({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年03月09日
シナリオ かずきふみ
イラスト すめらぎ琥珀
声優 真中海 / 一色ヒカル / 海原エレナ / 理多 / 桜あずき / かわしまりの / 桜川未央 / 楠鈴音 / 北都南 / 夏木田栄 / 比留間京之介 / 一条和矢 / いちごみるく / 蘭丸
音楽 一色由比 / I've sound
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 新・姉属性イチャイチャ恋愛アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「もっと 姉、ちゃんとしようよっ!」にて
結ばれたそれぞれのヒロインとの、その後を描くアフターストーリー集となっています。

付き合うまでをメインに描いた本編とは違い、アフターストーリーならではの、
付き合っているからこその描き方に重点を置いています。

■□■ストーリー■□■
八角橋商店街に居を構える一条家の末っ子、
走馬とその姉達との物語は数々の苦難を乗り越え、
走馬が帰ってきてから1年の月日が経とうとしていた。

■□■登場キャラクター■□■
●一条 楓子(イチジョウ フウコ) CV:真中海
一条家の長女で母親的存在。
胸の内に隠していた漠然とした不安はすっかりと消え、
雑貨屋に納めている布製品の売り上げも好調。
まさに順風満帆。充実した日々を走馬と共に過ごしている。
強いて悩みを挙げるとすれば、やっぱり甘いものがやめられないこと。
走馬と一緒におやつタイムに入ると、まだ自分の分が残っているにも関わらず
物欲しそうに隣の皿を見つめてしまうため、毎回走馬を苦笑させている。
しかしそういったやりとりも恥ずかしさ半分、嬉しさ半分。
人生で初めて訪れた春を、楓子は戸惑いながらも楽しんでいる。

●一条 灯華(イチジョウ トウカ) CV:一色ヒカル
一条家の次女で、天条学園の教師をしている。
勤務時と在宅時のオンオフの極端さは相変わらずだが、
走馬と二人きりのときに限りオフのさらに先、
澪緒も真っ青の甘えっぷりを発揮するようになった。
走馬も甘えることを覚えたため、お互いにだるんだるんな状態に。
家族全員を呆れさせることも予想させたが……
最低限の節度は守り周囲に余計な気遣いはさせないあたり、
やっぱり灯華は一条家一番のしっかり者なのかもしれない。

●一条 境(イチジョウ キョウ) CV:海原エレナ
一条家の三女。大学生。
ずっと走馬と距離を置いてきたが、
世界を共有できたことでその溝を埋めることができた。
感情をあまり表には出さない性格ではあるが、最近はよく笑顔を見せるようになった。
遠慮がちだった日々はもう過去のこと。
すれ違っていた時間を取り戻すかのように、不器用ながらも走馬に愛情を注いでいる。

●一条 鈴音(イチジョウ スズネ) CV:理多
一条家の四女。元気一杯の超パワフルガール。
恋人が出来てもその芸人気質がぶれないのはさすがと言ったところか。
順調な私生活に続きお仕事の方も右肩上がり——とは行かないまでも、
少しずつ活動の幅を広げている。
彼女の存在が全世界の人々に認知される日もそう遠くない
……かもしれない。

●一条 澪緒(イチジョウ ミオ) CV:桜あずき
一条家の五女。かなりの甘えん坊で、いつも走馬にべったり。
ぬいぐるみのアームストロング(♂)も、変わらず片時も離さない。
しかし、以前までは無自覚な依存であったが
今では自身の走馬への想いをしっかりと理解しており、
純粋な気持ちで甘えることができるようになった。
髪を伸ばしたのは、そういった心境の変化のあらわれかもしれない。

●明日原 ミサ (アスハラ ミサ) CV:かわしまりの
一条家のお隣に住む明日原家の長女。
日本人の父とフランス人の母を持つ。
不正を告発後、勤めていた会社を自主退社し「デザインオフィス明日原」を設立した。
設立から現在まで絶え間なく依頼が続いており、毎日忙しそうに動き回っている。
しかし、走馬と過ごす時間が劇的に増えたおかげか、
いくら忙しかろうと女王様然とした余裕だけは失わない。
だが、とあるうれしい出来事によりぶれないはずのミサに若干の変化が……?

●明日原 アルル(アスハラ アルル) CV:桜川未央
ミサの妹。
クララとは双子で、どちらが姉でどちらが妹という区別はせず
お互いに対等な立場で接している。
ようやく走馬に対して素直になることができ、
ツンケンとした態度は薄れつつあるが、やはり照れ屋な性格はなかなか治らず。
唐突に走馬に褒められたりすると、いっぱいっぱいになり思わず手や足が出てしまう。
そういった照れ隠しをクララによく咎められるが、殴られた走馬自身はまんざらでもない様子。
一度はこじれた三人だが、今はとても順調のようだ。

●明日原 クララ(アスハラ クララ) CV:桜川未央
ミサの妹。
アルルとは双子で、どちらが姉でどちらが妹という区別はせず
お互いに対等な立場で接している。
走馬の気を引こうとあの手この手と策をめぐらし底知れない
印象を与えていたクララだったが、蓋を開けてみればただの恋する女の子。
走馬に想いが届いた今、屈託のない笑顔を見せるようになった。
意地っ張りなアルルをからかいながら走馬に甘え、幸せを噛み締めている。
一度はこじれた三人だが、今はとても順調のようだ。

●クローディア・ギグス CV:楠鈴音
イギリス人の二年生。
自治会花組の代表を務めている。
日本人よりも日本人らしい大和撫子ぶりは健在で、女子生徒からの人気も相変わらず高い。
走馬に一歩引いて付き従う様子が学園内でよく目撃され、かつてはそれをやっかむ者もいたが、
走馬の努力もあり今では「お似合いの二人」とおおむね歓迎されているようだ。
親友であるシャンティともよく行動を共にしており、たびたびあの不思議なやりとりを見せることも……?

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 3.3GB
CPU
PentiumIII 1GHz以上 / Pentium4 2GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1024MB以上
VIDEO
VRAM 64MB以上 / 128MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0004974D)

もっと 姉、ちゃんとしようよっ!アフターストーリーの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「もっと 姉、ちゃんとしようよっ!アフターストーリー」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

なに。。。。

2013年01月20日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ほ、本編より面白い、だと゜゜(д ;)

「もっと姉、ちゃんとしようよ」のFDになります。本編で結ばれたヒロインとのその後をプレイすることになります。すでに恋人同士の関係から始まるので甘さ50%増な感じです。

シナリオはFDにしては一切の手抜きを感じることなく作り込まれてるのでかなりのボリュームがあります。恋人同士になったとはいえ付き合い始めってのは何かしらあるもので多少の揺れはありますが、それで別れる事はないので、付き合い始め特有の甘々な感じを堪能しましょう。ただ何人かのルートで本編のエンディングとはかなり変わってしまったヒロインもいます。

でなんで本編よりも楽しめるかというと『主人公の性格がまともになった』これに尽きます。

プレイに疲れるというよりは主人公の性格に付き合うのが疲れた本編と比べると格段に前向きになってるおかげで『主人公うぜえ(д´♯)』と思える場面はほとんどない為、ストーリーを充分楽しめます。てか本編もこのくらいの性格なら評価もっとあがったのに残念無念。。。

本編とあわせてのプレイがオススメです。




しかし。。。昨年11月にパッケージ版で本編とアフターストーリーの限定ダブルパック出てたんですよね。。。買えばよかったorz

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]