美少女ゲーム > じぃすぽっと > 今日のおかず第17号 DLエディション

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

『今日のおかず第17号DLエディション』 に含まれるタイトル

●『淑女の告白 〜豊乳熟妻、白昼の蜜会』
ジャンル:欲求不満熟妻の独白アドベンチャー
原画:御垳葉ひかる
シナリオ:奇偶転置
音楽:ミリオンバンブー/ヨナオケイシ
CV:黒崎雪乃/平野響子

大学教授の夫を持つ黒崎雪乃はその教え子である桂木悠人と肉体関係を結んでしまう。
夫と一回りも歳の違う若い男の荒々しい性は欲求不満だった雪乃の熟れた肉体を熱く燃え滾らせる。
理性ではいけない事と知りながら密会を重ねてしまう雪乃、その結末は……。

●『踏みにじられた純潔乙女の華園〜はなつみびと落花』
ジャンル:純潔乙女陵辱アドベンチャー
原画:RAYMON
シナリオ:奈落ハジメ
音楽:ミリオンバンブー/ヨナオケイシ
CV:姫狩落花=平野響子 / 小手鞠弓子=東かりん / 竜胆沙織=香澄りょう

小手鞠弓子と竜胆沙織。聖アグネス学院を華舞台と咲き誇る気高き大輪。
二人の美しき闘争が他の乙女達を一喜一憂させる、神々しく光り輝く両輪の華。
しかし、光あるところ乃ち陰あり。その陰……二人の持つ別の仮面を知る者はいなかった。
彼『姫狩落花』の登場までは。
「僕は悪魔の使いの蛇かもしれないね。平和な楽園を終わらせるのは、いつだって蛇の仕業なんだから」
そう嘯く彼の手により、乙女達の千年王国はゆっくりと軋み始めた。

●『霊甲テトラ バイオ獣に歪め膨らまされるッボテ腹と爆乳の恐怖!』
ジャンル:密着スーツヒロイン触手陵辱アドベンチャー
原画:雨宮ツムギ
シナリオ:奇偶転置
音楽:ミリオンバンブー/ヨナオケイシ
CV:テトラ=ヒマリ / レビアンナ=平野響子 / ネオン=逢川奈々

地球の侵略を宣言する敵性異星人『グラムス侵攻軍』の将軍レビアンナを
捕虜にした『LTE』の科学者ネオンは侵攻軍の生態を解明する為に、
彼女を実験体として様々な実験を行っていた。
しかし、LTEの基地を襲撃してきた別のグラムス将軍『デスティーゴ』の手により、
戦闘ヒューマノイド『テトラ』と共に囚われの身となってしまう。
バイオ獣に犯されまくるテトラとネオンの運命は……。

注意:
(RJ047070)「淑女の告白 〜豊乳熟妻、白昼の蜜会」
(RJ048670)「踏みにじられた純潔乙女の華園〜はなつみびと落花」
(RJ049135)「霊甲テトラ バイオ獣に歪め膨らまされるッボテ腹と爆乳の恐怖!」
と内容の重複があります。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006914
ファイル名/ファイル容量
VJ006914.zip / 857.31MB (898955312Byte)
CPU
PentiumIII 1GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1024MB以上
VIDEO
VRAM 32MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005142D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005142D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「今日のおかず第17号 DLエディション」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件