美少女ゲーム > FlyingShine > SWAN SONG

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■□■ストーリー■□■
その夜。それまで通り過ぎるだけの他人だったぼくたちは
大きな運命の煮えたぎる一つの釜の中に投げ込まれてしまった。

まもなく一年を終えようとする12月24日。降誕祭の前日。
その山奥の都市には昼頃から雪が舞い落ちて、
ホワイト・クリスマスを祝う喜びに満ちた空気が街中を覆っていた。
レストランや駅を飾るイルミネーションは、陽が落ち、
人々が眠りについた後も、しずかに瞬いていた。

その幸福な眠りを乗せた大地が、突如として揺れ、そして平和な世界は一変する。

アスファルトは裂け、建物は崩れ落ち、暗闇のあちこちから恐ろしい悲鳴があがった。
ごく平穏な住宅街の光景は、瞬時にして地獄の景色となる。

その街で一人暮らしをする大学生尼子司は、混乱の中で奇跡的に一命を拾った。
廃墟のなかを彷徨ううちに自閉症の少女八坂あろえと出会う。

そして彼女と共に避難先を求めて歩きはじめた。
風が強くなり、すっかり吹雪となってしまった街。
瓦礫を踏みしめながら、司たちは辛うじて体を風雪から守ってくれる建物を見つけた。
それは古ぼけた教会で、司はひとまずその場所で休憩を取ることに決めた。
司と同じ様に家を失った若者達が、やはり同じ様にして、集まってくる。

そうして、雪の降る教会で、彼らは出会った。

■□■登場人物■□■
●八坂 あろえ(やさか あろえ)CV:草柳純子
崩壊してしまった街に、一人取り残されてしまった少女。
自閉症スペクトラム障害を持っている。
大人しい性格をしているが、状況に関係なく、突発的で予測不能の行動や、
理解の難しい発言を繰り返し、その場の人間を困らせることも少なくない。
そのかわり、人にはない不思議な能力を持っている。

●佐々木 柚香(ささき ゆか)CV:佐々木柚香
一人暮らしをする大学生。
優れた美貌とスタイルを兼ね備えているが、本人には自覚がないようだ。
変わり果てた街のなかでも強く耐え、いつでも優しく微笑んでいる。
労働をいとわず、得意の料理をつくっては、皆の気持ちを暖かくさせる。
親友の川瀬雲雀のことをいつも気にかけている。

●川瀬 雲雀(かわせ ひばり)CV:榎津まお
柚香の友人で、同じ大学に通っている。
この日の夜は柚香と一緒に過ごし、生き残った。
気が強く、思ったことはいつでもはっきりと口にする。
ただ、結果として気分でものを言ってしまうため、わがままも多い。
廃墟となってしまった街で、飼い主を喪ったペットのことをよく考えているようだ。

●乃木 妙子(のぎ たえこ)CV:北都南
廃墟で、司たちと出会う少女。
詳細は不明。

●尼子 司(あまこ つかさ)CV:広末涼
大学生だが、本業よりも、ピアノの練習に力を入れている。
あまり感情的なことを言ったり、表情に出したりしないため、
掴みづらい人間だと思われているが、本人はそのことをあまり理解していない。

●小池 希美(こいけ のぞみ)CV:西田こむぎ
学生。おどおどした内向的な性格だが、残酷な一面もある。

●田能 村慎(たのむら しん)CV:滝沢アツヤ
フリーターの青年。
地元の住民で、生まれたときからずっとここで暮らしている。
朗らかな性格で、スポーツマンタイプ。
自然とリーダー的な立場に立たされることが多い。

●鍬形 拓馬(くわがた たくま)CV:桜坂幸平
柚香達と同じ学校に通う大学生。趣味はパソコン。
女性に対するコンプレックスが強く、それ以外にも自信が持てない臆病な性格。
こっそり柚香に好意を抱いている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006878
ファイル名/ファイル容量
VJ006878.zip / 1.03GB (1107832144Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上 (Windows7は1.0GHz以上)
メモリ
256MB以上 (Vistaは512MB以上、7は1GB以上) / 384MB以上 (Vistaは1GB以上、7は1.5GB以上)
VIDEO
VRAM 4MB以上 / 8MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005126D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005126D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「SWAN SONG」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

古き良き名作

2017年04月17日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

古めの作品なのでまず体験版でためすのを推奨します。
文の出し方が今のものと違いました。

内容は人の感情・行動が独特ですごいと思いました。
体験版の時点で凄い世界観で本編はそこからは全く予想つかない展開の連続でおもしろかったでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!人間の様々な心の一面が垣間見える名作

2017年03月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

大地震という災害が起きることで、街が破壊され 社会の秩序までもが崩壊する。
この作品には、そんな閉鎖空間に囚われた人々の様々な内面が描かれています。

そういう環境に置かれた人々の物語なので、読んでて鬱になる展開がやや多めですが
話の続きが気になって、止め時がなかなか難しかったです。

場面ごとに、別のメインキャラの視点へと移り変わって
話が展開していくシステムも個人的には好きでした。

一般的なエロゲーと比べると、一度に表示される文章量が多い場面もあるので
一冊の小説を読み終わった読後感がありました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!お勧めです

2016年12月13日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

人間の極限状態における行動・心理や絶望的な状況に立ち向かう様子等が丁寧に展開されていきます。
陵辱・バットエンドに少しでも抵抗がある方はお勧めできませんが、興味がある方は是非プレイして頂きたいです。。。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!素晴らしい作品

2016年10月19日  

このレビューは参考になった×0人

生きることの美しさを教えてくれる素晴らしい物語。
内容は過酷で残酷で理不尽の詰まった重い展開が続くが、それゆえに時折現れる人間同士の優しさや思いやりに強く胸を打たれる。
もうね、雲雀に何度泣かされたことか…

この作品を含め感動で号泣した事はよくあるけれども、悲しくて泣いたのはSWAN SONGが初めてだった。
NORMALエンドは鬱ゲー好きでもキツいと思う…
セールで安く買えたが、発売当時のフルプライスで買ったとしても満足しただろう作品。
ユーザーに媚びたようなストーリー展開が全く無く、非常に丁寧に作られたシナリオだと思う。
残念な点は誤字脱字がメチャメチャ多い事ぐらいか(笑)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ずっしり来る

2016年08月18日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

いわゆる鬱ゲーってやつでした。癒されたいとかそういう目的でプレイするユーザーには絶対向いていないと思います。
私は楽しめました。退廃的な雰囲気が良くでていて、個人的には登場人物やそのボイスがいいと思いました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

名作です

2015年12月07日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

極限の状況下で必死に生きる人々の物語。
心理描写が秀逸で人間の生々しい狂気が非常によく表されています。流石、瀬戸口さんですね。
シナリオ展開は淡々としているものの続きが気になるので気付いたら徹夜でプレイしてしまいました。オススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]