({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

注意:(VJ004806)「林間島」と内容の重複があります。

島民総出でヒロインを輪姦調教するADV――林間島が、お得なディレクターチョイス版となって再登場!
昨日まで親しくしていた島民が、学友が、凌辱者となって自らを襲う。
昼日中の商店街で、夜中に就寝中の自室で、心も体もぼろぼろに犯された先に、
七海は何を見出すのか――!?

■ストーリー
何かが、おかしい――。

本土から船で2時間の小島。
母子家庭に育ちながら母を亡くした結城七海は、伯父である晴彦に引き取られ、その島へとやってくる。
晴彦の家は島では“本家”と呼ばれ、七海もまた“お嬢様”として島民たちに受け入れられた。

しかし近頃になって、妙な視線を感じる。
まとわりつくような、粘り付くような視線が肌を撫でる。
考えすぎかと思ってたが、それは決して気のせいではなかったようだ。

ある夜、晴彦に呼び出された七海は、祭りに使う巫女装束を着させられた。
信頼を寄せる伯父の言葉に素直に従う七海。
だが次の瞬間、七海は晴彦に組み伏せられていた。

恐怖よりも驚愕に、七海は悲鳴を上げる。その七海をいつの間にか、島民たちが取り囲んでいた。
助けを求めようとした時、七海は気が付いた。自分を見つめる、島民たちのその視線。
ここしばらく自分を悩ませていた視線の主が、島のどこにでもいる島民たちだったということに。

だがそれこそが悪夢の始まりであることに、七海はまだ気付いていなかった……。

作品情報/動作環境

ファイル容量
918.23MB
CPU
Pentium 266MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0005767D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「林間島 ~淫欲の神楽・表~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件