美少女ゲーム > LilacSoft > 秋風ぱーそなる +俺と僕と彼女の○○+

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 LilacSoftフォローする
販売日 2013年02月22日
シナリオ きーたん
イラスト ゆきねこ / その吉。
声優 小倉結衣 / 桃也みなみ / 七生みこと / 鈴谷まや / ひうらまさこ / 霧島はるな / 羽高なる / 柊唯也 / きせとしみち
音楽 大久保潤
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 幼馴染みと萌ゆる秋!学園ドタバタADV
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■ストーリー■□■
——初秋。ここは、商売が盛んな街である伊佐木市。
商店街で酒屋を営む両親を持つ松尾秀人。
彼は五年前から特殊な二重人格の症例を抱えている。

互いを認識し、見ている情報も“一部例外”を除き共有できるばかりか、
好きに入れ替わることもできるという例のない症状。

そんな二重人格の影響か!?
物事やら思い出を超忘れやすいのがやや難点。
今日も、別人格である「シュウト」の小言を聞きながら、

★そっけない妹とか、
☆幼馴染の金持ち庶民派お嬢さまとか、
★元金持ちの凄腕残念執事とか
☆自称親友のミスターツッコミとか、
★ドン引きするほどノリのいい後輩に、
☆姉を心配しすぎてつっかかる後輩と、

自身の不幸な境遇も追い風に、周りを巻き込んで楽しく日々を送っていた。

そして、五年ぶりに帰って来た幼馴染、
七海との再会は、またまた一騒動が増えそうな予感。

みなそれぞれに抱える想いが交錯する中、さらに騒がしい二学期が始まるのだった。

■□■登場キャラクター■□■
【本作主人公】
●松尾 秀人
5年前以降のことは覚えてないが明るくノリがいい。
ちょっとエロく、デリカシーも少々足りない。
ケンカは弱い、運動があまりできないと思い込んでいる。
酒屋を経営する両親と妹との4人暮らし。七海、友也、香織、光輝と幼馴染み。
しかし、香織となぜか後輩の亜弥から冷たい仕打ちを受けている。
亜弥の姉の紫苑とはカウンセラーと患者の関係。
二重人格で別人格『シュウト』を抱えている。
解離性同一性障害とは違い、二つの人格が個として共生している珍しいケース。
シュウトをいつから抱えていたのかを覚えてない。
秀人が表に出ている時は、瞳の色が黄色。その色を隠すためメガネをいつも着用している。

「そりゃもう、素直が取り柄ですから!」

【主人公、もう一つの人格】
●シュウト
大人しく達観した考えを持ち、ケンカにおいてもかなりの強さを誇る。
シュウトは七海を守るために生まれた人格と秀人は思っている。
シュウトには強制権限があり、秀人を強制的に眠らせる事が出来る。
秀人が出ている時、シュウトが寝ていればシュウトの記憶には残らない。
反対に、起きていればしっかりと残っている。
シュウトが表に出た時、脳内の働きが変わる影響で瞳が元に戻る。

「お前は人様に迷惑をかけすぎだ」

●塚本 七海 (CV:小倉結衣)
二学期から伊佐木学園に編入してきた秀人の幼馴染み。
前の学園では寮生活だったため、秀人とは5年ぶりの再会となる。
大人しいが、明るく、そして天然。素晴らしいうっかり&ドジっ娘さん。
たまにありえない忘れ物をするが、実家の書店を手伝うなど
しっかり者な面もあり、頭はいいのだが……
どうも親友の香織とは、ちょっとギクシャクしているらしい。

「あなたとの約束を果たしに戻ってきました」

●志摩 聖歌 (CV:桃也みなみ)
秀人の後輩で、おバカさんだが、ノリがよく、秀人とは波長が合う。
亜弥の親友だが、今は主人公の妹の紅葉と仲を深めている様子。
聖歌いわく、紅葉は妹同然らしい。
何でも前向き。どんな時でもドンドン前進。
秀人がたまに引くほどに、下ネタへも食いついてくる。
誰かのために何かをしたい、そんな願望が強い。

「先輩、先輩。それは紅葉ちゃんじゃなくてもドン引きです」

●高橋 香織 (CV:七生みこと)
大財閥のお嬢様であるが、偉そうな態度はなく、
逆にお嬢様か?と疑いたくなるほどの性格。
秀人とは幼馴染だが、腐れ縁と言い張ってケンカ腰になる。
執事の光輝とは古い付き合いだが、ケンカが絶えない。
一人より大勢を好み、寂しがり屋だったりする一面も・・・。
最近どうもBLに目覚めた、らしい。

「贅沢はダメよ。倹約でいかなきゃ」

●斉藤 亜弥(CV:鈴谷まや)
聖歌の親友で身体能力が高く、運動全般が得意。
紫苑の妹でスタイルの良さは遺伝と言われる。
なかなか素直になれない、初々しい性格で下ネタに弱い。
姉や友達想いのかなりいい子だが、
姉にデレっとする秀人に対しては強く当たってしまう。

「人の姉に欲情しないでよ、変態」

●斉藤 紫苑 (CV:ひうらまさこ)
亜弥の姉。人をからかうのが好き。お姉さん気質。
面白いのは好きだが、面白がられるのは嫌い、妹想いである。
伊佐木学園のカウンセラーで患者の秀人とは1年前からの付き合い。
シュウトと秀人の共生人格に強い興味を抱いていて、他の生徒より気にかけている。
実は秀人なら妹を任せてもいいと思っている。

「ケンカはダメだよ。二人とも」

●松尾 紅葉 (CV:霧島はるな)
秀人の実妹だが、とてもそっけない。
昔は素直で明るく耳年増だったらしいが、想像できない。
シュウトにはそういう面を出しているらしいが、秀人はその事実を知らない。
休日は聖歌とよく一緒に遊んでいる。

「兄貴は遅刻が多いから」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007548
ファイル名/ファイル容量
総計 1.86GB
VJ007548.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007548.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007548.part3.rar / 375.94MB (394200860Byte)
CPU
Pentium4 1.3GHz以上 / Pentium4 2.4GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
必要解像度
1024*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0005546D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005546D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「秋風ぱーそなる +俺と僕と彼女の○○+」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件