美少女ゲーム > ninetail > Venus Blood -ABYSS-

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆◇◆ストーリー◆◇◆
「繁殖せよ! 魔族の未来のために子を孕ませろ!」

─魔王ゼファード死す。
滅亡寸前の危機に追い込まれた魔王一族グリザーニ家とその民を守るため、
魔王の娘ルキナ姫は、王の座を継ぐことを決意。
そんな折、ある淫魔族の青年が魔王城へと呼び戻された。

「妾の婿として、手を貸すのじゃ、キルト・オーデュエス!」

足りない兵は、触手で犯した母胎を孕ませて調達。
それには、魔王の秘宝の修復と錬金術の技術が必要だ。
こうして、魔王軍の権勢を取り戻すべく、魔族存亡を賭けた戦いが始まったのだった─。

一方、不気味な沈黙を守り続けるもう一つの魔王家ロードリア。
魔界(アビス)の奥底で強大な武力を持ちながら介入してこない彼らは、一体何が狙いなのか─?
人間・魔族・竜族を巻き込んだ波乱が起きるのは、もはや必定であった。

◆◇◆登場キャラクター◆◇◆
【魔王を継ぐ姫】
●ルキナ・ヴェルベッド=グリザーニ (CV:安堂りゅう)
魔族の名門であるグリザーニ家の姫。いわゆる魔王の格を持つ高位の魔族。
先代魔王が人間に討たれた後、配下とその一族を守るために
後継者として若くして魔王の座に就いた。
責任感が強く、グリザーニの一族が滅びるのを防ぐために、ありとあらゆる手を打つ。
しかし、王としての重責の影に、時折年相応の顔を覗かせることもある。

【疾風の猛将】
●ガーネット・トイクロス (CV:富樫ケイ)
ルキナの最も信頼する配下であり、魔王の近衛も兼ねているグリザーニ家筆頭将軍。
勇猛な有翼族の槍戦士で、疾風の猛将の異名を持つ。
武術では天性の才覚を持っており、若くして前魔王にも認められ頭角を現し始めていた。
先の人間と魔族の大戦の折、尊敬する前魔王ゼファードを守れなかったことを悔いており、
そのたった一人の娘であるルキナに対して、絶対の忠誠を誓っている。

【ウィッチ・ドクター】
●サラーキア・コーデュロイ (CV:佐藤玲羅)
近年、グリザーニ魔王軍に所属することとなった魔術師。
医術も得意としており、魔王軍お抱えの軍医として“ドクター”という肩書きでも呼ばれている。
普段は人型の魔族と遜色ない姿だが、その正体は妖艶な美貌と熟れた愛欲に満ちた スキュラ族である。

【キルトの召使い】
●リリシア (CV:桃也みなみ)
主人公キルトの屋敷で身の回りの世話をしている獣人族の少女。
キルトがグリザーニ家に仕えることになったため、彼女も一緒に魔王軍に参加した。
生来ドジなところがあり、肝心なところでポカミスをかまし、周囲に迷惑をかけることもしばしばだが、
本人の明るくメゲない性格と憎めないタチが幸いして嫌われることは余りない。
希少種の獣人族らしく、異常に治癒力が高く、打たれ強い。

【鉄輪一座の女商人】
●キキョウ(桔梗) (CV:有賀桃)
魔界を渡り歩き、武具や魔具を取り扱う魔族の行商団「鉄輪一座(かなわいちざ)」を取りまとめる女商人。
東方の倭国出自の魔族であるらしく、常に和服を着こなしている、艶やかな黒髪の大和撫子。
金にはうるさい一方、心許した相手には、尽くすタイプ。上客ともなれば、色々便宜を図ってくれる。
キルトが錬金術を学んでいた頃の古い知り合いでもある。

【戦の聖女】
●セレナ・オペコット (CV:榊木春乃)
リルバーナ島の人間の主教であるシャリーア教の高司祭であり、シュミット王国の王族傍系の姫。
騎竜の戦女神シャリーアの再来と言われる不思議な力を持っており、
それゆえにシャリーア教門徒に 強く信奉されている。
また、魔族との戦いのシンボルとして、神殿騎士たちと共に戦の矢面に立つこともある。

【竜の血を引く勇者】
●フローレシア・トリアセテート (CV:藤堂みさき)
リルバーナ島の古い伝承で人間を救った竜の血を引くとされる、勇者の家系の娘。
海運と冒険者の国、サルタニア王国出身。
人間をまとめあげて、魔族と戦う立場のシャリーア教団とも縁が深い。
弱きを助け、情に厚く決断力があり、日々の努力を惜しまない努力家。

【鉄(くろがね)の軍師】
●プリマテス・シーチング (CV:相本さくら)
魔族の血を引きながら、それを隠し、人間側に協力しているシャリーア教軍の参謀。
優秀な軍略家でもあり、何事にも動じない強い精神力を持ち、
怜悧冷徹な鉄(くろがね)の軍師と恐れられている。
しかし、生まれで迫害されたり、一部の心無き人間に犯されるなど、不遇の女軍人とも言える。
高位のアルケミストでもあり、主人公とも過去に関わりがあるようだが?

【教団の生体機人兵器】
●アイオン (CV:咲ゆたか)
先の魔族と人間の大戦で、その大局を決定付けたゴーレム兵の生き残り。
近年、劇的に向上しているシャリーア教団のアーティファクト製造技術で作られた
生きた魔導兵器と言われており、圧倒的な火力と装甲によって多数の魔族を葬った。
単身で一つの軍隊に相当する働きをするとされている。

【シャリーア教軍総指揮官】
●ゲアハルト枢機卿 (CV:錫宮那由太)
シャリーア教団のNo.2で、革新派と呼ばれる派閥のトップ。
穏健派の現教皇エメリヒはすでに高齢で、病に臥せっているため、
彼が実質的な教団の指導者として君臨している。
グラーナダ聖堂学院の出自で、古代の失われた技術を求める学問において
教団をあげての全面的支援を与え、軍事利用による莫大な権益を得る。

【黒衣の魔女】
●アンナローゼ (CV:梅椿鬼)
近年、リルバーナ島の4王家などに接触するようになった、黒衣を纏った謎の貴婦人。
蟲惑的な雰囲気と魅力的な提案で、話を聞く者を魅きつけてやまず、
彼女からの助力を受けた者は、例外なく自らの地位を向上させ、成功へと導かれているのだが……。

【地獄王の令嬢】
●シャナン・フランネル=ロードリア (CV:渋谷ひめ)
竜王アギリスの娘。 古くから魔界にて対立するグリザーニ家と
ロードリア家という関係から、ことあるごとにルキナをライバル視している。
現時点では、ルキナよりも年上ということもあり、
個人戦力、自軍の強大さ、富、胸の大きさ(微妙に)、などなど、ほとんどの項目で
勝っているが、唯一婚約者がいないという点において、負けていると悔しがっている。

【竜を統べる地獄王】
●アギリス・フランネル=ロードリア (CV:錫宮那由太)
グリザーニ一族と長年にらみ合い・暗闘を続けてきたロードリア家当主の魔王。
彼も魔王ではあるが、グリザーニ家と区別するために「竜王」や俗称の「地獄王」と
呼ばれることの方が多い。グリザーニに伝わるアーティファクトと財産を
全て我が物にしたうえで、地上の完全制覇すらも目論む徹底した野心家。

【淫魔の血を引く錬金術師】
●キルト・オーデュエス
主人公。
淫魔族の出自の青年。グリザーニ家、姫の婿候補としては第13番目にあたる
グリザーニ家一門の貴族でもあるが、かなり末席ゆえに家格はあまり高くない。
女好きでやや軽薄・飄々とした性格だが、
古代魔具を取り扱うアルケミストとしては 超一流の腕を持つ天才研究者。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006484
ファイル名/ファイル容量
総計 2.78GB
VJ006484.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006484.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006484.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006484.part4.rar / 558.85MB (586001906Byte)
CPU
PentiumIV 1.5GHz以上 / PentiumIV 2.0GHz以上
メモリ
1024MB以上 / 2048MB以上
VIDEO
VRAM 64MB以上 / 128MB以上
必要解像度
960*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004855D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004855D)

Venus Blood -ABYSS-の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Venus Blood -ABYSS-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

触手(2) 妊娠/孕ませ(2)

おすすめ!何でも良いから誰も泣かない世界が欲しい

2012年05月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

“絶対見つけるんだ、真実の鍵〜♪”というわけで
勘の良い方ならこのフレーズで内容はお察しできたかと思います。
(わからない方への補足で某錬金術マンガのOPの歌詞です)
要するに武装な錬金術のゲームになります。

さて、ヴィーナスブラッド(略称VB)と申せばninetail
もといdualtailの看板作品。もう結構シリーズが出ており
まぁ作品ごとに細々した差異はありますが、VBと申せば
触手、悪堕ち、女神とか宗教、悲劇というのが基本要素。
特に主人公の復讐とか悲劇的な内容が多いシリーズなんです。

で、今回もそうなのかと思えばところがどっこい違います。
今回は王道熱血正統派ストーリーです!まさかVBで王道の
熱血正統派ものがみれるとは、ちょっとビックリです。
(いやVBって終盤とか熱血なんですけど、最終的に贖罪や
主人公が死ぬとか、考えさせられるED多いので)

ゲーム内容は拠点防衛型SLG。物凄〜く、簡潔に申せば
ヒロイン達を孕ませて、駒を増やして敵を撃退していくゲームです。
兵科ごとの相性、属性、スキルなど色々あります。でもそんな
難解ではないですね。シンプルだが奥深いという感じ。

難点はあんまないですが敢えて申せばヒロインのルキナ!
あれほど主人公を好き好き一直線なのに、理由付けがどうも弱いです。

最後にホンの少し攻略のアドバイス。まずユニットの狐巫女と
ユニコロンというのがいますがこれを早めに作ること。
理由は作ればわかります、終盤はこれがないとキツイです。
もう一つは一週目はノーマルEDで終わること。

正直、最終盤の敵はかなりの強さです(いや冗談抜きで)
一週目はお金やらユニットやら足りないので。なおED分岐は
インストール後のオマケファイルにアドバイスが載ってますのでそれを参考に

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ほどほどの難易度

2012年01月27日  

このレビューは参考になった×2人

このゲームの優しいところはモンスターが死んで消えないこと。どんなに弱くても回復すれば生き返るし、経験値も入るため、いずれは強くなって頼もしくなる。そんな仲間たちとともに人間や、敵の魔族を蹴散らすのだ!

エロシーンでの見どころはやはり触手を使った容赦ない主人公のSプレイ。最初は嫌々言いながらもどんどんハマっていく女の子。次第に開発や改造を受けてますます増えていく快楽に女の子たちはただ、受けるしかなかったのだ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]