美少女ゲーム > root nuko > Worlds and World's end -ワールズ・エンド・ワールズエンド-

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 root nukoフォローする
販売日 2012年03月23日
シナリオ 川石幸宏
イラスト アマクラ
声優 松田理沙 / 小倉結衣 / 五行なずな / かわしまりの / 倉田まりや / 高藤まりあ / 田中一郎 / 野☆球 / いちごみるく / 立花あおい / 楠原ゆい / 桜坂幸平 / 天然才 / 音無想 / 渡来もあ / 牙羽猛獅
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
変わらないものと、ずっとそう……思っていた。

毎朝、似たような時間に似たような場所を往復して。
試験の結果や、クラスの中の人間関係、気になるあの子のことを気にしてみたりとか。
たとえば、そんな日常。代わり映えしない学園生活。

<八代拓海>は、日常が約束されたものだと信じていた。

町を騒がす通り魔事件。終末を謳った宗教法人。
世間の関心は節操なく、瞬く内に流れ去る。
何故ならそれらは結局、他人事でしかないのだと……誰もがそう思い込んでいるから。

<和泉宗一>は、自分もまたその例外でないと信じていた。

世界の中心からは遠く隔たる、とある地方の片田舎。
一度は捨てたつもりで、そこを出てきたはずなのに。
けれどしがらみだけは断ち切れず、今もこうして残り続ける。

<三村祐二>は、帰るべき場所のあることを信じていた。

『退屈な』日常——。
『終わらない』日常——。

そこにあるのは、変わらない明日への絶対的な信頼だ。
けれど、それがもし仮に……単なる独り善がりの、盲信に過ぎないのだとしたら?

変わらぬ明日の訪れを、信じられなくなってくる君に。
誰かはひょっとすると、こんなふうに答えるのかもしれない。

「大丈夫、安心して。明けない夜がないように、朝は必ず訪れるの」

そして、きっとそれは守られるだろう。
世界が未だ、約束された日常の中に留まり続けている、その限りは——。

■登場キャラクター
【ほんわか天然癒し系】
●塚原 麻衣子 (CV:松田理沙)
学園に通う二年生。
一度は地元を離れた身だが、家庭の事情で再び生家へ戻ってくることに。
幼馴染みである八代や和泉との再会を喜び、現在は八代と同じ文芸部に所属。
友人にも恵まれ、新しい生活にも次第に慣れていきつつある。
性格はマイペースなのんびり屋で、飾ったところのない性格。
天然なのも度を過ぎて、時には空気の読めない振る舞いをしてしまうことも。
疎遠になってしまった八代と和泉との仲を気に病み、
もう一度以前のような関係に戻ってほしいと願っている。

「や、久しぶり。これからまた、よろしくね」

【強がり我侭お嬢様】
●宮川 都 (CV:小倉結衣)
学園に通う二年生。
都会育ちのお嬢様だが、故あって数年前にこの地へ移り住んできた。
家が近くの和泉とは家族単位での付き合いがあり、当人たちも当然のように親しい間柄。
しかし、他には友人と呼べる人間も少なく、和泉の存在に依存しがちなところがある。
性格は明るく賑やかだが、一方で臆病。
感情をそのままストレートに表すタイプで、よく言えば素直で実直、悪く言えば自分本位な直情型。
教団「終末の声」の熱心な信徒である両親のことを、あまり快くは思っていない。

「そういうソーイチの優しいとこ、わたし好きだな」

【コミュニケーション下手な少女】
●矢間 文歌 (CV:五行なずな)
学園に通う二年生。
同校の教師である矢間一を父に持ち、校内でも一目置かれている存在。
しかし、本人は目立つことを嫌って一人を好み、特定のグループには属さない。
その為か、周りの人間からは気難しい人間として距離を置かれている。
実際のところは引っ込み思案な性格で、かなりの口下手。
周りと合わせることが苦手な為に、極力他人と関わりを持たずに過ごしてきた。
そんな彼女だが、とある出来事をきっかけに、同学年の和泉らと深い関わりを持つようになっていく。

「夜の空気が、好きだから。そういう理由じゃ、ダメ?」

【自由奔放な自称記憶喪失】
●安藤 佳澄 (CV:かわしまりの)
バイクに乗った謎の少女。
記憶喪失を自称しており、その身元詳細については一切が不明。
しかし、そのことに対して本人に悲観したところはあまり見られず。
淡々と現実を受け入れ、泰然自若を貫く彼女の姿勢はどこかしら、人生を達観しているようですらある。
細かい物事に囚われぬ、サバサバとした性格の持ち主。
どことなく浮き世離れしたところのある反面、遠慮がちで押しには弱い一面も。
記憶探しの旅の折、偶然に出会った三村らと行動を共にしていく。

「実はね、わたし……記憶喪失みたいなんだ」

【内気で小さな頑張り屋】
●八代 鈴 (CV:倉田まりや)
八代拓海の妹。
都内の学校に通う為、女子寮で一人暮らしをしている。
幼い頃からの病気持ちで、一人暮らしをしているのもその為。
病状は重く、今のところ回復の見通しは立っていない。
しかし、当人はそのことに悲観することなく、毎日を前向きに生きている。
人見知りの激しい性格だが、心を許した相手には元気一杯、明るく振る舞う。
兄の拓海とは特に仲がよく、「お兄ちゃん」と呼んで今も深く慕っている。

「こ、こちらこそ、お世話になります!あ、あの、よろしくどうぞっ!」

【歯に衣着せぬ先輩】
●月島 碧 (CV:高藤まりあ)
学園の卒業生。
現在は地元を離れて大学に通っている身だが、春休みを機に帰省。
バイトも兼ねて、実家の喫茶店の手伝いをしている。
在学時から、その奇行で校内に広く名の知られていた彼女ではあるが。
八代らにとってはそれ以上に頼れる先輩であり、よき相談相手。
裏表を巧妙に使い分け、聖人君子でありつつ時に横暴。笑顔の時ほど口が悪い。
三村や麻衣子の兄とは同級生で、親しい仲であったことを伺わせる。

「ご主人さま、お帰りなさいませ〜……って、なんだ君たちか」

【真面目で人望のある優等生】
●八代 拓海 (CV:田中一郎)
学園に通う二年生。
学内切っての秀才であり、加えて人望も備えた努力型の優等生。
そんな絵に描いたような学生像を、本人は意図して演じてみせている。
性格は物事を広く見渡す俯瞰型で、人当たりがよく几帳面。
人前では明るく社交的に振る舞いつつも、内心では過ぎゆく日々に空しさと不安を捨てきれない。
幼馴染である麻衣子と和泉、その二人との距離の取り方に悩み、もどかしさを感じている。

「おうよ、ばっちり決めてやるさ。任せとけって」

【クールな一匹狼】
●和泉 宗一 (CV:野☆球)
学園に通う二年生。
群れることを嫌い、その為に普段から一人でいることが多い。
基本的に愛想がなく、クラスの中ではやや浮いた存在。
しかし、周りに迎合しないその生き方は、周囲から一目置かれる要因ともなっている。
中途半端なことが嫌いで、何より自分に対して嘘のつけない性格。
故に不器用で融通の利かないところもあるが、本人にあまり自覚はないらしい。
クラスの中で孤立しがちな都のことを、普段から特に気に掛け、接している。

「べつに……いいだろ、そんなの。俺の勝手だ」

【口達者な流れ者】
●三村 祐二 (CV:いちごみるく)
地元を離れ、都内で一人暮らしを営む自由人。
冗談を好み口数も多いが、自分自身のことに限ってはあまり多くを語ろうとしない。
過去には学園に在籍していたらしいが、その辺りの経歴も含めて謎は多い。
軽佻浮薄を地で行きながらも、根は真面目で義理堅い性格。
シニカルで投げやりな言動を取ることも多いが、それも自信の無さの裏返しといったところ。
これまでの自分に折り合いをつけようと、乗り込んだ電車の中で偶然鈴と出会う。

「うむ、話せば長くなるが……まぁ、聞いてくれ給え」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006711
ファイル名/ファイル容量
総計 2.16GB
VJ006711.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006711.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006711.part3.rar / 683.18MB (716366604Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.0GHz以上
メモリ
256MB以上 (Vista は512MB以上)
必要解像度
800*600 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0005002D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005002D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Worlds and World's end -ワールズ・エンド・ワールズエンド-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件