美少女ゲーム > アパタイト > 姉妻淫欲調教 ~ブ男でヒッキーな僕との義兄には言えない秘密のエクスタシー~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年10月18日
シナリオ よこよこ
イラスト チャイニー・スゥ
声優 ひろは
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
『こんにちは、お荷物をお届けに参りました!』

僕宛?いったいどこからだろう。
差出人欄を見てみるけど、知らない企業の名前が書いてあった。
どういうことだよ。全然身に覚えのないところから荷物が届くなんて……。
ぶほっ!? なんだこれ!?エロ本じゃないか。
しかも表紙はいかにもSMちっくでアブノーマルな感じのものだった。
なんでこんなものが僕宛に届くんだよ!?
僕は注文していないから、家の誰かが僕の名前を勝手に使って注文したのだろう。
だとすると十中八九、あいつだ。雪音の旦那の久賀光一。
くそっ、あいつめ……万一他の家族に見つかっても
大丈夫なようにって、僕の名前を使ったんだな。
それにしてもこの本の内容。あいつ、こんな趣味があったのか。
――って、待てよ。それじゃ、まさか雪音にも!?
改めて本の表紙を見ていきながら、
これと同じ事をされている雪音の姿を頭に思い描いていく。

「くそっ、あいつ!」

いくら夫婦だからって、雪音にこんなことをさせてるなんて!
雪音があいつの趣味に付き合って、酷いことされている光景が目に浮かんでしまう。
くぅ、雪音……。あの雪音があいつのためにこんなことを……。
くそっ、僕が相手だったら良かったのに。
雪音を犯すあいつの姿を想像すればするほど、嫉妬の炎に身を焦がされてしまう。

「ぅぅ、雪音……なんであんな奴なんかに……僕だったら……」

■登場キャラクター
●久賀 雪音 (CV:ひろは)
明るく元気。なにごともポジティブな考え方の持ち主。
夫“光一”とは昨年に結婚。“卓郎”とは双子。
引きこもりになった“卓郎”をなんとかしようとしている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008031
ファイル名/ファイル容量
VJ008031.zip / 360.82MB (378349924Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「姉妻淫欲調教 ~ブ男でヒッキーな僕との義兄には言えない秘密のエクスタシー~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!姉を奪還

2013年10月19日  

このレビューは参考になった×0人

両親が旅行中にヒッキーな主人公の世話をしに来た結婚した双子の姉。その好機を使って半身である姉を奪還するという寝取り&近親相姦の王道です。
主人公は人の視線が怖いのに、外でも調教する姉への執着ぶりはなかなかのものです。
目障りな義兄はテキスト上にほんの少し登場するだけなので、姉×弟の世界をたっぷりと楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]