美少女ゲーム > Candy Soft > つよきす2学期

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年05月11日
シナリオ NOB
イラスト 真広雄海
声優 さくらはづき / 青山ゆかり / 金田まひる / 北都南 / 海原エレナ / 草柳順子 / 山田ミライ / まきいづみ / 間寺司 / 藤景吾 / 比留間京之介 / 陳幻齋 / 中本伸輔
音楽 一色由比 / I've sound
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 強気っ娘攻略AVG
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「ツンデレ」ブームの火付け役にして、今なお根強い人気を誇る“きゃんでぃそふと”の名作『つよきす』。
その超人気作の、待ちに待った続編がついに登場!

今回の季節は「二学期」。
「文化祭」や「クリスマスデート」「中間、期末考査」「生徒会役員選挙」などのイベントや、
前作と同じ「松笠」「竜鳴館」を舞台に、武士道少女で鉄の風紀委員“鉄乙女”、
おバカなハイテンション爆裂娘“蟹沢きぬ”、生徒会長にして超お嬢様“霧夜エリカ”、
クールな表面と寂しがりな内面を持つ“椰子なごみ”、控え目で一途ちょっぴり腹黒な優等生“佐藤良美”、
正義感の強い真面目一直線少女“近衛素奈緒”他、個性の強い『つよきす』の面々と、
新ヒロインである史上最強のツンデレ転校生“橘瀬麗武”が、コメディあり、シリアスあり、
ラブエロありの物語を綴っていく!

前作ファン、「学園モノ」「ラブコメモノ」好きの方は元より、「ツンデレ」に関心がなかった人でも、
新たな嗜好を開花させるパワーを秘めたタイトルだ!!

■□■ストーリー■□■
私立の学園「竜鳴館(りゅうめいかん)」に通う主人公・対馬レオは2年生。
そして、自分達の長期出張中にかこつけて、なまけている息子の性根を叩き直して欲しいと
レオの両親に頼まれ、家にやってきた従姉妹の鉄乙女。

そして、想いを寄せる生徒会長・霧夜エリカが取り仕切る美人ぞろいの生徒会を手伝う事になる。
平凡だった毎日は確かに慌しくなった。
が、『この夏中に彼女を作ろうぜ!』なんて話もしていたけれど
美人揃いの生徒会メンバーとなんて進展は全くなし。

そんな夏も終わったある日、1人の女性が竜鳴館にやって来た。
銀髪の長い毛、キリッとした眼差し。
彼女の名前は橘瀬麗武(たちばな せれぶ)。

彼女を中心に、生徒会長・霧夜エリカ、鉄の風紀委員・鉄乙女、
そして、幼馴染なバカの蟹沢きぬ、更には1年生の椰子なごみを巻き込み騒がしくなっていく。
こうやって見れば美人揃いだけど、やっぱり個性的な連中ばかり。

平凡だったはずの毎日が、以前にも増して騒がしくなっていく……。

■□■登場人物■□■
●鉄 乙女(くろがね おとめ)CV:青山ゆかり
レオの従妹で、「一騎当千」と謳われた元武家「鉄家」の長女。
凛とした瞳に容赦のない性格、真面目一本で堅物な性格から、
風紀委員と生徒会副会長の兼任を任されている。
非常に世話焼きな姉御肌で、両親不在中にだらけきったレオを鍛え直すべく、
対馬家で同居を開始、以後、一つ屋根の下で暮らすも、男女の進展はなかったようだ。

●橘 瀬麗武(たちばな せれぶ)CV:さくらはづき
問題児揃いの2-Cに転入してきた問題児。
「軍人」である父の影響か、他人をよく分析し、
勝負ごとには、常に絶対的な勝利をえようとする。
豪傑ぞろいの「橘家」の娘なだけに、人間離れした運動神経を持っているが、
ちょっぴり(?)頭が弱く、特に数字が出てくる教科はダメダメ。
ちなみに、「お嬢」や「ヒルズ族」と呼ばれるが、特にお嬢様家系ではない。

●蟹沢 きぬ(かにさわ きぬ)CV:金田まひる
毎朝、レオに色んな方法で叩き起こされるがさつなダメっ娘。
可愛らしい容姿に明るい性格と、一見モテそうなタイプの美少女だが、
悪すぎる口や態度、どんな手段を使ってでも勝とうする汚い面が、全てを台無しにしている。
良い意味でも悪い意味でも「おバカ」であり、それ以上でもそれ以下でもない。

●霧夜 エリカ(きりや えりか)CV:北都南
世界的な大企業のご令嬢にして、二年生で生徒会長に就任した異例の人物。
名家の生まれ、端麗な容姿、どんなことも軽くこなす能力と隙のないタイプだが、
徹底した唯我独尊と、女の子へのセクハラが趣味という、性格にかなり難がある。
あだ名である「姫」は、そんな彼女への尊敬と皮肉が込められているとか。
佐藤良美に対してのみ、心の底から気を許している。

●椰子 なごみ(やし なごみ)CV:海原エレナ
美人でスタイル抜群、勉強、運動神経も良好と存在感のある少女だが、
他人の干渉を拒み、近寄りがたい雰囲気を持つ一匹狼タイプ。
一応、生徒会メンバーには入っているが、他の人員が入るまでの代役という形。
いちいち突っかかってくるきぬとは犬猿の仲で、しょっちゅうケンカしている。
深刻な顔で屋上にいたり、夜、駅前をウロついていたりするが……?

●佐藤 良美(さとう よしみ)CV:草柳順子
エリカの親友で、いつも一緒にいる良き理解者。
控え目で可愛らしい優等生タイプで、生徒会の空気を和ませているオアシス的存在。
誰に対しても分け隔てなく接するが、時折、冷たい言葉を言い放つことも……。
レオに密かな想いを寄せていて、さりげなくアピールするが、いつもタイミングを外している。

●近衛 素奈緒(このえ すなお)CV:山田ミライ
とある事件から、レオに対し嫌悪感を抱くようになった少女。
正義感が強く真面目で、どんな状況でも己の正論を貫く。
しかし、それが他人の反感を買うことも少なくない。
嫌っているレオやワガママなエリカ、だらしないカニなど、2-Cの無法地帯っぷりを敵視している。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006825
ファイル名/ファイル容量
総計 2.94GB
VJ006825.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006825.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006825.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006825.part4.rar / 718.32MB (753217412Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 64MB以上 / 128MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005036D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005036D)

つよきす2学期の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「つよきす2学期」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

みよ!きゃんでぃは赤く萌えている!

2012年06月24日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

まさかのつよきす第二弾!
といってもあまり大きな変化はありませんけどね。
(ちなみに相変らず自分は家庭機派なのでその辺りご容赦を)

一番の大きな変化はまずは「お嬢」こと橘 瀬麗武の追加。
つよきすの世界設定では2-Aが優等生、2ーCが問題児揃い
という扱いで(多分2-Bは普通の子w)瀬麗武はその2-Cに
転入してくるのですから、推し量るべしってヤツですね(笑)

もう一つはタイトル絵をみれば一目瞭然なのですが、絵師さん変更。
自分は「アラ、微妙に変わったね」ぐらいに留まりましたが気になる方はトコトン気になるようで・・・。
この辺りはサンプルページをご覧になって判断して下さい(個人的に割と似ているほうだと思いますが)

細かい変化はまだございますが、基本的には「いつもの『つよきす』」ですね。
この作品の良い点は相変らず「キャラ」ですね。個人的に
乙女さんと秋口を過ごしたり、幾蔵と権田瓦さんが良かった。
姫ルートも姫の可愛さが微妙にアップしました。

残念な点は巷ではボロクソにいわれているシナリオですが
個人的にはそうでもないです(過剰評価が多いのでこの作品は)
ただ瀬麗武がキャラ的になごみと被っていること(見た目からしてアレですし)

素奈緒ルートが短くなったこと、良美さんルートがアレなことですかね?
特に良美さんルートは家庭機でもヤバイです。

最後にこの作品、ツンデレの金字塔と思われたり、1作目の反動で
この2作目がボロクソいわれやすいのですが
ツンデレ作品は昔からありますし、シナリオも1作目は
大絶賛!という程でもありません(なごみルートはもろ70年代ドラマまんまなので)

この作品の持ち味は何より「キャラ」で話も「感動系」より
「面白い」系です、素奈緒ルートでも似たようなこといってますがね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]