美少女ゲーム > Rosebleu > Tiny Dungeon~BIRTH for YOURS~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Rosebleuフォローする
販売日 2011年12月23日
シナリオ あごバリア
イラスト 久遠樹 / / 観音王子 / すずめみく
声優 遠野そよぎ / 桃井いちご / 夏野こおり / 五行なずな / 北都南 / 青山ゆかり / 佐々留美子 / 真中海 / 小池竹蔵 / 角川竜二 / 城樹翔 / 桜川未央 / 緒田マリ / 湖月紅れ葉 / 木村あやか
音楽 内藤侑史&山田屋カズ(BAL)
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 未来を選択するAVG
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

『Stellar☆Theater』の“Rosebleu”が贈る王道学園ラブコメ・ファンタジー、シリーズ第3弾!
全4章中、ついに3章目を迎えた本作は、その身に忌まわしき秘密を隠した神族第一王女“ノート”を
メインヒロインに据えて物語の核心へと突入!
「未来を選択するAVG」というテーマに相応しく、神にも魔にも竜にも蔑まれる人族の主人公が、
ノートとともに呪われた運命を跳ねのけ、輝く未来を切り拓く!
第3章とはいっても、本作は最終章を除くどの章からでも楽しめる連作形式。
前作を未プレイでも安心してゲームを楽しむことができる。
クライマックス目指して、名うてのシナリオライター“あごバリア”の筆もますます絶好調!
笑いとトキメキと興奮のジェットコースター・ファンタジーを見逃すな!

■□■ストーリー■□■
魔界、神界、竜界、そして人界。
四つの世界が交わるその場所に作られた学園 『トリニティ』。
自らの力で、少ないながらも心強い仲間を得た“白鷺姫”は、
今また新たな仲間となる “デイル=グラン” との戦いを続けていた。
実力の差は明白。
だがそれでも決して諦めない彼の姿に、
“ノート”は漠然とした希望を感じていた。
自らの身体に眠る、その暗い力に対する希望を。
ノートは、自らの出生の秘密を姫に語る決意をする。

そして同時に、一人の戦士が学園世界に現れる。
“ヴェル”とノート、学園最強の二つの力を容易く弾き、男は笑った。

「なんといっても俺は、今回の仕事が終わったら娘に会いに行くんだぜ」。

『ゲン』。
自らをただの賞金稼ぎと称した彼の登場により、
トリニティを大きな波紋が包み始める。

『Tiny Dungeon』今ここに、第三の扉、開演──。

■□■登場キャラクター■□■
●ノート=ルゥム(CV:遠野そよぎ)
【神界の銀月】
神王妃ルアン=ルゥムの第一王女。
神界で数百年ぶりに生まれた「完全銀髪(グラン・ルナ)」の持ち主であり二つ名は「神界の銀月」。
使用武器は魔力を刃へと変えた両手剣。
絶大な戦闘力を持つが、その力に反するかのように本人は気弱で大人しい。
<原画担当:九遠樹>

●ヴェル=セイン(CV:五行なずな)
【魔界の黒翼】
魔王妃トリア=セインの一人娘。
魔族の中でも最強の力を持つ『魔王の血族』であり、二つ名は「魔界の黒翼」。
使用武器は、漆黒に輝く刃を持つ、その身体もよりも巨大な鎌。
魔力の象徴である黒い翼を八枚も持ち、二つ名はその翼から来ている。
しかし5年前からその翼を見たものはいない。
普段は冷酷で無表情だが、友人の前では明るく振る舞い、姫にはデレる。
<原画担当:魚>

●ウルル=カジュタ(CV :北都南)
【竜界の金鱗】
竜界の女王の一人娘にしてその力を受け継ぐ少女。
素直で明るく礼儀正しい少女であり、主人公を『にいさま』と呼んで慕ってくれる。
見た目に反して実際の年齢は160歳だが、竜族としては幼い方である。
竜族の人気者であり本人の知らぬ間にファンクラブができていたりする。
初めてトリニティに来た際、道に迷ったところを姫に助けられ、それ以来、姫のことを慕っている。
使用武器は、その拳。竜の息吹と呼ばれるナックルの一撃は、巨大な岩をもたやすく砕く。
時に武器を使うこともあるが、それは手加減するためであり、
竜族における拳の一撃は命をたやすく奪う最恐の武器である。
<原画担当:観音王子>

●白川紅(CV:桃井いちご)
【人族の相棒】
人族の戦士であり姫のクラスメイト。
トリニティに通う人族は、姫と紅の二人のみ。
そのため女子寮で姫との同室を余儀なくされている。
使用武器は儀式によって造られた長短二本の日本刀。
その剣技のレベルは学園内においてもかなりの上位である。
真面目で規則正しい少女だが、油断して姫に着替えを見られること多数。
その都度、自らの未熟さに落込んでいる。
<原画担当:すずめみく>

●オペラ=ハウス(CV:青山ゆかり)
【ウルルの従者】
竜族であり、ウルルに仕える従者。
家事は当然のことながら戦闘能力においても竜族トップクラスを誇る。
魔法に適性の低い竜族でありながら、回復魔法を使うことができ、その出生は謎に包まれている。
ウルルに対しては、時に従者として、時に姉のように優しく接するが、
時折お茶目に罠やいたずらをしかけてくることもあり、また毒舌家でもある。
本来、部外者は学園内は入れないが、学園長によって特別にウルルへの同行を許可されている。
<原画担当:観音王子>

●フォン=テルム(CV:佐々留美子)
【竜魔の紅刃】
ヴェルより年下でありながら、魔王妃の補佐を任せられた魔界の次期No2。
魔族としては希な赤い髪を持つため、「竜魔の紅刃」の二つ名で呼ばれる。
使用武器は、赤い半月状の刃を持った、二本の鎌。
ヴェルをライバル視しており、「魔王の血族」に対しても引けを取らない強さを持つ。
実は魔族と竜族とのハーフであり、竜族の特徴である身体能力の高さも兼ね備えている。
しかし本人は、そのことに触れられるのを嫌い、魔族であることに誇りにしている。
<原画担当:魚>

●アミア=ルゥム(CV:夏野こおり)
【ノートの妹】
神族の第二王女。すなわちノートの妹である。
さすがに完全銀髪とまではいかないが、その銀の含有率は過去の王家の中でも最大クラス。
武器を使っての戦いはそれほど得意ではないが、魔道師としての才能は学園内でも1・2を争う。
神族らしい補助系呪文はもちろん、神族としては珍しい攻撃呪文すらも使いこなし、
戦闘では姉同様、まさに戦女神の如き力を見せる。
また、相当な魔法オタクな部分があり、覚えたところで使い道のないような呪文や、
効率が悪く既に覚えているものなどほぼいないような古代の呪文を独学で研究している。
その反面、普段は明るく元気でちょっとやんちゃな妹ぶりを見せる大のシスコン。
ノートのことをこよなく愛し、その愛情はスカートめくりという、まるで子供の様な表現方法となって表される。
使用武器は杖。もっとも、その形状はあまり杖らしくないと評判。
<原画担当:久遠樹>

●ゲン(CV:???)
【賞金稼ぎ】
学園2強の“ノート”と“ヴェル”を相手に軽々と戦うツワモノ。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006488
ファイル名/ファイル容量
総計 2.62GB
VJ006488.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006488.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006488.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006488.part4.rar / 398.88MB (418252251Byte)
CPU
Pentium4 1GHz以上
メモリ
512MB以上
必要解像度
1280*720
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004780D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004780D)

Tiny Dungeon~BIRTH for YOURS~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Tiny Dungeon~BIRTH for YOURS~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件