美少女ゲーム > unicorn-a > 決戦!乙女たちの戦場3~電撃作戦!戦果はエースの名のもとに~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 unicorn-aフォローする
販売日 2012年12月14日
シナリオ もるのうど / 火々野未完 / 新城舞 / 草薙 / 七海ユウリ / のがみとしあき / 高坂ヒロト / 春河ミライ
イラスト 芥子 / 青野りぼん / Riv / 季月えりか
年齢指定
作品形式
シミュレーション / 美少女ミリタリーシミュレーション+アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

世界観、キャラクター、シナリオは一新し、美少女ゲームとしては全く新しいゲームに生まれ変わり、
前作までのシリーズを知らない人でも安心してプレイできます。

●25名の美少女キャラが登場し、その全てにHシーンあり!!
イベントCGは600カット以上で、差分で大きく変化するシーンが多数存在します。

●ゲームシステムは業界トップの本格的戦略シミュレーション
プレイヤーは戦闘機や戦車といった兵器と、士官である各キャラクター達を組み合わせて
部隊を編成して戦場となるマップに出撃させ、移動・攻撃・占領などの指示を出しながら
敵部隊を倒すことが目的となります。
登場兵器は400種類以上!マップも100枚を収録!
ゲームルールもカスタマイズ可能で、自分好み難易度で楽しめます!

●チュートリアルモード搭載!
プレイしながら学べる「チュートリアルモード」で、初心者も安心!

●シングルマップモードや隠しマップ&キャラなど、やり込み要素も満載!
レアな兵器が入手できる隠しマップや、「戦極姫」シリーズのキャラたちが登場するマップなど、
やり込み要素も盛りだくさん!

■ストーリー
第二次世界大戦から半世紀ほどを経過した世界。
世界は『日本連邦共和国』『ハウエル・キングダム』『シュヴァルツヴァルト帝国』の
三大国の冷戦状態となっていた。
しかし、薄氷のように脆い均衡で保たれた世界はいつ壊れてもおかしくない状況だった。

その世界で、ひとつの研究が成果を上げようとしていた。
『インターオペレートシステム(コードネーム“IOS”)』という名称の汎用型の兵器操縦システムで、
兵器の運用に必要な工程を単純化させ、専門の知識無しでもあらゆる兵器を手足のように
自由に操ることができる革新的な装置だった。

この物語は『日本連邦共和国』正規軍のコックとして勤務していた主人公『冬月祐一』が、
極秘に開発された汎用型の兵器操縦システム『IOS』への適正を認められたことから仕官として
戦闘部隊への異動を命じられ、ある部隊で任務の日々を過ごしていたところから始まる。

■登場キャラクター
●津崎 晶 (CV:宮沢ゆあな)
連邦第四軍に所属する女の子。
操縦兵器は航空機。
戦闘能力は新人とは思えない程高い。
第四軍の新入りの中でトップの実力を誇り、期待の美少女新人として注目を集めている。
期待の新人として評価されていることに甘えることなく、訓練に打ち込む努力家。
仕事に関しては厳しいが、それ以外では歳相応の女の子らしい一面も持ち合わせている。
【得意兵器:航空機】

「そっ、そそ、そんな安っぽいお世辞で!ご、誤魔化されたりしないわよ、私は!」

●綾瀬 夕子 (CV:ヒマリ)
連邦第四軍に所属する優しい女性。
IOS適正者のため、すべての兵器を操縦できるが、
適正前は地上兵器を扱っていたため、地上兵器が得意。
回避索敵能力に長けており、第四軍の主力メンバーとして前線で活躍している。
美人で包容力があり、優しい彼女に憧れる男性も少なくない。
しかし本人は色恋沙汰に疎いのか天然なのか、まったく気づいていない。
【得意兵器:地上兵器】

「いいえ、困った時はお互い様ですもの」

●冬月 せつな (CV:倉田まりや)
主人公の妹。
IOS適正者のためすべての兵器を操縦することができる。
最初は安定しないが、時折魅せる動きをする今後の成長が楽しみな子。
最初は非戦闘員として配属予定だったが、IOS適正があることが判明したため、
戦闘員として第四軍に急遽配属されることになる。
人見知りが激しく、特に男性には警戒心が強い。
だが、怯えさせないで時間をかけて接すれば、大分普通に接することが出来るようになる。
唯一の家族である祐一には心を開いており、わがままを言ったりして甘えん坊になる。
【得意兵器:ヘリ】

「おにいちゃんはせつなのおにいちゃんなんだから、ちゃんと妹の面倒見なくちゃダメなんだよ!?」

●謎の少女 (CV:秋野花)
突如、配属されたその名の通り謎の少女。
IOS適正者ではないが、陸・海・空すべての兵器を操縦することができる天才。
その中でも航空機の操縦を得意としている。
回避能力と操縦技能が特に優れており、予測不能の奇抜な動きで敵を翻弄する。
人を常にからかっているような態度をとり、目上だろうと目下だろうと分け隔てなく接する。
黙っていれば神秘的な美少女だが、口を開くとすべてが台無しになる残念な子。
【得意兵器:航空機】

「からかうつもりが、逆にからかわれた気分はどう?」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007389
ファイル名/ファイル容量
総計 3.3GB
VJ007389.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007389.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007389.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007389.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007389.part5.rar / 325.5MB (341316150Byte)
CPU
Pentium4 2.0GHz以上 / デュアルコアCPU推奨
メモリ
512MB以上 / 1024MB以上
VIDEO
VRAM 256MB以上
必要解像度
1280*720 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005453D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005453D)

決戦!乙女たちの戦場3~電撃作戦!戦果はエースの名のもとに~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「決戦!乙女たちの戦場3~電撃作戦!戦果はエースの名のもとに~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!かなり凄い!(かなり凄い!)かなり凄い!(かなり凄い!)

2014年12月06日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

“乙女のウォーズを知ってるかい?(乙女のウォーズを知ってるかい?)今度もPC版だぞ!(今度もPC版だぞ!)”

某有名CM調で参りましたが、乙女たちの戦場(通称乙戦)の3作目になります。
このシリーズについては余り語らなくとも大丈夫かと…。
何せ家庭機で2つも出た有名作ですし、そもそもとっつきやすいウォーシミュ自体今現在かなり希少なので。

さて、この作品の評価については「無難作」かなと…。
(上の表題しといてなんですが、アレは元ネタの洒落なので)
何故かと申せばシミュ自体のバランスの良さは家庭機の据置機が
最も良いし(海戦Mapが一番出る、難易度の点も○)
キャラの「濃さ」は1作目が一番「濃い」ので

じゃあこの作品「面白くない」かというと「そうではない」
シミュ自体は相変わらず面白いし(海戦が減っているのが減点なだけで)
1作目のキャラは「個々に濃すぎるだけ」で今回の場合は
「組織全体の濃さが上がった」という感じですね。
なんていうか「濃さを損なわないように物語に絡めている」という感じ(笑)

特にミスターエロの新堂啓太、ユルユルな謎の少女、吐血看護婦白木さん、交渉人・赤間さんなどはきっと忘れられなくなります(特に赤間さんw)
また、同盟国と敵国は殆ど「変態さん」というのが何とも(特に敵国は清々しい程壊れまくりというw)
後、個人的に指揮官は今回の氷室さんが歴代の中で一番好きですね。サッパリしてるし実力本位だし。

マイナス点はヒロイン陣ですね。何というか「無難すぎる」
1作目2作目で物語があれだけドラマチックなのに今回は…

なお、今作はちょっと嬉しい点が2つほどございます。一つはステージで特定のキャラ同士で隣接または攻撃すると会話が発生する点。
もう一つはクリア後ですが戦国姫のキャラが使用可能になる点。戦国姫のキャラで敵を打ち破っていくのは結構爽快なものがあります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]