美少女ゲーム > C:drive. > 理-コトワリ- ~キミの心の零れた欠片~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 C:drive.フォローする
販売日 2012年07月13日
シナリオ 尾之上咲太 / 東人 / 亜遊夢 / 皆川一馬 / 鯉川こい
イラスト ふさたか式部
声優 藤森ゆき奈 / かわしまりの / 新堂真弓 / 夏野こおり / 青葉りんご / 井村屋ほのか / 加乃みるく / 小次狼 / 篠原ゆみ / しょーとくたいし / 鈴原さえ / ますおかゆうじ / みつ / 夕城粧子 / 蘭丸
音楽 土谷知幸
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / フォークロアミステリーADV
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
歴史と観光の町に転校してきた主人公、追儺御代(ついな みしろ)。
彼は幼い頃に『牙を持つ荒神』という存在に魂の半分を喰われてしまったため、
少しでも自分に関わった人間の魂の闇に巣食う『理《コトワリ》』という化物と
関われるようになってしまう特殊な体質となった。

『理《コトワリ》』
それらは苦しむ魂から零《こぼ》れた魂のカケラが形を成した存在。
零《こぼ》した本人以外には観る《魅る》事、聴く《利く》事、触る《障る》事が叶わない霊的なもの。
そして『理《コトワリ》』の名の示すとおり、本人の抱えた問題を存在理由に必ず持っている。

そのため、誰かが『理《コトワリ》』を一時的に撃退出来たとしても、
本人の抱えた問題を解決しない限り何度でも現れる。

転校もそうそう御代は不気味な像に触れてしまい、現れた『理《コトワリ》』の持ち主を探すことになる。
この人探しに端を発し、御代は様々な『理《コトワリ》』と関わっていく。
それは、それぞれのヒロインたちが密かに抱える魂の問題達を暴き出し、
共に向き合っていく事に他ならなかった……。

「俺にはね……見えるんだ、君の心の傷が生み出した化物が」

■登場キャラクター
●由比ケ浜 悠基 (CV:藤森ゆき奈)
主人公と居る時だけ理《コトワリ》が見えるようになってしまう少女。
世話焼きで物怖じしない性格から、初対面の御代にも積極的に関わってきてしまうが、
それは理《コトワリ》との関わりを余儀なくされる事と同義であった。
スポーツ万能、成績優秀で前向きな性格。
普段は怖いもの知らずな言動が目立つが、オバケの類にトラウマがあり大の苦手。
今でこそ元気が取柄だが、幼い頃は身体が弱く外に出ることも出来なかった。
体の弱かった頃に一度だけオバケを見たとがあったらしいが、本人にはあまり記憶が無い。

●白妙 あやめ (CV:かわしまりの)
いつもぶっきらぼうで無表情系。他人を遠ざけるクールな雰囲気の先輩。
「仲良くしようとすると鬼に襲われる」という噂があり、
自分を「鬼憑き」と呼んで他人に頼ることや、人付き合いを極端に避けている。
実際に被害が出ているといわれており、恐ろしがって誰も近寄ろうとはしない。
過去に大きな事件に巻き込まれているらしく、
そのときの怪我が原因で今でも目を覚まさない弟をずっと一人で看病している。
「鬼」が彼女にもたらす現実とは……。

●梔 初夏 (CV:新堂真弓)
いつもオドオドした、引っ込み思案で他人との関係を築くことが出来ない少女。
ある事件をきっかけに声をだせなくなったため、
いつもスケッチブックを使い筆談で意思疎通をはかっている。
「んっ!」とか「うんっ」などの短い意思表示は出来る。
御代だけは彼女と会話ができるのだが、それには彼女自身の理《コトワリ》が深く関係している。
ただひとり自分と会話ができる——心を許すことができた——御代に頼りきってしまうことで、
初夏の運命は大きく変わってゆく事になる。

●円谷 みなも (CV:夏野こおり)
いつも元気で騒がしい神出鬼没な下級生。
すっとんきょうな格好や言動でいつも御代を引っ張りまわすトラブルメーカーだが、
特に悪意は感じられない。
流行りもののTV番組が大好き、時々TVの影響で喋り方や性格などびっくりする様な変容を遂げる。
だが、所詮頭の中身はイマイチ変わらないようだ。
入院している姉のまどかをいつも気にかけている優しい一面もある。
周りのものの影響を受けすぎて、ついには自分の存在を保てなくなっていってしまう……。

●橘 清見 (CV:青葉りんご)
悠基の親友と恥ずかしげも無く言い放つ、友達系健康優良少女。
いつも明るく笑いながら、態度は常にオーバーアクション。
オバケやオカルトが大好きで、いつか見てみたいと思っている。
しかし彼女のような健全なる魂には、決して理《コトワリ》を見ることができない。
陸上部に所属しているが、あまり早い方ではなくレギュラーを行ったり来たりしている程度。
最近身の回りに不可解な事件が起き始めている……

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006987
ファイル名/ファイル容量
総計 3.36GB
VJ006987.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006987.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006987.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006987.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006987.part5.rar / 383.84MB (402488147Byte)
CPU
PentiumIII 1GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上 (Vista/7は 1GB以上)
VIDEO
VRAM 4MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005181D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005181D)

理-コトワリ- ~キミの心の零れた欠片~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「理-コトワリ- ~キミの心の零れた欠片~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!長い悪夢にも、いつか覚める時は来る! 闇の先には光がある!

2012年07月16日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×3人

いつもは「明るくエロくフェティッシュ」な作品を提供していた【C:drive.】から、初めて発売されたシリアス系作品で、僕も『催眠学園』以来“ふさたか式部原画作品”を全てプレイしている事から、この作品もプレイしました。
主人公・ヒロインのいずれも心に何かしらの闇を抱えており、やがてそれが形となって具現化し、最後にはそれらを乗り越えて幸せになるという展開で構成されていて、一部ホラー・オカルト的な描画こそ含まれるものの、流血・リョナ等のグロ・コア系描画は存在しませんので、苦手な方も安心してプレイ出来ます。
シリアス系ストーリーに重きを置きながらも、【C:drive.】伝統の「着衣エッチ」はしっかりと盛り込まれており、エッチイベントの数こそ従来の作品に比べて少なめであるものの、シリアス系作品にしては多目です。更に、「全員またはほぼ全員に最低1回はおしっこアリ」という点は、今回はあやめ・初夏・清見の3人に用意されていますので、「おしっ娘スキー」な人も安心です。更に更にそれだけではなく、攻略ヒロイン5人のみならず、「あの人」とのエッチシーンまで実は(「某・攻略ヒロインとの3P」という形ではあるものの)しっかり用意されていたりするのです! 誰がそうなのかはプレイしてのお楽しみです。
ストーリーが進むにつれて、主人公・御代の生い立ちと、理《コトワリ》に取り憑かれる事となった発端が見えて来ますが、それを知った時は驚きでしたし、ヒロインの抱えている闇の深さにも圧倒されましたが、それを乗り越えて迎えるエンディングは感動しました。「悲しい・辛い・恐ろしい出来事を、大切な人と共に力を合わせて乗り越え、肩を並べて幸せな未来を歩いて行く」という展開を好む方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]