美少女ゲーム > 3rdEye > BLOODY†RONDO ~Windows8対応版~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 3rdEyeフォローする
販売日 2013年02月08日
シナリオ 桑原文彦 / 四万十川清流 / 不死鳥
イラスト 榊MAKI / 蒔田真記
声優 青葉りんご / 上田朱音 / みる / 桜川未央 / 藤森ゆき奈 / 北都南 / かわしまりの / 古河徹人 / 越田直樹
音楽 まもも / bAsHEE
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 現代伝奇吸血鬼バトルADV
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

注意:(VJ006436)「BLOODY†RONDO」と内容の重複があります。

■ストーリー
江神真紅郎には二つの顔がある。
昼間は同年代の学生に囲まれ平凡な日常を過ごす一方、
日が落ちると仕事をするため街へと繰り出す。
真紅郎の仕事とは、人間の中に紛れ込む吸血鬼を狩ることだった。

ある日の夜、いつものように仕事の依頼を請け、現場へと向かうのだが、
そこには野良吸血鬼に囲まれた一人の少女の姿があった。
吸血鬼を片付けた後、気を失っている少女を保護し、
自宅へと連れ帰りベッドに寝かせることにする真紅郎。
しかし、この少女は人間ではなく……。

ほどなくして現れたハンター、新たなる吸血鬼、そして……。
様々な思惑が絡み合った運命は大きく加速してゆく。

■登場キャラクター
【純潔の吸血姫】
●ルナ・フリード・クイーン (CV:青葉りんご)
真紅郎と行動を共にすることとなる終焉の姫君。
現存する世界最後の吸血鬼の真祖である。
吸血鬼史上、もっともヘッポコな吸血鬼。
身体能力は低いが、吸血鬼史上もっとも打たれ強く、驚異的な回復能力を持っているため、
戦闘時に盾やエサとして扱われることもある。
おバカでわがままで偉そうなロリっ子。
追われる立場になる前は、人間界との接触を制限されていた。
人間の学校に通ってみたいというお馬鹿な発想により、
組織から狙われているにも関わらず、脳天気に学校に通う。
自分が生き残ったことに対してやや後ろ向きな考えを持っているが、
真紅郎と出会うことで少しずつ何かが変わっていくのを感じ始めた。

【ルナの第一眷属で護衛】
●リネット・ヴァンス (CV:上田朱音)
姫君を守るライカンスロープ。
強力な戦闘能力を持っている。
身の丈よりも大きな剣を操る屈強な戦士。
何事にも無関心で口数は少ないが、ルナのこととなると異常な執着を見せ、
眷属以上の強い想いを抱いている。
やる気があるのかないのか分からない無表情だが、
いざルナの護衛となると凄まじい身体能力を発揮し向かってくる敵をなぎ倒す。
武術の心得があるわけではなく、ほぼ我流で鍛えた。
普段は大剣をルナに預けているため、常に近くで護衛をしている。

【新米ハンター】
●二階堂凛子 (CV:みる)
両親を殺されて以来、正義と力を得るために組織“銀の弾丸” のハンターとなる。
組織の黒い部分を知っていても、それは正義のためだと自分に言い聞かせて疑わない。
“銀の弾丸”=絶対の正義だと思っている。
組織を嗅ぎ回る真紅郎を監視するために同居する。
ルナが吸血鬼の真祖だと分かるヒントをたびたび聞くが、
その都度別解釈をして気づかないという、ちょっとアホな子。
実はかわいいものが好きという女の子な面も持ち合わせているが、
周りには隠しており、バレそうになると必死にごまかす。
愛用の銃は肌身離さず、いつでも奇襲に備えている。

【院長の娘でお嬢様】
●神津沙耶香 (CV:桜川未央)
男子の間で学園1、2を争う人気を誇るお嬢様。
桐ヶ崎市で一番大きい神津総合病院院長の一人娘。
本人はそれを自慢することなく控えめ。それが人気の秘密でもある。
父親に対し常に尊敬と感謝の気持ちを抱いているが、バイトを禁止されている等、
普通の女の子として過ごせないことには不満を抱いている。
沙耶香の父・神津恵介は昔、真紅郎の両親と吸血鬼を使った研究をしていたが、
真紅郎と沙耶香は共にそのことは知らない。

【諜報活動を行う人造吸血鬼】
●アリス (CV:藤森ゆき奈)
真紅郎たちの前に現れた人造吸血鬼。
隠密偵察用試作タイプで、諜報活動が主な任務。
他の人造吸血鬼と違い、人間に近い人格を持ち、電子機器を操る能力を持つ。
“銀の弾丸” は他にも人造吸血鬼の研究をしているが、いまだ成功した事例は少ないという。

【血に飢えた危険な吸血鬼】
●フランシスカ・ポアロ (CV:北都南)
拷問と戦闘をこよなく愛する、残忍でコワレ気味な吸血鬼。
死んだ後の世界に恐怖を抱き、生に対して異常な執着心を見せる。
ルナのことが好きであるが、その曲がった愛情が独占欲という形に変わり、真紅郎たちから奪おうとする。
またルナを捕まえた際には監禁し、死なない程度に血を吸ったり拷問して楽しもうと妄想しては、
よだれを垂らしている。
自分のことをこの上なく愛しており、曲がった性格を指摘されても 『チャームポイント』」だと譲らない。
人間を殺すことには躊躇いを持たない。

【現“銀の弾丸”女幹部】
●コーデリア・メルヴェール (CV:かわしまりの)
“銀の弾丸”No.2を誇る、女幹部。
幾多の困難を乗り越え、現在の座を勝ち取ってきた実力派。
深夜営業のファミレスの常連で、ドリンクバーやサラダバーで粘る庶民的な趣味を持っている。
戦闘力はずば抜けて高く、戦いにおいて 『銀の弾丸』 の中でも突出した存在。
目的のためには手段を選ばない冷徹な面も持つ。
その並外れた戦闘能力から、人間ではないと噂される程。

【目立たないクラスメイト】
●法月蓮 (CV:古河徹人)
真紅郎のクラスにいる目立たない男子学生。
一見おとなしそうな印象だが、内心では攻撃的な気性を持つ。
友達が多いタイプではないが、貴久とは以前からの知り合いで、ある約束を交わしている。

【親友でクラスメイト】
●明智貴久 (CV:越田直樹)
クラスメイト。
真紅郎が唯一気を許せる親友。
お互い干渉しすぎることはなく、真紅郎の仕事についても深く詮索してこない。
明るく適度に不真面目な性格も、真紅郎と気が合う理由の一つ。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007523
ファイル名/ファイル容量
総計 4.38GB
VJ007523.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007523.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007523.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007523.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007523.part5.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007523.part6.rar / 671.22MB (703826450Byte)
CPU
Pentium4 1.3GHz以上 / Pentium4 2GHz以上
メモリ
768MB以上 / 1GB以上 (XPは 512MB以上 / 768MB以上)
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005567D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005567D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「BLOODY†RONDO ~Windows8対応版~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

吸血鬼の滅亡後を描いた作品

2013年04月06日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

windows8対応版と言う事で購入。win8ではパッケージ版が起動不可だったため、ちゃんと動いて一安心と言ったところでした。

話の内容としては、吸血鬼の一族が滅亡し、唯一生き残った姫君と主人公が出会って……と言った感じです。正直、一作目と言う事もあり、キャラの言動がおバカ過ぎたりご都合主義な場面も多くあります。
が、ヒロインのルナがアホの子可愛い。それだけでなんかもう全部許せました(笑)
伝記ものと言う事で、戦闘シーンなども入るのですが、異能力バトルが好きな方は買って損は無いかと思います。敵キャラも、個性豊かな能力を持っていたりするため、中々読み応えがある作品だったと思います。

良い点と悪い点あげだしたら幾つもありますが、キャラが可愛らしく、戦闘も読み応えがあったため、メーカー様の次回作に期待できる作品だったと思います。あと、何気に今作と次作のテスタメント共にBGMのクオリティが高く長時間聞いても苦にならなかったことも良い点にあげさせてもらいます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]