>    >  

ブランド名 :  アトリエかぐや
ホームページ :  http://www.a-kaguya.com/
販売日 :  2012年01月20日
原画 :  choco chip
シナリオ :  神無月ニトロ  /  さんきち  /  もみあげルパンR  /  速水漣
音楽 :  吉田仁郎
声優 :  北都南  /  金田まひる  /  鳩野比奈  /  萌木唯  /  青山ゆかり  /  乃田あす実
年齢指定 : 
作品形式 : 
対応OS : 
[PC]
Windows2000 / WindowsXP / WindowsVista
その他 : 
ジャンル : 
この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

サンプル

HTML版で表示

作品内容

注意:(VJ002256)「まほこい〜エッチな魔法で恋×濃しちゃう〜」と内容の重複があります。

■ストーリー
父の仕事の関係で故郷に再び戻ることになった主人公と妹の日菜乃。
引越しの荷解きの休憩にピザ屋へ電話したつもりが…
天井に大穴をあけて届いたものは半人前の魔法少女だった!!
「ごめんなさい。天井すぐ直します〜」
と、使ったその魔法が大失敗、手伝いに来ていた葵に茜、妹の日菜乃、
そこに居た女の子全員が魔法少女になってしまったから、さあ大変!
主人公は主人公で「エッチなことを引き起こす体質」になったと言うし
その上、この体質のままだと恐ろしい悪影響が出るらしい!!!
解毒には誰かを一人前の魔法少女にして完熟魔法で解くしかないと言うのだ!
妹、幼なじみ、同級生を巻き込んでマジカルエッチな生活が始まった!

■登場キャラクター
●ショコラ=デ=カプチーノ (CV:北都南)
異世界から来たちょっぴりドジな半熟魔法少女。
魔法の失敗で茜・葵・日菜乃の3人を半人前の魔法少女にしてしまった!!

●沙倉日菜乃 (CV:金田まひる)
義理の妹。
兄に対して甘えたくても甘えられない微妙な年頃で、
気恥ずかしい場面になると意地になって否定したりする。

●望月茜 (CV:鳩野比奈)
クラスメイトで、主人公たちよりも少し前に転校してきた転校生。
同学年の男子の間では早くもアイドル的存在。
おっとりした優しい天然系。

●鳴瀬葵 (CV:萌木唯)
幼なじみの女の子。
サバサバとした性格で、
主人公とは結構、似たもの同士で気が合う仲。

●神城夕姫 (CV:青山ゆかり)
クラスメイトで、人とのコミュニケーションが苦手な無口な女の子。

●蒼摩綾 (CV:乃田あす実)
おっとり系の優しい担任の先生。
本人は気づいてないが色気がある。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006566
ファイル名/ファイル容量
VJ006566.zip / 651.64MB (683291507Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
128MB以上 / 256MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004907D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004907D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「まほこい KAGUYAコレクション」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!

王道(恋)と鬼畜(濃い)な展開、どちらがお好みですか?

2012年02月09日  A-GE さん 投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×2人

僕にとってはchoco chip原画の中では初めてプレイした作品であり、以後【アトリエかぐや】の作品を数多くプレイするようになるきっかけとなった作品でもあります。
ショコラによって周りの女の子達が半熟魔法使いになっただけでなく、自分にも呪いが掛かってしまった主人公・沙倉誠志が、呪いの解除と女の子の完熟魔法使い化を目指すべく奔走しますが、行く先々で起こるハプニングエロイベントにおいて「理性で堪える」か「欲望に身を任せる」かによってその後の展開に影響が現れます。
ルートは大きく分けて純愛ルートと凌辱ルートがあり、純愛ルートでは、誠志とヒロインの間に葛藤が生じ、若干センチメンタルな展開等を挟みながらも、最後にはそれらを乗り越えてハッピーな展開を迎えるという王道的展開が楽しめますし、凌辱ルートでは触手をデフォとしたマニアックな描画が展開されます。尚、人によっては一部目を背けたくなる描画も含まれていますので、その点は御注意願います。
僕的には、共通ルートと一部の凌辱ルートに含まれるエッチイベント(特に「ショコラのおしっこ」とか「茜のおしっこ」とか「日菜乃のおしっこ」とか)も大変お気に入りですが、やはり全体的には純愛ルートの展開がとても気に入っています。また、ヒロインは皆全般に「エロカワイイ」という表現がピッタリで、可愛らしさを全面的に押し出しつつエロさを上乗せした描画は見事だと感じました。
王道的恋愛展開と鬼畜的凌辱展開、更に色々な棚ボタ的ハプニングエロも楽しめるので、広い範囲の嗜好をお持ちの方々にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]