持たれた男でないとわからない。
そしてそのターゲットは今、主人公になっているようである。

「今日はおっぱいを使った実践授業よ~♪ さぁさぁ、早くズボン下ろして(検閲)だしちゃって」

●シーモ・ネーティア・コンジャック (CV:都筑なつる)
身長:168cm
B/W/H:98/60/95
H経験:なし(処女……だが知識もテクニックも豊富)

主人公とマルグリットが旅先で出会った商人。
二人に危ないところを助けられ仲良くなる。
また薬師である主人公には薬を作るための協力をもとめてくるが、
本人が意図してかしらずか、色々エッチなことを要求してくる。
(性的な意味で)奉仕することは気に入っているが、
貞操をささげることには特別な意味があるらしい?

「ヨクキタ、オキャクサマー! ゴフーフのために、今日もいっぱい安くシマスゾー!」

●デプス (CV:???)
身長:161cm
B/W/H:86/58/89
H経験:知識は豊富だが処女

主人公の前に現れた、淫魔?の女の子。性格は淫蕩で奔放、無邪気。
サキュバスのたぐいであると主人公は推測するもはぐらかされてしまう。
なぜか主人公のことを強烈に好いており、夜ごと部屋に逆夜這いをしかけてくる。
自分のことをボクと名乗り、
シャロウと同じぐらいの巨乳をもつこの魔物の正体は一体何者なのか……?

「デプス……とりあえずはそう名乗っておくよ。まあ、サキュバスでもいいんだけどね?」

●リーク ※名前変更可能。
冒険者アカデミーの薬師(ケミスト)コースに所属する青年。
成績は中の下でパッとせず、そして体力・格闘実技の成績はもっと酷い。
冒険者の素養は戦闘職どころかソーサラー(魔法術士)にも足りず、
辛うじて薬師(ケミスト)という職業に就いている。
周りからは「おちこぼれ」と見られ、一部の教師を除き、アカデミーのお荷物扱いとなっている。
本人は表には出さなくとも内心でそれを気にしており、特に自分がなりたくてもなれない、
男らしい戦士の素養をもつマルグリットにはどうしても突っかかってしまう。

「なんで俺がこんな脳筋女と一緒にならなきゃいけないんだ! 世の中間違ってる!」

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 1.78GB
CPU
Pentium4 1.6GHz以上 / Pentium4 2.4GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上 (Vista以降は、1GB以上必須)
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 256MB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0005851D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「褐色巨乳の女戦士・マルグリットの受難!?」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

良い所と悪い所がありますが、個人的には良かったです

2016年10月14日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

半額せールに500円引きチケットがあり、どれにしようかなと悩んで選んだのがこれです。ルネは基本良ゲーが多く、ボーイッシュキャラ系というのもあります。

ボリュームは結構あります。

ヒロインのマルグリットに関しては、声がちょっとキャラとあってない感じとどうにも主人公位置からはあまりヒロインに見えにくい部分もあって、若干拍子抜けでした。

全キャラともにフェラ系が最初は非常に多いですが後半は本番が多いですね。

ツボになった子としてはボーイッシュ的に良く(声も)シナリオが凄く良かったのは「シュロウ・ヒトン」という女の子勇者。最初から主人公をなぜか慕うのですが、どうしてなのかが展開されていきます。色々な意味で凄く良かったですね。

定価だと流石にですが、この値段なら結構お薦めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]