美少女ゲーム > ま~まれぇど > リリカル♪りりっく

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年02月08日
シナリオ 黒白線 / 南愛恵 / Kozakana / 六月の玉子 / tone / 皆川一馬
イラスト みけおう / フミオ / ちこたむ / たくや
声優 成瀬未亜 / 雛見風香 / 金田まひる / 青山ゆかり / 木村あやか / 金松由花 / 空野太陽 / 風間瞬 / 左高蹴 / 鈴美巴 / 福井信介 / 滝川晶 / 六月紫音 / 高島比菜
音楽 浅野彰
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ふいに胸がキュン、となる恋愛ADV
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■ストーリー■□■
遠くから、俺を呼ぶ声がした。
幻想的な風景の中、たたずむ少女。

歌姫をさがしてください————

そんな不思議な夢から始まった転校初日。

それが何かの暗示だったのか、
はたまた何かの予感だったのかまではわからないが、
校門前で女の子と正面衝突したり、幼馴染と十年ぶりに再会したりと、
新しい学園生活は早くも波乱に満ちそうな予感。

さらに、俺をつけ狙う謎の女の子との出会いによって
「歌姫探し」なるものに巻き込まれることになってしまった?!

騒がしい友人達も加わり、
桜舞う学園を舞台にした賑やかな日々が始まろうとしていた————

■□■登場キャラクター■□■
●浅倉 七音 (CV:成瀬未亜)
主人公の幼馴染でかつ、天敵(?)のような存在。
子供の頃はガキ大将的存在で、そのせいか主人公はいまだに頭が上がらない。
もっとも七音自身はその事を恥じていて、極力女の子らしく振舞おうと努力するが、
結局最後は得意技のコブラツイストを主人公に見舞うことになってしまう。
無所属ながら部活の助っ人を頼まれる事が多い、活動的なスポーツ少女。
真っ直ぐかつ細かい事は気にしない性格と相まって、学園内での人気は高い。

「うっ!? さ、さっきのはつい手が出ちゃっただけで……」

●貴水 鈴 (CV:雛見風香)
独特の大人びた雰囲気を持つクラスメイトで、生徒会の副会長を務めている。
成績は非常に優秀で、教師をやりこめてしまう事もある理論派。
その反面、歯に衣着せない言動や同年代とは思えない落ち着いた物腰が
周囲に疎外感を与え、クラスでは浮いた存在となっている。
本人はあまりその事は気にならないらしく、一匹狼的行動をとることが多いが、
時折主人公の事を妙に気にかけるような素振りを見せる。

「ふふ、いいわ。そんな風に見られるの、もう慣れてるから」

●クゥ (CV:青山ゆかり)
名前以外一切の事がわからない、神出鬼没な謎の少女。
時々公園で子供達と遊んでいる姿が目撃されるらしい。

「…………」

●アリエッタ (CV:木村あやか)
主人公の夢の中にあらわれる、異世界のお姫様。
なにかを主人公に伝えようとしてるらしいが……?

「歌姫をさがしてください……」

●萩原 ともえ (CV:金田まひる)
主人公のクラスメイトで、七音の親友。
世話焼きのおしゃべり好きで、よく七音の恋愛相談に乗っている。
テンションのアップダウンが激しく、本人が盛り上がってる時は、
あまりのマシンガントークぶりに誰も手がつけられなくなってしまう事も。
大のイケメン好きで、タレントからご近所のアイドルまで幅広く情報を網羅している。
ちなみに主人公は3秒で鼻で笑われたらしい。

「優れた子孫を残そうという女の本能が、イケメンを求めるの! それはまさに運命!」

●大道寺 涼子 (CV:金松由花)
主人公のクラスメイトで、七音の親友。
性格は内気で、いつもどことなく自信なさげに喋る。
七音、ともえとよく3人でいる事が多く、
暴走寸前のともえを制御するのがいつもの役目(暴走後は流石に止められないらしい)。
クラス委員長と生徒会書記の兼任でいつも大変そうにしているが、本人は好きでやっているようだ。
時折、主人公を熱心に見つめている事があるらしいが……?

「い、いえ、好きでやってる事ですから」

●赤城 美佐子 (CV:鈴美巴)
主人公のクラスの担任。
教育に全てを奉げたと噂される程の堅物で、生徒同士の恋愛は学問の邪魔になると考えている。
いまだに未婚という事もあってか、「オールドミス」と陰口を叩かれることもしばしば。
担当教科は数学。

「校則で定められているはずよ……不純異性交遊は禁止だと」

●浅倉 臣 (CV:空野太陽)
生徒会会長を務める七音の兄。
主人公にとっては幼馴染でもある。
幼少時は男らしく頼りがいのある存在だったが、
現在は別人のようにおちゃらけた性格に変わってしまった。
とはいっても学園では生徒会長として数々の施策を打ち出すなど、切れ者としての一面も持っている。
主人公に対してはお尻を触ったりと、幼馴染以上の怪しい感情を抱いているようだ。

「いいね。この、鍛えられたようで鍛えられていないお尻は……」

●柿崎 剣一郎 (CV:左高蹴)
主人公の隣のクラスで、剣道で全国大会1位になった事もある猛者。
臣を尊敬しており、彼に気に入られている主人公の事を一方的にライバル視している。
帝国軍人だった祖父の影響かプライドが高く、自分が認めない人間はとことん見下すという悪癖がある。

「さあ何で勝負する? 剣か? 拳か? 俺は何でも構わんぞ」

●白鳥 公平 (CV:風間瞬)
主人公のクラスメートで、友人。
女の子にモテるのが夢で、日々努力を欠かさない。
しかし、そのベクトルが「安直」「セコイ」な為、その夢が叶う事は無いと思われる。
単純かつ小心者のお調子者だが、どこか憎めないところがある。

「世間がそれをストーカーと言おうが、俺のは断じて違う。 何故なら、そこには愛があるから」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007520
ファイル名/ファイル容量
総計 2.28GB
VJ007520.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007520.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007520.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007520.part4.rar / 50.34MB (52789753Byte)
CPU
PentiumIII 600MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
128MB以上 / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0005066D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005066D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「リリカル♪りりっく」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!不協和音を正しく調律すれば、やがて驚きの真実が見える。

2013年02月11日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×2人

『こんねこ』『みらろま』に続く【ま〜まれぇど】のファンタジー作品第3弾で、僕はパッケ版にてコンプしましたが、ダウンロード版の販売開始に伴ってレビューを投稿しました。
転校初日の「拾い物」がきっかけとなって非日常な日々に身を投じる事となり、更には自分の内に秘められた力の存在を知る主人公・高槻拓登。そんな彼と歌姫・歌使いであるヒロイン達が織り成す、ファンタジーをメインとしながらもコメディやシリアス、ギャグや感動なども併せ持つストーリーです。
ヒロインのみならず、サブキャラに至るまで非常に個性的で、七音はツンデレ、鈴は孤高クール、クゥはミステリアス、アリアは天然、ともえは猪突猛進と見事にバラけています…が、どういうワケかやたら印象に残っているのが七音の兄・臣の変態ぶりです。昔は男らしく頼り甲斐があったのが、今では「何故こんな変態に!?」となった理由は…プレイを進めるに従ってやがて分かってきます。
尚、ヒロインの中で、ともえだけは初回攻略が出来ないので、その点には注意する必要があります。ちなみにともえの場合、最初は拓登を3秒で鼻で笑っていたのが、仲が深まると「心のイケメン」と呼んでくれるようになるのが印象に残っています。
エッチイベントはフェラチオなどのノーマルプレイがメインですが、七音と鈴だけに若干ながらもコスプレ要素があり、更にこの2人は巨乳なのでパイズリもあります。また、僕個人的にはヒロインのニーソ着用率もポイントが高いです。
全ての不協和音を調律し終えた時、拓登の隣に立つ歌姫(歌使い)は誰になるのか? それはアナタの行動で全てが決まります。そして、一連の騒動の裏側に隠された真相とは? 是非プレイして確かめて下さい!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]