({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■ストーリー
とある事情。
とはいっても、それがどういう事情によるものなのかは、俺にも説明不可能なんだけど……。
とにかく俺は4人の女の子達と人里離れた場所で長い春休みを過ごすことになってしまった。

どれだけ人里離れているかというと、まずコンビニなんかは当然ない。
携帯だってないし、やけに性能のいいノートパソコンは山のようにあるけど、ネット環境はない。
そこにあるのは、温泉宿みたいな大きな寮舎と、廃校寸前っぽい校舎。
休み中の田んぼと、実った冬野菜が並ぶ畑。
遠くに見えるのは雪を頂いた青い山脈と、綺麗に澄んだ海。
……そして、空の果てまで続く、見たことのないほど高い、用途不明の煙突。

ファンタジックな出来事も、SFちっくな出来事も、ミステリーみたいな出来事もなく、
それなりにいろいろありながらも俺は4人の女の子と平穏な毎日を過ごしていたつもりだったが、
それは大きな間違いだった。

女の子の1人。無茶なことをしがちな静夏が、唐突に言ったのだ。

「ここをこの男のハーレムにするわ!」

ハーレムって言ったら、あの……その……。ええええっ?!
いったいハーレムが何を意味するのか、俺は服を脱ぎ始めた静夏に教えられることになって……。

■登場キャラクター
●和葉 静夏 (CV:竹岡美柳)
お嬢様口調の女の子。
気が強くて押しの強いリーダー気質な性格。
我が強いせいでとっつきづらい性格にも見えてしまうが、実は誰よりも他人のことを気遣っている。
いろいろ考えてから行動するのだが、タイミングが唐突なため
突飛で周囲からズレていると思われることも多い。
食べることが大好きで、食事の時間はいつも幸せ。
嫌いなものは何もなく、マズい料理からも幸せポイントを探し出して楽しむ。

●仁燈 春海 (CV:芹園みや)
生真面目な委員長タイプの女の子。
みんなに規律ある生活をさせようと奮闘する。
炊事を担当し少ない食材でがんばっている。
植物について博学なため、畑から野菜を取ってくるだけでなく、
しばしば山に出向いて山菜を調達することも。
みんなのまとめ役を積極的に引き受ける一方で、
みんなには絶対に言えない欲求を抱え込んで苦しんでいる。

●未木 秋桜 (CV:かわしまりの)
一人称が『ボク』の女の子。
孤独を愛するさわやかな性格。しかし内面は乙女で寂しがり屋。
他人に左右されたくない、と思う一方、放っておかれるのも嫌い。
釣りが大好き。釣竿を持って海に行き獲物を釣るのが日課で、
動物性たんぱく質が不足がちな、みんなの食生活の改善に燃えている。
読書も大好きで、今は校舎の図書室にあったホームズシリーズを熱心に読んでいる。

●士蓮 冬音 (CV:青葉りんご)
いつもくだらない冗談ばかり言っている女の子。
何事にも動じない性格。
弱々しい態度を見せることもあるが大概は嘘で、
みんなの心を和ませるために、わざとそうした行動をとっている。
その一方で、自分自身の心の痛みなどには鈍感で、気づいた時には大事になってしまうこと。
秋桜にホームズシリーズの読む順番を講釈するなど、小説に関して詳しい一面を持つ。

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 1.63GB
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / PentiumIII 1.0GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
VIDEO
VRAM 64MB以上
必要解像度
1024*576 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0005462D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「はるまで、くるる。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 6件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ハーレム(5) SF(5) 複数プレイ/乱交(3) 制服(2) 少女(2)
おすすめ!遠大なSF

2016年11月15日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

序盤の唐突なハーレム展開には困惑するが,後の怒涛の伏線回収が痛快,なぜ序盤のような展開に至ったかが,補足される.
ヒロイン達は一癖も二癖もある味のあるキャラクターで,どのルートも飽きずにプレイできた.
 序盤のハーレムから,中盤からラストにかけての気が遠くなるようなSF展開への移行は新鮮.

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

やるならオールクリア

2016年02月16日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

序盤は苦痛でしたが中盤からは絵柄からは想像もつかないような怒涛の展開で一気に読めました。
序盤で投げ出さずに最後までプレイして良かったと思えるような名作です。
やるなら投げ出さずに最後まで頑張ってプレイしてみてください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

序盤が・・・

2014年07月23日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

他の方々が書かれている通り、序盤の展開についていけず何度か心が折れかかりましたが、それを乗り越えた先に待つのは・・・素晴らしい作品でした。

プレイをする前は序盤がとてもキツく感じましたが、プレイ後は序盤は序盤でこの物語を語る上では必要不可欠な要素だった感じました。

また、シナリオの出来も非常によく内容が明らかになるにつれよくこの展開を考えたなととても感心をしました。そのぐらい濃厚なシナリオになっています。

個人的にはとてもおすすめの作品です。
購入される方は頑張って序盤を乗り越えて下さいね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

序盤は我慢して!

2014年06月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

前々から気になっていた作品で、しかもDLsiteで半額セールをしていたため即購入しました!

ざっくりストーリーをいうと・・・
4人の記憶喪失の男女がどこだかもわからない場所で助けに来る3ヶ月後までいろんなことをしながら過ごそう!
と、いうものです。
ここだけだと、「なんだ、ただの抜きゲーか」
と思いがちですが実際序盤はそんな感じです。
最初はただ淡々とあまあまな生活をおくります。
ですが、そこを抜ければ一気にストーリーにのめりこむでしょう。
3ヵ月後、本当に助けがくるのか・・・
3ヵ月後、いったい何が起こるのか・・・
それに、なぜ、3ヵ月後なのか・・・

それが気になった方、またOPなどで興味を持った方はぜひ購入することをおすすめします!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

序盤のハーレムを抜ければ…

2014年02月10日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

序盤のOPムービーが流れる前の部分では、キャラ紹介もままならないまま唐突にハーレムが形成され、その後も抜きゲーかと思うぐらい頻繁にHシーンが挿入されるので、ついていけないように感じることもありました。

しかし中盤以降、主人公たちが生きる世界の不穏さが見えはじめ、そこに壮大な設定が隠されていたことが明らかになるあたりからは、目が離せなくなっていきます。

全体としてあまりボリュームのある作品ではありませんが、何とか工夫して面白い作品を作りたい、というクリエイターの意欲を随所に感じます。ただのハーレムものと思わず、もっと多くの人にプレイして欲しい作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!半端マニア入魂の作品

2013年04月08日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

絵以外のほとんどを、半端マニアソフトが製作していると聞いて購入しました。詳しくは半端マニアソフトホームページでどうぞ。結果は期待どおりでした。

ヒロインは、かなり変な性格をしている子がおおいです。でもシナリオの魔術か苦になりません。おおまかにいえばHシーンは、1人につき約6回ほどあり豊富です。もちろん、最も期待していたシナリオは、満足できる出来でした。何故、あまり売れていないのか?正直不思議です。

注意点をあげるとすれば、ハーレムといっても一人を残り全員が相手をするといった感じ。どちらかといえば女の子主導です。主人公と1対1のシーンも多く、ハーレムといった感じはあまりしません。主人公主体のハーレムを期待すると肩透かしかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]