美少女ゲーム > スタッフィング > 催眠遊戯

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■ストーリー
「お前のマジック、見飽きたんだけど」

クラスメイトにそう言われてしまった主人公・浦河柳は焦った。
背は低く顔は冴えなく運動も勉強も見事に平均やや下の彼が、
唯一みんなを楽しませることができるネタ、それが得意のコインマジックだったのに。
それが、飽きたと言われてしまっては!
クラスのみんなが集まる二ヵ月後のクリスマスパーティーには、新しいネタを披露しなければ!

そして柳は心を決める。みんなを楽しませるために、新たな技を身につけなければならない。
それが「催眠術」。
一人で出来るコインマジックと違い、催眠術の習得には練習相手がなくてはならない。
柳は目星をつけた。

知的な美少女、日高舞夜。
美女担任教師、鵡川流衣。
明るい人気者、静内蛍火

柳なんかの相手をしてくれそうになく、催眠術なんて怪しげなものに関わりそうもない相手。
でも、だからこそ、ステージに共に立ってくれる相手として、ふさわしい!

柳は彼女たちに、練習相手になってくれるように口説く。
そして、了承してくれた彼女たちを、催眠状態へと誘導していく。

――最初のうちは、練習だけのつもりだった。
しかし……深く、より深く催眠状態に引きずり込み、自分の言う通りにポーズを取り、
泣き笑いし、動物に変わってしまう美少女たちを見ていると、
危険な思いが、妖しい欲望が、抑えられずに湧いてくる。
さえない僕が、他の方法で、こんな可愛い子と仲良くなることが出来るだろうか?
相手の心を手に入れる――そういうマジックがあってもいいんじゃないか?
マジシャンの血がうずく。

さあさ皆さんご覧あれ。ワン、ツー、スリーでこれらの美少女、私の奴隷に早変わり!

他人を操る魔力にとりつかれてゆく柳と、その餌食になる女の子たちは、どこまで淫らに堕ちてゆくのか?

■登場キャラクター
●日高 舞夜 (CV:片倉ひな)
背の高い、知的な美少女。
図書委員。
しかし穏やかな文学少女とは真逆で、気が強く戦闘的。
有効活用できない知識は意味はないと言い放ち、図書室を自分の城として君臨している。
知識豊富、好奇心旺盛で、こちらのもくろみを読んでどんどん先回りしてくる。

「彼氏? そうね、興味ないでもないけれど、ここにある本より面白いこと教えてくれる人、
  まだ出会ったことなくてね。 あなたはどう? 私の期待に応えてくれるのかしら?」

●鵡川 流衣 (CV:汐見凛)
生真面目な先生。
他キャラたちの担任。
外国人とのクォーターで、外見は学園最高だし、
教え子を気にかけよき教師であろうと心がけてはいるのだが、
どうにも堅物で生真面目で融通がきかなくて、
しかも面白味がないので、残念ながら人気はない。

「校内で恋愛をするなとは言いませんが、節度をわきまえなさい。」

●静内 蛍火 (CV:ヒマリ)
元気な女の子。
友達とつるんでふざけ、遊び、学生生活を謳歌している。
あまり頭はよくないが、何をするにしても率先して動くので、
グループのリーダーとして振る舞っている。

「へー、面白そうじゃん! よーっし、みんな、これやってみようよ、ね、
  ほら、そんなこと言わない、面白いよきっと! ねねね、ほらほら、さあレッツゴー!」

●豊郷 沙流 (CV:青空ラムネ)
遊びなれた子。
ノリ優先、でもわりと冷静。

「あーはいはい、まーいいんじゃね、楽しけりゃさ?」

●富川 紫雲 (CV:東かりん)
見た目はお嬢様っぽいが中身はいい加減、かつ毒舌。

「難しいことわかんない。とりあえずウザい。説教しないでくれる?死ねばいいと思うんだけど」

●田浦 汐見 (CV:三十三七)
ぽっちゃり気味の、グループ内のなごませ役。

「はいはい、疲れた時はごはんですよ~、
  おいしいご飯でみんな満腹、世界は平和になるんです~」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007774
ファイル名/ファイル容量
総計 1.63GB
VJ007774.part1.exe / 762.94MB
VJ007774.part2.rar / 762.94MB
VJ007774.part3.rar / 148.2MB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 700MHz以上
メモリ
256MB以上 (Vista以上は 512MB以上) / 512MB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0005673D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005673D)

催眠遊戯の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「催眠遊戯」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 5件

おすすめ!催眠エロゲの中で一番いい!

2017年12月27日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

一般的な催眠モノだと催眠術をかけてからすぐにエッチシーンになります。
ですが、この作品では丁寧にかけていくのでリアリティがありました。丁寧というのは、信頼関係を築いていき、徐々にエッチな暗示をかけていくということです。
ですので、エッチシーンまで時間がかかります。それでも、かかってからがとてもエロいので抜けますよ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!個人的に最高の催眠エロゲ

2016年02月04日  

このレビューは参考になった×0人

催眠ジャンルでトップクラスで作りが丁寧です。

イラストが文句なしに良いです。ボイスもマッチしています。
どのヒロインもお気に入りですが、日高舞夜がシーンのシチュや性格を含め、イチ押しです。

ストーリーは、催眠をかけるまでの動機付けがあり、催眠導入後徐々に主人公とヒロインの関係性が発展していくので、説得力と没入感があります。
他の催眠系エロゲだとプレイヤーの神視点を共有したかのような、油断しきった直接的なエロ行動が目立ちますが、
こちらの主人公は失敗時のリスクを考え比較的慎重な行動をとります。それによってリアリティが加わり、催眠シチュの魅力を十二分に引き出していました。

また、不特定多数の面前や人が来そうな場所でヒロインを辱める展開がないのが非常にグッドでした。
自己の欲望を満たすことが目的だけど保身もヒロインも大事にする、「優しくて小心な卑怯者」の姿勢は大大大好物です。

あえて不満点を出すとしても、蛍火の友人3人とのエロももっと見たかったことやハーレム的なルートをもう少し作りこんで欲しかったかなという点くらいです。
しかしこの不満は、「フルコース料理を食べた後美味しかったからもっと食べたい」と思うような前向きな不満であり、マイナスに感じていません。

一度クリアしても定期的に起動して使いたくなる稀有な作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

マジックショー

2015年05月25日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

邪まな考えや復讐目的ではなく、新たに披露するマジックとして催眠術を習得するという理由が普通の催眠モノと違う始まりで面白さがあります。
腕を研く過程で如何にもな催眠術のついでに女子を美味しくいただくのを繰り返し過激になていく催眠プレイが楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!最高の催眠モノ!!

2015年04月24日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

このゲームはHシーンよりも催眠をかけていく事に重きをおいています。そのため催眠をかけていく過程をしっかりと楽しむことができ催眠好きにはもってこいな作品だと思います。
また、絵も綺麗でストーリーも良くできていました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

主人公の催眠への情熱に脱帽

2014年10月15日  

このレビューは参考になった×1人

小柄でふくよかで女子に縁がない主人公「柳」は
どこか自分と似ていて放っておけない存在でした

催眠で女の子を好き勝手させる作品はたくさんありますが
催眠の手法や注意する点そして主人公の心の葛藤の描写を
描いたエロゲはこの作品が一番だと思います
決してエンディングまで長くはないですが
内容が濃く最後まで堪能できるようになっているのでないでしょうか

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]