美少女ゲーム > Chien > RGH~恋と学園とヒーローと~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
私立、倫応学園——
それは生徒数1万人を抱える巨大学園である。
学園生たちが組織する委員会によって管理・運営されるそこに今、謎の存在が現れていた。

その名は、学園ヒーロー!“RGH” と刻印された銀色のベルトを身に着けた彼らの正体と目的は一切謎………ではない。
各委員会のマスコットキャラクターをやったり、何やらボランティアをしたり、さらには学園ヒーロー同士で戦ってみたりなどなど……
とにもかくにもそんな騒々しい学園はその日、新たな年度を迎えていた。

新たな出会いに胸を高鳴らせる新入生。しかしその中で、剣呑な空気を漂わせる青年——武隈巌(たけくま いわお)がいた。
目を合わせると、殺される——
周囲の者がひそひそと囁くその声を聞きながら、彼はまた顔をしかめていた。 ——いや、違う。悲しんでいた。
幼い頃から犯罪者呼ばわりされていた容貌が悪いのか、それとも超がつくほどの心配性が悪いのか?
そんな彼を運命は挑発するのか、それとも嘲笑っているのか、助けようとした女の子に暴漢と間違われたり、
学園ヒーローの戦いに巻き込まれてみたり、さらに住むことになった寮はオンボロだったり…… 俺ってどこまで不幸なんだよ!?

ヘコんだ気持ちを癒すように、夜の散歩へと向かう巌。
しかし、そこでも事件は起きる。学園生たちが学園ヒーローに襲われていたのだ。
助けようとする巌だが、昼間のこともあるため、自分の顔を見せることを躊躇ってしまう。どうすれば助けることができるのか……!?
悩む巌—— そのとき彼は “あるもの” を見つける。 それこそが——始まりだった。
恋とヒーローと学園と、そこで巻き起こるスラップスティックなラブコメディー
倫応学園での新たな物語がスタートする!

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006742
ファイル名/ファイル容量
総計 2.26GB
VJ006742.part1.exe / 810.62MB (850000000Byte)
VJ006742.part2.rar / 810.62MB (850000000Byte)
VJ006742.part3.rar / 690.32MB (723853368Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz / PentiumIV以上
メモリ
512MB以上 (Vista/7 は1024MB以上)
必要解像度
1024*768 フルカラー
DirectX
9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005074D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005074D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「RGH~恋と学園とヒーローと~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!苦難はいつか報われる。

2012年04月14日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×3人

単に「顔が怖い」というだけで周囲の人達から恐れられてきたものの、本人は至って小心者な主人公・武隈巌。そんな彼が学園生活・寮での共同生活を通じて仲間達と親睦を深めて行く姿が印象的でした。
ヒロイン達の巌への接し方はそれぞれ異なり、茉莉やみなみのように初めから顔の創りを気にしないで接してくるヒロインもいれば、ここのように怯えたり、倖のように敵対的な態度を向けたりと、個性が窺えますが、ストーリーが進むと、みんな巌の事を「顔はコワイけど、いい人なんだ」と理解してくれるようになるので、巌にとってヒロイン達はある意味「天使」に映るかもしれません。
僕が個人的に気に入ったヒロインは、何と云っても言周です。それは……もちろん「おもらし癖」に決まってるじゃないですかぁ!!「寝ボケて廊下で立ったままおしっこをもらす」というだけでなく、エッチイベントも全て“おもらし完備”です。更に、あのはち切れんばかりの爆乳もナイスでした。でも、初めから友好的に接してくれる茉莉、共通と個別での接し方の落差が大きい倖、甲斐甲斐しく家事をしてくれるここ、若干ツンデレ要素を持ちながら竹を割った感じのみなみも捨て難いです。
ストーリーが進むと、学園ヒーローの裏側にある存在や、ヒロイン達の背景が明らかになってきますが、それを知った時は驚きでしたね。どんな内容かは是非プレイして貴方の目で確かめてみて下さい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]