美少女ゲーム > メリー・ジェーン > Brandish 第1話 「カワユイ男の子ゲーットぉ」

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年12月14日
シナリオ 関町台風
イラスト 村山公輔(キャラデザ) / 久我原陸
声優 倉田まりや / 三郷綾夢 / 淀川優花
その他 笠原慎平(演出) / 原作:『Brandish』(Rusty Soul / 或十せねか)
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

■ストーリー
サキュバスであるツィスカは夜な夜な人間の街を襲い、精気を吸って自由気ままな暮らしをしていた。
今日もサキュバスの務めを果たそうと、一つの街に目を付け、挨拶代わりに一人の若者を毒牙にかける。
衛兵を軽くあしらったツィスカは、自分好みのカワイイ男の子をを見つける。
早速、捕まえた男の子、テーオの唇を堪能するツィスカ。
刺激的すぎるファーストキスでぐったりしてしまうテーオ。
ツィスカは容赦なくテーオのズボンを下ろし、未成熟なペニスに下を這わす。
皮を剥いたばかりの亀頭はツィスカの舌技に翻弄され、そのまま口内に射精してしまう。
初めての射精に戸惑うテーオを余所に、ツィスカはサキュバスの本領発揮とばかりに、
テーオのペニスを自ら膣内に挿入していく…。

■登場キャラクター
▼ツィスカ
自由気ままに生きるサキュバスの少女。
自分好みの可愛らしい男の子であるテーオの初めてを強引に奪う。

▼テーオ
純真無垢な愛らしい男の子。
街を襲撃してきたツィスカに捕まり弄ばれてしまう。

▼勇者テーオ
逞しい青年。
テーオがツィスカと接触したことにより、
彼の中に眠っていた勇者の血が呼び起こされる。

▼テーオママ
テーオの母親。
カワイイ男の子を産んでくれてありがとう。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007380
ファイル名/ファイル容量
VJ007380.zip / 367.97MB (385840737Byte)
CPU
Pentium 333MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
720*408 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:17分

Brandish 第1話 「カワユイ男の子ゲーットぉ」の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Brandish 第1話 「カワユイ男の子ゲーットぉ」」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

サキュバス降臨♪

2012年12月17日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

サキュバスのツィスカが男漁りをしていたら、幼気な少年が勇者に目覚めて…以下略
ツィスカのエロかわゆさが根作品の一番の魅力となっており、ファンタジーものとしてストーリーの質も高いものとして仕上がっている
詳しくは原作の漫画を読んで確認してみるとさらに楽しめるだろう

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]