美少女ゲーム > PoROre: > euphoria ~真中合歓 地獄始動編~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 PoROre:フォローする
販売日 2012年10月05日
シナリオ 八手ROMコ
イラスト Citizen(キャラデザ)
その他原作:『euphoria』(CLOCK UP)
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

白い密室に閉じ込められたのは、主人公と6人のヒロインたち

幼馴染の帆刈叶、クラス委員長の安藤都子、
後輩の蒔羽梨香、英語教師の葵菜月と、
同学年の白夜凛音、そしてクラスメイトの真中合歓

異常な状況に混乱する彼らに、突如として『謎の声』が告げる。
「これからゲームを開始します」
この部屋から脱出するためには、主人公が『開錠者』となって
ヒロインの一人を『鍵穴』に設定し、指定された行為を行って『鍵を開ける』必要がある。
それは理不尽かつ過激で、背徳的な内容であった……

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007199
ファイル名/ファイル容量
VJ007199.zip / 971.37MB (1018554206Byte)
CPU
Pentium 333MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
960*540 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分
ソフ倫受理番号
受理番号0005350D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005350D)

euphoria ~真中合歓 地獄始動編~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「euphoria ~真中合歓 地獄始動編~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

密室空間で始まる狂気の宴

2015年12月18日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

助かるために女を過激に犯していく作品です!

理不尽な少女の死から物語は始まり、主人公の狂気が加速していきます!まだまだ序章ですが、すでにその片鱗が見え隠れしている部分がダークです!

ハードなプレイが好きな人は購入してみるといいでしょう!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!この作品を観たら、

2013年05月11日  

このレビューは参考になった×3人

euphoria 。

ある特定の趣味・嗜好をもっている人なら、
心の底から陶酔し、極上の時間をタイトル通り
(euphori=イタリア語で幸福感)味わえるだろう。

だが、その「特定の趣味」をもっていなければ
観られないのか? 答えは、ノーだ。
「特定の趣味」を持たない人でも、いや、持たない
人たちにこそおススメしたい作品だ! 

なぜそこまで言うのか?

これを観た人たちは1人の例外もなく、
「非日常」「非現実」「倒錯した世界」、こんな
今まで体験したこともない、しかし多くの人たちが
もっているかも知れない欲望・願望を

「疑似体験できる」からだ。

人によっては目をそむけたくなるかも知れない、
またある人は、嫌悪感を感じるかもしれない。

しかし、この作品で描かれている世界は、感覚は、
間違いなく人間の心のなかに潜む

「倒錯した欲望・願望、よこしまな感情」

これを堂々と描いているのだから。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]