美少女ゲーム > エウシュリー > 魔導巧殻 ~闇の月女神は導国で詠う~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

物語はエウシュリーの世界設定『ディル=リフィーナ』の
戦女神シリーズなどで登場する『メルキア帝国』が舞台となります。
機械技術の『魔導』を発展させることで成長した同国において、
指揮官の一人である主人公・ヴァイスハイトが元帥への昇格や全国統一を目指す
国盗りタイプの『戦略型シミュレーションゲーム』です。

■ストーリー
ラウルバーシュ大陸中原において五大国の一つとも称される強国、メルキア帝国。

メルキア東・センタクス領は現在、宿敵ユン・ガソル連合国の猛攻に晒されていた。
皇帝の下、国内が有能な四人の武将『四元帥』と共に統治される中、
東領の元帥が戦死した報せを受けたメルキア皇帝は激怒し、
凄惨な戦場と化したセンタクス領へ増援を送る。

そこには南領の一将軍に過ぎない、主人公『ヴァイスハイト・ツェリンダー』が派遣されていた。

■システム
本作は拠点を攻め取り、全国統一することが目的です。
相手の拠点を手に入れていく中で同盟を組んだり、戦いの結果国を攻め滅ぼしたり、
配下に加えていくことで、メルキア帝国が拡大、目的に近づいていきます。

●戦略操作について
本作の大きな特徴に『国作り・街作り』があり、100の拠点それぞれには
戦術(戦闘)と街作りが一体化した『拠点マップ』が設けられています。
そして資材や資金を投じて自由に建物や軍事拠点を建設や取り壊しができ、
敵国に隣接する領地では城壁を作ったり、鉱脈があると噂される土地では
鉱山施設を設けることで資源の増加を狙ったりと効率を考えた国の繁栄が目指せます。
その他、武将スカウトするためのもの、娼婦とエッチしたいがために建てる娼館、
罠や射撃施設で敵の侵略に自動反撃できるものなど様々です。

各拠点には特産物や種族といった特徴もあるので、資源がなければ作れないものも多く存在します。
通常は貿易でよって賄えつつも、物欲のために戦争を仕掛けることもできます。
セミフリーシナリオシステムなので宣戦布告は自由にできます。

また、建物自体が国家運営に役立つコマンド・ボタンの役割を持つので、
軍備の変更や研究の実行、特産物の仕入れといった選択肢を自ら配置した建物を押すことで実行できます。
逆に興味のない実行コマンドは関連した建物を作らなければ良いなど、
ユーザーそれぞれにあったインターフェイスにカスタマイズ可能です。

ここではターン性なので資本がある限り、街作りや軍備を整えることができます。

●戦闘について
戦闘時、配置した町並みのまま戦いとなるので、築き上げた街を破壊しながら蹂躙したり、
逆に破壊を防ぐために軍隊を前面に出して守りきるか、
篭城して時間を稼ぐかといった本格的な戦い方が体験できます。
被害を少なく占領すれば建物は自国のものにできるので、
敵がわざと自国の建物を破壊して撤退することもあるかもしれません。

戦闘システムはRTS(リアルタイムストラテジー)をベースにして、
部隊に移動と攻撃方針を与えてマップ内を戦います。
基本は『移動』『陣形』『作戦』だけでよく、テクニックとして計略発動があります。
適度な広さと最大3部隊のみをドラッグ操作するだけで、リアル操作系に慣れていない人でも
有利な部隊を相手にぶつけてしまえばよい遊びやすさからプレイできます。
さらに控えの部隊(最大7部隊)と交代しながら敵部隊や敵施設を消耗させていきます。
時間切れによって籠城が成功するので、
防壁や罠設備の配置といった事前の街づくりも重要な戦略操作となります。

●魔導巧殻について
メルキア帝国には4体の魔導巧殻という小さな人型兵器を保有しており、
四元帥に1体ずつ配備されています。
主人公が魔導巧殻『アル』を手に入れるようになれば、
彼女だけ主人公や武将と異なり体のパーツ交換や衣装の換装によって
『魔法型』『兵器型』とそれぞれの近接・汎用・長距離に特化できます。
だだし、物語上重要な兵器なので破壊されるとゲームオーバーになってしまいます。

●ゲームの操作について
戦闘ではRTSを採用していますが、操作は美少女ゲームに慣れ親しんだ
マウス操作の感覚のアドベンチャーパートが進行して、
そのままリアルタイム戦闘の操作が楽しめる設計となっています。
部隊を選択→移動したい場所をクリックをするだけの基本操作となり、
複数部隊の選択や向きを変えずに後退といった中級以上の戦術操作を望まれる
ゲーマータイプの方にはショートカット機能を揃えています。
街作りに関しても好みに建物を配置してしたり、
お任せでも都市計画が進むようにプレイスタイルに合わせています。

■登場キャラクター
【メルキア帝国軍千騎長】
●ヴァイスハイト・ツェリンダー (CV:四季路)
後継人である宰相オルファンの元で軍を率いていた将軍。
敵国に奪われた東センタクス領を奪還するため出兵する。
軍人らしい誠実さと強さ、そして人当たりの良さ(特に女性を含む)という、
一見背反したような性質を併せ持つ。
前皇帝と使用人の間に生まれた庶子という血筋により、逆境こそが人を強くするという人生訓を有する。

「兵器か、魔法か……どちらが強いのか、試してみたいとは思わないか」

【ツェリンダー将軍の副官】
●リセル・ルルソン (CV:北見六花)
宰相オルファンの一人娘で、類い希なる才能『完全記憶能力』をもって
同年齢であるヴァイスハイトに副官として付き従い、苦難を共にする。
見聞きしたことを決して忘れない記憶力が、幼い頃に亡くした母との記憶を残し続け、
過去には心を閉ざしたこともあったが、ヴァイスハイトの気さくな性格に救われた。
そのため一生をヴァイスハイトと共に歩むと心に決めている。

「あなたの声は、いつも私を満たしてくれる」

【魔導巧殻】
●アル (CV:篠崎双葉)
身長約70センチの機械人形、『魔導攻殻』と呼ばれる一体。
感情が希薄で、常に論理的に考えて行動する。
ディル=リフィーナに存在する四つの月の内、『闇の月』を司る月女神アルタヌーの名前と、力を宿している。
とある経緯によってヴァイスハイトの傍で過ごすことになり、
彼の人格に対して興味を覚えて行動や考えなどを学習していく。

「お尋ねします。悲しいとは、どのような状態を示す言葉ですか」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007554
ファイル名/ファイル容量
総計 6.64GB
VJ007554.part01.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007554.part02.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007554.part03.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007554.part04.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007554.part05.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007554.part06.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007554.part07.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007554.part08.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007554.part09.rar / 700.12MB (734134117Byte)
CPU
Core 2 Duo 2GHz以上
メモリ
2GB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 256MB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
その他
モニタ解像度が1280*720ドット未満ではプレイできません
ソフ倫受理番号
受理番号0007205D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0007205D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔導巧殻 ~闇の月女神は導国で詠う~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ファンタジー(2)

国の未来を切り開くのはあなた

2016年07月04日  

このレビューは参考になった×0人

ある事件を機に国の変革に迫られ、国の核として魔導兵器を選ぶか、新たに魔法の研究に乗り出すかの分岐点に直面し、主人公はその時代の渦に飲み込まれていきます。ルートは3つに分岐し、選択によって個別のエンディングも変化します。魂を吹き込まれた人形、魔導巧殻たちとの触れ合いを通してこれまでの国のあり方を知り、どのように国を変革していくか、プレイヤーの選択次第で決まります。
ゲーム性としては、まずまずといった感じでした。手に入れた土地を開発して、魔物配合の施設や魔法・兵器開発施設、罠の設置、環境改善等をしたり、依頼をこなしたりしながら、都市を侵略していきます。合戦時は3つの部隊をリアルタイムで動かして勝利条件を満たすようにします。個別にスキルを所持していて、陣形も異なります。基本的に属国にした国の女性たちは、娼館に送るか、仲間として受け入れるか、のいずれかで、どちらを選んでもメリットがあります。
娼館送りにすると調教系、仲間にすると男女関係に発展します。
感想としては、合戦パートは戦略的というよりは、スキルを使ってのごり押しなので、魔物配合やイベント、建築等がメインの楽しみだったと感じます。幼馴染キャラがとてもよかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!兵器か魔法か、歴史を紐解け!

2015年09月25日  

このレビューは参考になった×1人

今回は少し時系列を遡り、エウシュリーのゲームでも御馴染みの魔導鎧や魔導戦艦を作った本家本元のメルキアが舞台となっています。

主人公は皇帝と妾の間に生まれたヴァイスハイト。飄々としていながらも心には野心を秘めた彼は帝国の危機に乗じて一気に四元帥の1人へと躍り出ます。そんな彼を手助けするようにメルキアは大きな動乱へと巻き込まれ、その中でヴァイスハイトは帝国の行く末を占う大きな決断を迫られるのですが……!?

システムは三国志ゲーなどで御馴染みのリアルタイムシミュレーション。複数の部隊を同時に操作して拠点を攻略したり敵を殲滅したり。最大で動かせる部隊は3つまでなので、この手のゲームに慣れ親しんだ人からしたら物足りないかもしれません。
そしてシムシティーさながらに制圧した地域に建物を建設する事で、その土地特有の素材を集めて部隊に配備する武器や魔導巧殻のパーツを作っていきます。しかも作った街はそのまま戦場にもなるので、敵の足止めや被害を与える為の罠や迎撃装置も欠かせません。

エッチシーンの要素は、ヴァイスハイトが女好きな性格なのもあって普通にラブラブするのもあれば、戦力増強の為に相手を陵辱がてら洗脳したりとバリエーション豊かになっています。輪姦に触手、果ては娼館に放り込むといった行為も割りと平気でやってのける辺り、冷徹さも併せ持った男なのかもです。

メルキアが求めた力は魔導戦艦に代表される魔導技術。しかしその歴史は本当に正しい物だったのか?それを知るのは貴方の役目です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]