({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■□■ストーリー■□■
いつともしれない時代、どこともしれない国のおはなし──。

わたし、シエル。王都の魔法学園に通っている魔法使いの卵です。
学園が管理してる寮の1つ、スクランド寮で、みんなと一緒に暮らしてるの。
みんな──幼馴染のフェリシア、1コ下のルーチェちゃん、留学生のチサトちゃん、
そして‥‥クラスメイトのスレイ。

スクランド寮は女子生徒専用なのに、「男子寮は定員イッパイだから」という無茶な理由で、
男の子のスレイが一緒に暮らすことになったのよね。
そりゃ、はじめは、みんな「男の子とひとつ屋根の下で生活するなんて絶対ヤダ!」と猛反対したけど、
少しずつ馴染んできて、今では仲良く暮らしてるわ。

でもねぇ‥‥スレイったら、生まれつきドジで、要領が悪いものだから、
よくハプニングを起こしてるのよね。
例えば、転んでルーチェちゃんを押し倒したり、チサトちゃんが入浴中にお風呂場に乱入したり‥‥。
わたしが着替え中にノックもしないで部屋に入ってきたときには、本気で殴ってやったわ!
(ホント、あいつったら、スケベなんだから!)

おまけに、スレイは学園の成績もイマイチなのよねぇ‥‥ハァ。
ついこの間もテストで赤点を取っちゃって、
そのせいで、追試の課題として魔法の実験をすることになっちゃったし。

スレイったら、自信がないものだから、みんなに「実験を手伝ってよぉ」なんて泣きついてるけど、
ドジでスケベなあいつのことだから、きっと変なふうに実験に失敗して、
Hなハプニングを巻き起こすに違いないわ。ウン、そうに決まってる!

‥‥でもね。あいつにも悪いところばっかりじゃなく、ちゃんと良いところもあるのよね。
だって、『立派な魔女だったお婆ちゃんみたいな魔法使いになりたい!』
っていう夢に向かって、がんばってるんだもの。

わたしも応援したげるからさ‥‥、夢をかなえるためにもうちょっとしっかりしなさいよね!
ちょ、ちょっとくらいなら、わたしも魔法の実験を手伝ってあげてもいいんだよ?
で、でも、Hなのはぜーったいダメなんだからね?!

■□■登場人物■□■
●シエル・スターウィンド
王都の魔法学園に通っている。スレイたちと一緒に、魔法学園の寮で暮らしている。
明るく、何事にも積極的な性格で、異性同性を問わず、人に好かれるタイプ。
思いこみが激しく、ちょっぴり天然ボケ風味。

真面目で、勉強熱心。成績抜群。魔法学園の入学試験では、1番の成績だった。
魔法の素養にも恵まれていて、基礎レベルの魔法なら完璧に使いこなせる。
ペット代わりの小さな使い魔を召還していて、その使い魔がいつも肩口の辺りを浮遊している。
ちなみに、使い魔の名前は「フタ子」。「しゃろむ、しゃろむ…」と鳴く。

食べても、太らない体質。実は、かなりの食いしんぼう。
グルメを自称していて、ヒマを見つけては、
学園や寮近辺のレストランや喫茶店を食べ歩いている。甘いものに目がない。
髪型は、サイドテイル。処女。

●チサト・シヅル
遠い東の国からやって来た留学生。
スレイたちと一緒に、魔法学園の寮で暮らしている。
魔法学園の制服ではなく、巫女服と呼ばれる民族衣装(?!)を着、腰に刀を帯びている。

シヅル家は代々、退魔を生業(なりわい)とする巫女・神官を輩出してきた。
チサトもまた、シヅル家の直系の血を引く者として、巫女になることを目指し、
日々、研鑽(けんさん)に勤めている。
シヅル家の名を辱めない立派な巫女になることが夢。
純粋な反面、みずからがシヅル家の直系であることを過度に意識している結果、
非常にプライドが高く、時には、他人を見下した態度を示すこともある。

腰に差している刀は、魔を払う力を秘めた妖刀『ムラマサ』。
代々、退魔業を営むシヅル家に伝わる宝刀でもある。
髪型は、ポニーテイル。処女。

●フェリシア・スマイル
王都の魔法学園に通っている。スレイたちと一緒に、魔法学園の寮で暮らしている。シエルの幼馴染。
明るい性格‥‥というよりも、ノー天気と言った方が正しい。
人付き合いが良く、おしゃべり。
結構、いいかげんなように見えて、芯はしっかりしている。
気づかいのできる性格で、時には、他人の気持ちをおもんばかるあまり、
自分の感情を押し殺してしまうことも‥‥。
シエルの良き相談相手でもある。

胸が大きく、内心、それが自慢でもある。
いつもスレイをからかって遊んでいるので、
異性としてスレイのことをどのように見ているかは、謎のベールに包まれている。
案外、フェリシア自身、実は自分がスレイのことをどういうふうに想っているのか
把握しきれていないのかもしれない‥‥。
髪型は、ショート・ツインテイル。処女。

●ルーチェ・テイルテイル
王都の魔法学園に通っている。スレイたちと一緒に、魔法学園の寮で暮らしている。
スレイより1コ学年が下。ハーフ・エルフ。年齢よりもずっと幼く見える、妹タイプの女の子。
繊細で、引っ込み思案な性格。内向的。
自分と正反対に、明るく、活発なシエルにあこがれている。

趣味は読書。現実離れした設定の‥‥もとい、乙女チックな内容の恋愛小説が好み。
みずからも小説を書くが、恥ずかしくて、そのことは誰にも秘密にしている。

料理が得意。努力家だが、生まれつき要領が悪く、努力があまり報われないタイプ。
おかげで、勉強の成績も今ひとつ。泣き虫。

やさしいスレイに好印象を抱いているが、その気持ちをなかなか表に出すことができない。
髪型は、お団子+ツインテイル。処女。

●スレイ
主人公。王都の魔法学園に通っている。
ひょんなことから、女の子たちと一緒に、魔法学園の学生寮で共同生活を送る羽目になる。
将来の夢はひとの役に立つ、一人前の魔法使いになること——と、立派だが、
現実はなかなか追いつかず、成績はかなり落ちこぼれ気味。

童顔の、かわいい男の子。背が高く、ひょろりとしていて、頼りない感じ。
小さな丸めがねをかけている。やさしい性格だが、優柔不断な面も。

散髪がめんどくさいのか、髪が伸び放題にボサボサになっても、そのままにしている。
ゴム輪で、余った髪を後ろに束ねて、ショートテイルにしている。童貞。

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 2.74GB
CPU
PentiumIII 1GHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 5以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0005180D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ラブぽた -Lovely Pop Tail-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件