美少女ゲーム > raiL-soft > 霞外籠逗留記

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
青年は気がつくと大河の上、古風な渡し船に揺られていた。

割れた般若の面を被った渡し守の女は、「お前の望んだ場所へ行くのだよ」と告げるが、
青年の記憶はなぜか曖昧になっており、
ただ「今までいたところではないどこかに行きたい」という望みがあるのみだ。

渡し守に案内されるままに渡されていった先は、大河に浮かんだ中州に築かれた、巨大な木造建築物。
渡し守が言うには「旅籠だよ」とのことであるが、その内部は単なる旅館とは思えないほどの
多種多様な部屋・空間に満ち満ち、水路まで流れている迷宮の如き小世界であった。

———お前が飽きるまで、ここに逗留すればいいさ———

主人公は旅籠で日々を送るうち、旅籠の管理人の一族の末裔である令嬢、
館内の図書室に住まい、若い男の肉を好むと畏怖される鬼女、
世事に疎くどこかしら茫洋とした頼りなさを感じさせる琵琶法師、といった女性たちと知り合う。

彼女たちとの仲が深まるにつれ、青年はこの旅籠に留まりつづけるか否かの選択を迫られるようになる。

彼女たちと送る日々を捨て去りがたく、青年が旅籠に留まることを望むようになった時、
渡し守が現れ問いかける。
青年の記憶を回復させ、問いかける。

———お前はもともといた場所から逃げ出したくって、ここに来たんだ———
———さあ、どうする? ずっとここに居続けるかい?———
———それとも、もといた場所に帰るかい?———

青年は、果たしてどちらの道を選択するだろうか。

■登場キャラクター
●青年
主人公。
気がつくとこの旅籠に来ていた。
来るまでの記憶は霞がかかって曖昧だが、日常生活には不自由ない……というか、
自分の過去が思い出せない以外はむしろ博学と言っていいほどの知識を残している。
性格的には堅物で純情(しかしわりと根は助平)であるため、
旅籠に居合わせている一癖も二癖もある女性陣には戸惑い翻弄されることもしばしば。
状況に割合あっさりと順応しているが、時折「自分はこれで良いんだろうか」と悩むこともしばしば。
しかしなぜそう思うのか、記憶が失われているせいか、わからない。

●令嬢 (CV:天水るみ)
古い古い一族の令嬢。この旅籠宿の管理人一族の末裔。
割合愛想もいいが、自分に言い寄り利用しようとする者たちに内心で怒りを燃やしている。
女としての憂き目に弄ばれるようにみえて、それを利用するだけのしたたかさを持つ。
なおかつ、それでも最後の優しさ、高潔さだけは失わない。
どれだけ犯しても傷つかないように見えて、実はぼろぼろ。

●司書 (CV:香澄りょう)
鬼女。
旅籠の片隅の寂れた図書室に住まいして、勝手に図書室係などをやっている女。
人を食らう、好物は若い男であるなど、様々な噂が立っているため、周りには人が寄りつかない。
淑やかな美女風の外見だが、左腕の肘から少し先より常に少し血を滲ませていて、
いささか血腥いイメージがつきまとう。
図書室でいつも空腹を紛らわすべく、読書に耽っているため、知識量は豊富。

●琵琶法師 (CV:愛原瑞生)
旅籠の中の温室によく現れる。それ以外の時はどこで何をしているか不明。
なにやら浮世離れしており、一見すると愚鈍とも取られかねないが、琵琶を弾く事だけは神域に達している。
常に緩んだ表情をしており基本的に優しいのだが、琵琶の曲を追い求めるときだけは人が変わって、
物狂おしい様相を見せたりもする。

●渡し守の女 (CV:歌織)
不思議な小舟の主。
旅籠を取り巻く大河や内部の水路に出没し、
時に求められ、時には彼女自身の意志で、主人公を様々な場所に渡していく。
常に割れた般若の面を着けている。
時に饒舌になったり、時に黙しがちになるが、そのギャップがなぜか人の気に障らない。
というか、人の気分を察するのに長け、共にいることを苦にさせない。
伝法な言葉づかいをするが、口調自体は柔和で、喋るとなると人あしらいがいい。

●お手伝いさん's (CV:草柳順子)
旅籠のお手伝いさん達。
皆似通った顔をしていて、どうやら旅籠付きの妖精のような側面もあるようだ。
忙しいときには数が増え、暇なときには減ったりする。
わりとあちこちでこき使われている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006984
ファイル名/ファイル容量
VJ006984.zip / 785.43MB (823585064Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
128MB以上 / 256MB以上 (Vistaは 1GB以上)
必要解像度
800*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0005233D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005233D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「霞外籠逗留記」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

伝奇(2) 着物/和服(2) 退廃/背徳/インモラル(2)

個性的な文章で綴られる世界

2017年03月27日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×0人

この作品は一般的な18禁ゲームと比較するとかなり独特な文章で綴られている作品です。
プレイし始めの頃はその独自の文章が少しキツいと感じましたが、ある程度時間が経つとこの文章でしか味わえない不思議な魅力に気付きました。
そしてプレイを終えた感想はこの文章でなくして、魅力的な世界観は構成できないと思いました。




このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

テキストが素晴らしい

2017年03月27日  

このレビューは参考になった×0人

縦読みのエロゲという時点でまず珍しい。
文体の表現が一般的なエロゲと一線を画しており、本作独自の雰囲気を生み出すことに成功している。
硬派なイラストも文体と見事にマッチしており、雰囲気作りに貢献していた。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!この独特の、いつまでも浸っていたくなる雰囲気はたまらない

2014年02月04日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

記憶喪失になった青年が、流されるままに巨大な旅籠に逗留することとなり、そこで出会ったヒロインたちと交流しつつ、様々な怪奇現象に巻き込まれていく話。
その中で、旅籠とは何なのか、なぜヒロインたちは名前がないのか、主人公の失った記憶はどういうものなのか、といった疑問が浮かんでくるでしょうが、最終ルートですべてが明かされます。

文章は非常に独特の文学的な作風で、地の文だけで画面いっぱいになることも多くあるなど、人を選ぶ側面があることは事実です。
しかし、この文章に一度はまってしまえば、いつまでも抜け出せない、ずっと浸っていたくなる、そんな魅力のある作品です。

同じような作品はなかなかエロゲでは見ないので、このような文学的な作品に少しでも興味を持った方は、一度体験版をプレイしてみることをお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!独特な文体が織りなす摩訶不思議な世界観

2013年05月02日  

このレビューは参考になった×2人

この作品を楽しむには日本文学、特に泉鏡花を彷彿とさせるような独特なテキストを読みこなせるかどうかでしょう。

体験版をプレイしたならば巷のエロゲーとはまったく違うテキストに驚くはずです。まるで小説を読んでいるかのような気分にさせてくれる文体は、この作品の一番の特色でもあり、また万人受けではない最大の要因でもあります。
この文体を受け入れられれば摩訶不思議な旅籠の世界観にどっぷりと浸ることができるはず。

シナリオは最後に解放されるあるルートを除いてそれほど特筆すべきものではありません。ですが、それを補って余りある文章力によって作られる雰囲気は極上のものでしょう。

総じてこの作品は、伝記、特に文章力を重視した物を求める方にお勧めです。
購入されるまえに体験版で自分に合うかどうか確認されることを強く推奨します。とにかく文体が独特なので・・・。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]