美少女ゲーム > ソフトハウスキャラ > BUNNYBLACK 3

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
魔王を娶り、自身が魔王となった冒険者ダークス。
そして魔王として働いていた所に、魔界よりやってきた観察者マクドゥ。

マクドゥにより能力不足と判断された魔王ダークスは、
魔王としての能力を証明する為に街作りを命じられた。

それは容易な事ではなく、苦難の道であるのだが、支えてくれる妻達(いっぱいいる)、
娘達(いっぱいいる)、女の子達(かなりいる)の手助け、
そして彼女達の為にと思うダークスの強い心で、突破していこうとしていた!

だが、それを嘲笑うかのうように襲撃してくる抵抗勢力。そして裏で動き出す天界の陰謀。
魔王ダークスは、それらの妨害を退けながら、街を発展させていく事が出来るのだろうか!

■ゲーム概要
プレイヤーは魔王ダークスとなり、街を発展させながら少しだけ迷宮を管理する。
しかし、それらには資金、資源、食料が必要となる。
だが、一番必要なのは住民の数!

住民の数はそう簡単には増えない。
街を魅力的にしつつ、周辺地域へ行き、説得して来て貰うしかないのだが、
魔族の連中はそう簡単には説得に応じてくれない。
そこで力を見せ付け、説得に応じて貰う。

つまりは戦い、勝利し、住民となって貰う。ついでに資金、資源、食料も確保する。
山賊? 盗賊? いやいや、魔王軍です!

●真の魔王と認められる為に街を作れ!
街作りの大事な要素、住民、食料、資金、資源、
これらをバランスよく入手、生産できるようにするのが街作りのキモ!

資源を確保して、施設を建設!住居を作り、住民を受け入れろ!
住民が増えれば、食料が多く減る!畑や果樹園で食べ物を確保!

●3Dダンジョンの迷宮を探索せよ!
街作りに足りない資源や食料などは迷宮でGET!
敵を倒して住民もどんどん増やそう!

次々と現れる強力なボス達!
抵抗する敵には力で対抗せよ!

●頼れる仲間達!
街の発展によって続々と増える仲間ユニット!
共に迷宮探索に行くも良し!
街の役職に就けて発展の助けにするも良し!
レベルを上げてスキル習得!ステータスを伸ばす事も可能!
今作の仲間は全て固有ユニット!敗北しても数ターンで復活する!安心!

●他にもあるぞ!いろいろなシステム!
・今作にもある格システム!
※ユニットには格という数値があり、主人公の格ポイントの内で自由にパーティ編成を行います。

・スペシャルギュンギュスカー!
冒険を助けるスペシャルギュンギュスカーポイント(SGP)は
配置編成で使用しなかった主人公の余り格!
格ギリギリまで強力なパーティを編成するか、
SGP目当てで控えめなパーティにするか!悩ましい!

・ダンジョンマップを一定踏破する事でも獲得するコイン!
迷宮探索の助けになる!

・ダークスが管理する迷宮も登場!
その名もダークス宮!
冒険者を迎撃せよ!!

■登場キャラクター
●ダークス(主人公)
魔王の森と呼ばれる迷宮群で構成されるフォーゼロッテ宮の魔王。
元は冒険者であったが、魔王であるフォーゼロッテと結婚し、魔王に就任した。
その後、天界の侵攻を退け、名実ともに魔王となった筈だったが、
マクドゥによってそれを否定され、街を作る事になった。
最近では魔力の操作を自在に行えるようになり、
触手の塊であるが自身の分身体を作る事に成功した。成功してしまった。

●ソフィア (CV:羽高なる)
ギュンギュスカー商会から派遣されたダークスのサポート役。
一般業務をこなし、幹部候補生として初の仕事。
ギュンギュスカー商会の者だが、少しドジッ娘。
街作り、発展に関しての相談役として活躍する……予定。

●フォーゼロッテ (CV:大波こなみ)
元魔王なダークスの奥さん。
自動的に周囲の魔力を集めてしまう能力の為、他者と関われず、
また決められた場所以外に動く事も出来ない。
しかし、ダークスやその子には触れる事が出来るので、最近はご満悦。
さらに最近、開発した魔法で小さい自分を作り、外部へと出かける事が可能になった。

●コゼロット (CV:篠原ゆみ)
ダークスとフォーゼロッテの娘。
フォーゼロッテ学園の高等部生徒会長。
文武両道の優秀さを見せるが、致命的なまでにファザコンである。

●マリーアリス (CV:桜川未央)
天界兵だったが、ダークスによって寝返り。
現在は魔王ダークスの親衛隊隊長を勤めている。
殴る前に考えるより、殴ってから考えるようになりつつある。

●ラキア (CV:海原エレナ)
フォーゼロッテ宮の商売人。
ギュンギュスカー商会支店長。
色々制約があって自由に動けないが、親ダークス派としてマクドゥの行動を掣肘し、
裏で色々と頑張る。

●パニバーナ (CV:芹園みや)
天蓋の城の三領主の一人であったがダークスに敗れ、ダークス配下に。
現在は迷宮長(幹部)の一人となり、フォーゼロッテ宮の王宮警備担当。

●マクドゥ (CV:御苑生メイ)
ギュンギュスカー商会のベテラン幹部にして、魔界からやってきた観察者。
監察でも、視察でもなく、観察するのが仕事。
ダークスの元に来る際にトラブルに遭遇し、ダークスを毛嫌いする。
評価は公平と言っているが、どうみても不公平。

●ミアルテ (CV:新堂真弓)
天界の光神族。
外見とは裏腹に、超絶タカ派。
天界と魔界の住人が混在するフォーゼロッテ宮の存在を嫌悪し、ダークス暗殺を企むのだが……
なかなか上手くいかないので困っている。

●ルーアルテ (CV:小倉結衣)
ミアルテの妹。
ミアルテに認めて貰おうと、色々と先走る。
先走って、色々と困る。

●キュリハ (CV:藤邑鈴香)
天界の樹神族。
天界の中では革新的な思考を持っており、周囲からは少し浮いた存在になっている。
天界と魔界の住人が混在するフォーゼロッテ宮の存在に、天界魔界の未来を見て期待している。
ミアルテ、スイセンとは小さい時からの友人。

●スイセン (CV:桃井いちご)
天界の商人。
ギュンギュスカー商会の天界版であるアンゼルム商会の幹部。
商売第一で、天界も魔界も気にしない。
ダークスの元には販路を築きにやってきた。

●ファレン (CV:藤邑鈴香)
レッドバード種族。
非統治エリアの魔族勢力のリーダーの一人。
四大勢力の一角。
面倒見の良さから、周囲の勢力から頼りにされる。

●タマガ (CV:渋谷ひめ)
ティーグレ種族。
非統治エリアの魔族勢力のリーダーの一人。
少数の勢力だが、それを感じさせない武力で四大勢力の一角に。
武人肌。

●ロッタ (CV:萌花ちょこ)
タートルランナー種族。
非統治エリアの魔族勢力のリーダーの一人。
四大勢力の一角。
本人が少し頼り無い分、周囲が盛り上げてなんとかしている。

●アオ (CV:桃也みなみ)
ブラウ種族。
非統治エリアの魔族勢力のリーダーの一人。
四大勢力の一角。非統治エリアでは最大の勢力を誇る。
周囲の勢力に対し攻撃的だった為、それなりに恐れられている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007715
ファイル名/ファイル容量
総計 2.18GB
VJ007715.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007715.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007715.part3.rar / 702.48MB (736603302Byte)
CPU
Pentium4 1.2GHz以上 / デュアルコアCPU 1.8GHz以上
メモリ
512MB以上 / 2GB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 512MB以上 (DirectX 9.0c以上に対応したグラフィックカード)
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0007398D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0007398D)

BUNNYBLACK 3の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「BUNNYBLACK 3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件