美少女ゲーム > PULLTOP > この大空に、翼をひろげて

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 PULLTOPフォローする
販売日 2013年04月26日
シナリオ 紺野アスタ / 七烏未奏 / 奥田港
イラスト 八島タカヒロ / 基井あゆむ
声優 星咲イリア / 萌花ちょこ / 五行なずな / 雪都さお梨 / 有栖川みや美 / 遠野そよぎ / 羽鳥空 / 如月葵 / 優希芹果 / 小次狼 / 蒼井夕真 / 茶谷やすら
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
Boy & girls meets the sky.

少年と少女たちは、空と出会い、そして焦がれた。
いつか、自分たちの翼で飛んでみたいと。

舞台は、さわやかな風が吹き抜ける町――風ヶ浦。
夢を失い、故郷へ帰ってきた少年・水瀬碧は、風車の立ち並ぶ丘で、
車椅子がパンクして動けないでいた少女・羽々音小鳥と出逢う。

そして、ふたりがいる丘の上空を渡っていく、白い大きな翼――グライダーとも。

まだその時、ふたりは気が付いていなかった。
それが全ての始まりなんだと……。

やがて彼らは、碧の幼なじみ・姫城あげはも巻きこんで、
廃部寸前だったソアリング部の立て直しを始める。

誰もが子供の頃、思い描いた夢――

「紙飛行機に乗って飛んでみたい!」

そんな憧れをかなえるために。

見あげる空は、どこまでも高い。
彼らが目指す場所は――遙か雲の彼方。

■登場キャラクター
●羽々音 小鳥 (CV:星咲イリア)
車椅子の美少女。
黒髪ロングの華奢で清楚な外見だが、話す言葉は強気で強情。
そして、とても涙もろい。
足が動かせないという理由のみで
完全バリアフリーな恵風学園にやってきたので、
専門的な分野を教える授業に興味がない。
そのため、周囲から浮いてしまっている。
母親から「寮に足の不自由な子がいるから、面倒みてあげて」と言われ、
碧は女子寮の一番の問題児である小鳥に、
なんだかんだと世話を焼くようになる。

「いいの。命を懸けるだけの価値はあると思うから!」

●姫城 あげは (CV:萌花ちょこ)
5年ぶりに再会した幼なじみ。
昔はボーイッシュな元気少女だったが、今ではおしゃれに目覚め、
コケティッシュな雰囲気の明るい美少女に。
わりと巨乳。
手先が器用でロボット部に所属しているが、
やがてソアリング部と掛け持ちするようになる。
碧、あげは、ほたる、柾次、あんちゃんの5人が幼馴染。
幼い頃は碧の事が好きだったが、
碧に告白されたくせにフッてしまったという過去がある。
今でもたぶん好き。

「ふふふ〜♪どうだ、女らしくなっただろう!」

●望月 天音 (CV:五行なずな)
ただ一人のソアリング部員。
何年も学園に居続けているという伝説を持っている先輩。
天才で、実務、実技以外はなんでもこなせる凄い人。
学生たちは当然、教師たちも口をはさめない。
外見は、すらりと背が高くとてもスタイルの良い超美人。
黙っていれば優しげな美人だが、性格は天然系。
学園に在籍し続けている理由は、自作のグライダーを完成させるため。
しかし、不器用で操縦も苦手なので、いまいち上手くいっていない。

「考え事をしていると、他のことをよく忘れるんだ。私はバカだからなぁ」

●風戸 亜紗 (CV:雪都さお梨)
双子の姉。
一卵性双生児なので容姿は姉妹でとても良く似ている。
明るくほんわかとした雰囲気の少女。
少しドジで少し夢見がちだが、そんなところも魅力的。
誰とでも仲良くなれる亜紗は、仲間内の潤滑油のような存在になっている。
言い換えればペット。
彼女たちが寮に引っ越してきた時、入居するはずの寮の空き部屋は
グライダー置き場になっていて入れなかった。
そんな経緯で、亜紗は自分たちが秘密基地にしている施設を
グライダーのガレージとして提供することに。

「……あの日見た光景が、忘れられないんです。空を目指して、みんな幸せそうに笑ってたから」

●風戸 依瑠 (CV:有栖川みや美)
双子の妹。
祖父は碧たちの通う学園の理事をしている。
気だるげでややニヒリスト。
クールな性格、飄々とした雰囲気で、みんなとあまり馴染もうとしないが、
姉の亜紗にはなついている。
好みや思考など、亜紗とは対照的。
頭が切れ無駄なことを嫌うため、ソアリング部の活動には否定的。
しかし、亜紗が入部してしまったため、
しぶしぶといった態度でグライダー作りを手伝っている。

「夢、ね。わたしにはわからない感性。下らないお遊びとしか思えない。でも——」

●水瀬 碧
子供の頃は風ヶ浦に住んでいたが、親の都合で引っ越した。
今回、数年ぶりに故郷に戻ってきたことになる。
碧は実家に戻るつもりだったが、
母親の管理する女子寮の管理人にさせられることに。
碧は家事全般ができる。
料理も得意で、掃除なども、やりはじめると熱中してしまう。
近頃は、とある事情から少々腐っていたが、
小鳥と出会い、世話を焼くうちに少し前向きになる。
元来は、やや熱いバイタリティにあふれているタイプで
何事も柔軟に、前向きに捉えていこうとする性格。

「どんな気分だろうな、これで空飛ぶのって」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006759
ファイル名/ファイル容量
総計 3.92GB
VJ006759.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006759.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006759.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006759.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006759.part5.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006759.part6.rar / 202.89MB (212741624Byte)
CPU
Pentium4以上
メモリ
512MB以上
VIDEO
GeForce200以上、または RADEON HD以上、または Intel HD Graphics以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 8.1以上
その他
Atomを使用したネットブック、ネットトップは動作対象外
ソフ倫受理番号
受理番号0005669D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005669D)

この大空に、翼をひろげての関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「この大空に、翼をひろげて」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

学校/学園(2)

おすすめ!調和された作品

2014年10月23日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×0人

作品はソアリング部の活動を通した王道とも言える青春ものです。
ですが、シナリオ、音楽、演出、絵のすべてが調和されていて、結果としてとても完成度の高い作品になっています。

特にグライダーのこともしっかり下調べをして丁寧に説明しているので、グライダーに対してすごく興味を持ち、機会があれば乗ってみたいと思うようになりました。

また、音楽も全体を通して優しい旋律で織り成していて非常に素晴らしいです。スタート画面で流れる「A New World」が私のツボにはまり、プレイ初日でサントラを思わず注文してしまいました。

シナリオも共通ルート、個別ルートともにしっかりと書かれているので、かなりボリュームがある作品に仕上がっています。

とてもおすすめの作品ですので、ぜひプレイしてみて下さい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

青春の良さを再び思い出させてくれる作品

2014年08月01日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

様々な事情で夢や希望を失ってしまった主人公やヒロイン達が、廃部寸前のソアリング部に集まり、グライダーで空を飛ぶことにもう一度夢を見出していく物語。
各キャラがどのような思いでソアリング部に入部したか、そして雲の回廊を渡るという目標に向かって、どのように困難を乗り越えていくかがとても丁寧に描かれています。
ボリュームも多めですし、ヒロインもメインヒロインの小鳥を筆頭にとても魅力的に描かれており、ストレスを感じる部分はほとんどないです。
エロゲ経験の浅い人にも、自信を持って勧められる作品の一つだと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]