美少女ゲーム > アンダームーン > 淫獄女学園 ~用務員の卑劣な罠~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年12月21日
シナリオ よこよこ
イラスト 桜ロマ子
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / マルチエンディングストーリーADV
その他
ジャンル

作品内容

■ストーリー
私立『稜鴎(りょうおう)』学園で、
「伍味 健吾」主催のもと開かれる夜会『射交会』

そこでは日夜、多くの『紳士』たちが『淑女』を玩び、
多くの『淑女』もまた、『紳士』たちに玩ばれる夜会を楽しんでいた。

時は春四月。

新学生会長の「水宮 寧々」と、新人学生会役員「綾咲 束」「瑞之波 瀬奈」は、
新任保健医「仙崎 かなめ」の変調から、その原因が怪しげな夜会にあることに気付く。

そして、その主催者がうだつのあがらない用務員として陰口を叩かれている
「伍味 健吾」であることを突き止める。

学長の「白河 涼子」へ訴える良識派の「寧々」
夜会への潜入を試みる勝気な理論派の「瀬奈」
そして、「健吾」のもとへ直接乗り込む直行的な「束」

3人は果たして『射交会』の全容を白日の下にできるのか。
主人公「伍味 健吾」の冷ややかな視線が、三人の姿を高みから見つめていた。

■登場キャラクター
●綾咲 束(あやさき たばね)
新入生。運動神経抜群の体育会系少女。
人当たりの良い前向きな性格。
さばさばとしており、どことなく男の子っぽい。
まだ、色づく前で、恋愛感に疎く、スカート越しではあるが
教室であぐらを組んだりして【瑞之波 瀬奈】に窘められる。
【瑞之波 瀬奈】と共に【水宮 寧々】の後を追って学生会に所属する。
【仙崎 かなめ】のことを調べている中、怪しいと目をつけた【伍味 健吾】に会いに行き、
見栄えのしない【伍味 健吾】に一目惚れしてしまう。
初めての恋の相手が、歳の離れた冴えない男相手であることに戸惑いつつも、
やはり【健吾】のことを忘れることができない。
事態の黒幕が【健吾】であるとハッキリした際、恋した相手を更生させようと、説得を試みる。
しかし、人間不信に陥っている【健吾】の心は頑なで、一向に開かれようとしない。
【束】は自分自身を賭けて、【健吾】の頑なな心を開こうとする。

「あたし、できるよ……。伍味さんのためなら、なんだって……どんなことだって!」

●瑞之波 瀬奈(みずのは せな)
新入生。
勝気な理論派で、時に人当たりがきつくなってしまうことも。
しかし、口先だけでなくしっかりと自ら実践する努力家であり、
きつい人当たりで人望を失うようなことはない。
【綾咲 束】に比べて女性らしい物腰。
恋愛に密かに憧れるお年頃。
【綾咲 束】と共に【水宮 寧々】の後を追って学生会に所属する。
様子がおかしい【仙崎 かなめ】を【束】や【寧々】と気遣うが、状況は悪化するばかり。
打開策が見出せない中、以前に【寧々】が目撃した現場へと単身潜入を試みる。
潜入には成功するものの、そこで目撃した情況に動揺。
直後、【伍味 健吾】に捕らわれてしまう。
最悪の状況下でも強い精神力は損なわれず、それが【瀬奈】をして、
【瀬奈】たらしめるが、そのことがまた、【瀬奈】をより一層、苦しめることとなる。

「冗談じゃないわ! わたしに汚い手で触らないで!」

●水宮 寧々(みずみや ねね)
【瑞之波 瀬奈】と【綾咲 束】の幼馴染で二歳年上の学生会長。
少し気弱なところがあるが、しっかりとした良識派で、3年進級と同時に学生会長を引き継いだ。
小柄な容姿で、男子学生からの支持率も高い。
前年は学生会の保健担当であり、ナース服姿で保険医の手伝いをしたこともある。
3年間通っている『稜鴎学園』の(表面上の)あまりの風紀の良さに、なんとなく違和感を感じている。
【仙崎 かなめ】の件で【白河 涼子】を問い詰める。
しかし、いささか行き過ぎ、危険視した【涼子】の手引きで【伍味 健吾】に襲われてしまう。
脅迫され、服従させられた【寧々】は、その恐怖と快楽によって、心に傷を負っていくことになる。

「やめてください……なんで、なんでこんなことするんですか……?」

●白河 涼子(しらかわ りょうこ)
若干22歳にして名門『稜鴎学園』の学長を引き継いだ才媛。
気鋭の教育者としてマスコミに持て囃されていたが、
就任二年目に普段からきつく当たっていた【伍味 健吾】に暴行されてしまう。
以降、徹底的な快楽調教を受け、【伍味 健吾】の実質的性奴隷に仕立て上げられてしまう。
以来、【伍味 健吾】に昼間はきつく接し、夜は娼婦のように接するという二重生活を送る。
現在では【伍味 健吾】に情が移っており、その言動はさながら「ツンデレ性奴隷」。
『射交会』の活動にも積極的になっており、『淑女』として参加しながら、
一方で【伍味 健吾】を秘書&ブレーンとして補佐している。

「あ、あなたがして欲しそうだったから、してあげるだけなんだから……」

●仙崎 かなめ(せんざき かなめ)
『稜鴎学園』に赴任してきたばかりの新任保険医。
快活な性格で直ぐに学園に溶け込んだ。
男性と不思議と縁が無くまだ処女。
「赴任を機に単身生活とおさらばしたい」と
【瑞之波 瀬奈】や【綾咲 束】に打ち明けるほど、人懐っこい。
一方で礼節を弁えており、【伍味 健吾】に対しても大人の対応が出来る常識人。

「こんな目に遭うとわかっていたら、学生時代にもっと遊んでおいたのにね……」

●伍味 健吾(ごみ けんご)
本作の主人公。
一見すると冴えない容姿で、陰に篭りがちな性格もあってか、
幼い頃よりいわれの無い誹謗を受けて育ってきた。
そのため、自分以外の周囲の人間を『倫理も理性もない欲にのみ忠実な下等な存在』と見下すようになる。
その頃から、眉間に深い皺が刻まれるようになり、周囲に「険のある表情をする」と不気味がられた。
本人は性欲以外に興味を示さず、金にも物にも人にも執着しない。
7年前、職も無く家もない状態で放浪していたが、『稜鴎学園』の住み込み用務員の職を見つけ転がり込む。
自分の採用に反対していた【白河 涼子】を襲って力尽くで無理やり服従させると、
【白河 涼子】を利用して『射交会』を始め、男性教諭ややんちゃしていた学生など学内の有力者に
『友好関係にあれば美味い汁を吸わせてくれる男』という認識を植え付ける。
それによって学園の用務員という仮の地位を確立し現在に至るも続けている。
本人は無頓着ながら意外にも腕っ節が強く、
初期に『射交会』の実権を奪おうとした連中をまとめて倒したことがある。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007409
ファイル名/ファイル容量
総計 1.03GB
VJ007409.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007409.part2.rar / 289.2MB (303251233Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上 (Vista/7は 1GB以上 / 2GB以上)
VIDEO
VRAM 16MB以上 / 32MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005424D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005424D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫獄女学園 ~用務員の卑劣な罠~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件