美少女ゲーム > HOOKSOFT > 雨あがりの猫たちへ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
『少女園記念日』

『少女園記念日』 それはどこにでもあるような、学校行事の一つ。
当事者でなければ語るにも足りない、日常の藻屑。
何事もなくただ過ぎてゆくはずだった……。
しかし、静か——そして確かにに事は起こる。
智美椋、加宮忍、栄根亜希。
三人が気づいたときには、すでに異変の中にいた。
おそらくそこは異変の中。
その日常に組み込まれ、その組み込まれた日常を過ごす主人公たち。
そして降り止まぬ、雨。

歯車がわずかに違ったなら、決して知られることのない話。

明かされていくほどに、切ない。

開けてみれば、ただそこに哀しい記憶(しんじつ)が、埋もれていた。
開いてみれば、どこにでもありそうな、そんな小さな物語。

悲しいのは、それがいつまでも変わらぬ事。
残酷なのは、それがいつまでも届かないこと。

ただ、それだけ……。
ただそれだけのはずだった……。

■登場キャラクター
●大野 ひとみ
バスケットボール部に所属し主力選手として活躍。
ある男の子に密かに恋をしているが告白しないままでいる。
ゲーム中では椋のクラスメイト。
いつも前向きな考え方をする、明るく活発な女の子。
しかしながら時としてヒステリックになってしまう一面を持つ。
がんばりやで一途だが、裏を返すと不器用で偏思考。
責任感が強く、そのためにお節介なところも。

●江藤 星花
文芸部に所属しているが、本人も忘れている程に幽霊部員化している。
ひとみとは仲良し、だが一方的について回っているようにも見える。
見た目に反して理数系で、ゲーム中は忍と同じクラス。
何も考えていないのか、何か考え事をしているのか、他人との会話にずれが生じることが多い。
天然ボケが入ったとらえにくい性格。
持ち前のなごみパワーで目の前の相手をある意味、圧倒する。
表にこそ出さないが、男に対して多少不信感を抱いていたりもする。

●幸 澄恵
主人公達より一つ下の学年に在籍。
新聞部に入部しておりそこで活動をする。
また、自分の趣味でいつも図書室で執筆活動に励んでいたりもする。
常に前向き、とは少し違い、一歩ずつでも毎日前進という考え方をする。
人に頼ることが多いために、反動で奉仕精神に富んだところがある。
温厚だが、やや人見知りするおとなしい性格。
自分にコンプレックスを持っている。

●栄根 亜季
主人公の椋、忍とともに事件に巻き込まれていく。
主人公らとは幼なじみで、過去、七才の時に二人から同時に告白された経験がある。
だが、返事を返すことなく二人とは疎遠な仲になってしまう。
初恋を胸にしたまま時を過ごしている。
冷静沈着でいて、普段は落ち着いた、しかし近寄りがたい雰囲気を醸す。
いつも無口でいるが、話すときは物言いも堅苦しい言葉を使うために必要以上に辛口。
本人自覚なし。強引さに弱く、人にバシッといわれたりすると多少ひるんだりもする。
本質は素直な人。

●四方田 奈津
学園に赴任してきたばかりの新米教師。
担当科目は生物。
まだ教師になりたてであるにもかかわらず、その教師社会に上手くとけ込んでいる。
物怖じしない、女性なのにどーんと構えた性格。
生徒に関しても、無頓着なようなで同じ目線でいられるナチュラルな雰囲気。

●飛鳥川 友梨
大野ひとみのクラスメイト。
ゲーム中では同時に椋のクラスメイトでもある。
ひとみが密かに気持ちを寄せている男の彼女であり、
それを知ってか知らずかひとみにキツく当たることもしばしば。
基本的にひとみとは馬が合わないらしい。
わがまま、高慢、嫉妬深い、といった嫌な女をその体で表している。
自分の欲しいものは何でも手に入れたく、自分のものは誰にもふれさせたくない、
まさに女王様的感覚の持ち主。
その反面、強いものには服従し敵対するものには徹底して冷たく当たる、
そういった変わり身の早さも持ってしまっている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007061
ファイル名/ファイル容量
VJ007061.zip / 513.11MB (538032019Byte)
CPU
Pentium 200MHz以上 / PentiumII 300MHz以上
メモリ
32MB以上 / 64MB以上
VIDEO
VRAM 8MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX 7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005025D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005025D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「雨あがりの猫たちへ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件