美少女ゲーム > Rosebleu > 氷華の舞う空に

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Rosebleuフォローする
販売日 2012年08月03日
シナリオ 秋乃流 / J-MENT / 風間ぼなんざ / 二瓶しのぶ
イラスト Pikazo / うなさか / 羽音るな
声優 夢咲朱花 / 湖月紅れ葉 / 青山ゆかり / 夏野こおり / 桐谷華 / 桃井穂美 / 山本兼平 / 小池竹蔵 / 中澤アユム
音楽 マッツミュージックスタジオ
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■ストーリー■□■
冬になると一段と冷え込み、雪にも覆われる一地方都市。
主人公、櫻咲周防が住む町も、そんな冬の到来を待ち受けていた。

そんなある日、従妹である氷見川椎奈が両親の海外出張を理由に、周防たちの元へ引っ越してくることに。
冬休みさえ近い時期の、タイミングのずれた転入生。
小さな町の学園には、充分な話題の提供だった。

久しぶりの再会と、新たな出会い。
冬模様に包まれつつある町で、周防達は今までとは少し違う雰囲気の時間を過ごしていく。

一時は閉鎖の噂さえあった学園——そこから物語は始まる。

■□■登場キャラクター■□■
●氷見川 椎奈 (CV:夢咲朱花)
原画担当:Pikazo
両親が海外へ転勤になることになり、それを嫌がった結果、祖父の家を頼ることに。
感情がはっきりと表に出るタイプ。
好きなモノは好きで、嫌いなモノは嫌い。
歯に衣着せないことが多いので、比較的トラブルになりやすいが
不思議と人に憎まれないので、敵になる人間は少ない。
ちょっと得な性格。
周防に対する好意も隠さないが、昔ほどには、はっきりと口に出せなくなっている。

「うっわーっ、嫌なこと言うなあ、周防兄は……」

●水無月 百合佳 (CV:湖月紅れ葉)
原画担当:Pikazo
周防より一つ上の先輩。
清楚で可憐、お嬢様と呼んで差し支えのない雰囲気。
誰しもが最初は騙されると言っていいくらいのお嬢様。
ところが中身の方はそういったイメージとは違い、面倒くさがりな上に成績等もごく普通。
読書をしているかと思えば中身は漫画だったり、携帯ゲームで遊んでいる事もしばしば。
結果、ついたあだ名は「残念美人」。
ただ、そのギャップに惹かれることもあるのか、人気はそれなりに高かったりもする。

「いいじゃないの、それで誰が困るわけじゃないんだし」

●三池 栞 (CV:青山ゆかり)
原画担当:うなさか
二年連続で同じクラスになった同級生。
そして、数少ない剣道部の同士。
スポーツ大好きの元気少女。
運動は根本的になんでもこなすが、相対的に勉強の成績はイマイチ。
黒く、長い髪をポニーテイルにしている。
感情と一緒によく動くのが特徴的。
背も高めで凜とした格好良さがあり、一部の女生徒に人気が高い。
本人的には、背の高さが少し不満。

「……ひょっとしたら、一教科くらい勝ってるかもしれないだろ……」

●アリスティア・ブライト (CV:夏野こおり)
原画担当:うなさか
通称は「アリス」。
三年前に、この町に引っ越してきた外人一家の娘。
普段の態度はとてもおしとやかというか、丁寧な物腰。
誰もが慣れない英語で話しかけてくるものの、アリスは日本語が堪能。
また日本文化が大好きで、周防の家に度々足を運んでは、いつの間にか祖父と話し込んでいたりする。

「それこそ偏見だと思いません? ワタシ、中身はこんなに日本人ですのに」

●澪 (CV:桐谷華)
原画担当:羽音るな
大昔、村の為にその身を捧げた娘。
犠牲になった時はもっと子供だったが、時間の経過が外見に変化を与えた。
永い時間のほとんどを眠って過ごしていた為、現代の事に関しては知識が片寄っている。
ちなみに、これらは全て「自称」である。

「だから、ただの愚痴です。それをぶつけられるくらいは我慢してください」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006938
ファイル名/ファイル容量
VJ006938.zip / 1.24GB (1326590172Byte)
CPU
Pentium4 1.0GHz以上
メモリ
1GB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005211D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005211D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「氷華の舞う空に」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件