美少女ゲーム > UNiSONSHIFT > 時計仕掛けのレイライン ─残影の夜が明ける時─

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年06月21日
シナリオ 西ノ宮勇希 / 風間ぼなんざ / 市川環 / 小沢裕樹
イラスト うらび / ぺろ
声優 森谷実園 / 門倉宗一 / 萌花ちょこ / かわしまりの / 鶴屋春人 / 小倉結衣 / 古河徹人 / 平野響子 / 中家志穂 / 榛名れん / 鈴谷まや / まきいづみ / 倉田まりや / 野神奈々 / 白月かなめ / 有村祥 / 涼屋スイ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 昼と夜の学園ブレイクスルーAVG
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

学園の抱える秘密、黄昏時に交差する二つの世界。

……あなたたちは疑問に思わないのですか?
……彼らがどこから来て、どこへ帰ってゆくのか

夜と昼の境界線はいつか――交わることができるのか。

■ストーリー
山奥にある全寮制学園『天秤瑠璃学園』。
大きな時計塔の立つその場所は、ただの学園ではなかった――。

主人公・満琉は転校生としてこの学園にやってきた後、
『特殊事案調査分室』通称トクサと呼ばれる役目を背負うことに。
トクサの仲間である憂緒たちとともに、
この不思議な学園で起こる様々なトラブルを解決する日々を送っていた。

そんなある日、学園に予想外な訪問者が現れる。
祖母の思い出の品を探し、はるばる異国からやって来た少女・アーデルハイト。
一筋縄ではいきそうにない客人は、トクサの面々に押し付けられる。

「そうね。お手並みを拝見しようかしら」

アーデルハイトの探し物を巡る日々のなか、
それまで当たり前のように流れていた全ての時間が動き出す。

それは――学園の抱える秘密、黄昏時に交差する二つの世界。

一体彼らはどこから来ているのか?
どこへ帰っていくのか?
そして夜と昼の境界線はいつか――交わることができるのか。

新たなる謎と秘密に、主人公たちの奔走が再び始まる!

■登場キャラクター
【手紙に導かれ入学してきた屈強な主人公】
●久我 満琉
私立天秤瑠璃学園1年生。主人公。
口調はやや乱暴めで好戦的だが、根は面倒見がよく、結局厄介なトラブルに巻き込まれたりする羽目に。
頭の回転は決して遅くないが、憂緒の思考スピードにはついていけないことがよくあり、
そのたびに苦々しい気持ちになっている。
憂緒に対してはライバル意識のようなものを持っており、何かと突っかかることも多い。
学園では久我満琉と名乗っているが…

「話したっていうか、知ってるじゃねーか! 俺の本当の名前が……」

【明けても暮れても2人に翻弄される苦労人】
●烏丸 小太郎 (CV:門倉宗一)
主人公とおなじく1年生で、クラスメイト。『おまる』という不本意なアダ名で呼ばれる。
仲間意識が高く、主人公と憂緒の言い合いも微笑ましく見えるようでニコニコと見守っている。
わりと涙もろくて良い話を聞いたらすぐに泣く。
田舎出身のため体力にはわりと自信があったのに、最近ちょっぴり低下気味でへこんでいる。

「このまんま他の人達に会うのやだよー!恥ずかしいよー!」

【如何なる時も沈着冷静な特査を統べる少女】
●鹿ケ谷 憂緒 (CV:森谷実園)
主人公たちがやってくるまで一人で特殊事案調査分室を運営していた2年生。
理知的で冷静、頭が良すぎて浮いてしまうタイプながらも、人当たりは礼儀正しく丁寧。
が、気軽に人を寄せ付けない孤高の雰囲気を持っている。
頭が良すぎて天然だったり少しお茶目な一面もあるのだが、気を許すまでなかなか素は出してくれない。
目的のためには多少強引な手段もとる過激で苛烈な一面がある。
学園長に押し付けられた形になった主人公たち二人には全く興味がないようなそぶりを見せていたが、
だんだんと打ち解けていっている。
学園内で行方不明になった大切な友人、花立睦月を捜すために学園にやってきたのだが、
学園側にはそれを秘密にしている。

「冗談に聞こえませんでしたが、どうでもいいことなので放置します」

【香りを掌る名家のパフュームソーサレス】
●アーデルハイト・リッター・フォン・ヴァインベルガー (CV:白月かなめ)
魔術の名門の家の若き女当主。いわゆる「香り」や「薬草」を使う魔術の家で、
表向きは老舗の香水メーカーを経営している。
彼女の祖母が学園の創立者クラール・ラズリットに贈ったとある魔術道具の中に、
祖母の思い出の品が残っていたらしく、その品を返してもらうために執事のルイと共に学園にやってくる。
正義感が強く行動力があり、あらゆる事柄の不正・ズル・不誠実なことが許せない気高くて高潔な性格。
極度の負けず嫌いな性格が災いし、犬猿の仲の執事との口論では自分が不利になっても止めることが出来ず、
墓穴を掘った末にいつも涙目になるまで言い負かされている。

「興味はあるのでしょう? 私が夜の世界の秘密を解き明かすから、手を貸しなさい」

【無口な毒舌執事】
●ルイ (CV:有村祥)
アーデルハイトと常に行動を共にする執事。
代々本家に仕えることを生業とするヴァインベルガーの分家出身で、アーデルハイトとは従兄妹の関係。
普段は無口で佇んでいるが、基本的にアーデルハイトと仲が悪く時折舌打ちしている。
口がよく回り、発言を許されるとマシンガントークで毒を吐く。
アーデルハイトのことは名前で呼ばず、「フラウ」(ドイツ語でお嬢様・ご主人様の意)と呼ぶ。

「お前が思慮の浅い事を言うからだ。……で、ございます」

【学園全てを取り仕切るちっちゃな学園長】
●九折坂 二人 (CV:小倉結衣)
天秤瑠璃学園の学園長の椅子に座る小さな女の子だが年齢は不詳。通称「学園長」。
常に飄々としていながら喜怒哀楽は激しく、おおげさにわざとらしく演劇めいた言動をする、
何を考えているのかよくわからないピエロ的な性格。
笑い上戸で、大して面白くもないことでもすぐに大笑いする。
ただの小さな女の子に見えて、いろいろな事業をして学園の資金を作っていたり、
夜の世界では自ら教鞭を取ったりもしている。
早朝も深夜も常に活動していて、一体いつ睡眠をとっているのか謎めいている。
勘のいい鍔姫や、挙動から違和感を見出せる憂緒ですらも、彼女が本心では何を考えているかはわからない。

「いやあ、本当に良いチームになったものだよ!!
  特に鹿ケ谷さんと久我君の連携は素晴らしいものだった!」

【体力ゼロのへっぽこ泣き虫風紀委員長】
●聖護院 百花 (CV:涼屋スイ)
泣き虫ちびっこでひ弱そうな見た目だが、実は風紀委員をまとめあげる風紀委員長で最上級生。
これまでは風紀委員室の奥でねっころがりつつ風紀委員たちを見守っていたのだが、
現場責任者の鍔姫・相方の静春が立て続けに風紀委員から抜けたため、
ようやく重い腰をあげて表に出てくる。
運動音痴で非力、体力もなく荒事は苦手だが、人を使うのが上手く司令塔としての才能を持っている。
鍔姫と静春からは尊敬されている。
風紀委員長という立場もあり、時計塔の魔術やスケープゴートのことなども全て承知している。

「ももはこう見えても、ふーき委員長なのでお役にたつんだからー……あうっ!?」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007776
ファイル名/ファイル容量
総計 1.46GB
VJ007776.part1.exe / 762.94MB
VJ007776.part2.rar / 728.62MB
CPU
Pentium4 1.3GHz以上 / Pentium4 2.0GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上 (Vista/7/8は 1GB以上 / 2GB以上)
VIDEO
VRAM 256MB以上 (Aeroモード使用時には 384MB以上)
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005598D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005598D)

時計仕掛けのレイライン ─残影の夜が明ける時─の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「時計仕掛けのレイライン ─残影の夜が明ける時─」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件