({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■□■ストーリー■□■
季節は夏、7月下旬。
僕の名前は、末下 右京(まつした うきょう)。
学園に通う一年生なんだけど、もうすぐ夏休みが始まるとあって気分はウキウキ。
そして夏休み前日、田舎のおばあちゃんから、久しぶりに電話が掛かってきた。
その電話の内容は——

僕のお祖母ちゃんは、田舎の乳泉(ちちいずみ)神社で巫女さんをしているんだけど、
なんでも『二十数年ぶりの奇祭を催す』とのことで、
僕とママに田舎まで手伝いに来て欲しいとのことだった。

お祖母ちゃんの神社には温泉もあるから、僕とママはちょっとした旅行気分で、
お祖母ちゃんの元へ帰郷することになった。
そこで、僕とママを暖かく迎えてくれる、桃華伯母さんと鈴華お姉ちゃん。
しかし、僕達を前にした、お祖母ちゃんの口から出た言葉は——!?

『私(わたくし)が勤めている乳巫女(ちちみこ)の座——
      それを貴方達、三人の内の一人に譲ろうと思います』

なんと!?
僕とママは、次代の乳巫女を選ぶために、お祖母ちゃんの元に呼ばれたのだった。
こうして、お祖母ちゃんの厳しい(!?)指導の下、乳巫女を選ぶ、ひと夏のおっぱい修行が始まる。

僕とママ達は、一体どうなっちゃうの!?

■□■登場キャラクター■□■
●乳泉 燈華(ちちいずみ とうか)
CV:このえゆずこ
乳泉神社で現・神主をつとめる、右京の祖母。
年齢に不釣り合いな美貌と、超乳を持つ美女。
普段は、神社の巫女らしく、年相応に落ち着いていて、穏やかでしとやかな印象を受けるが、
こと、乳巫女関連になると人が変わる。
毎日、おっぱいを搾って、乳泉神社・特製のお守りを作っていたが、
最近、聖乳の出が悪くなってきたのを気にしている模様。

「よいですか、右京?これから貴方は、皆と共に乳巫女修行に勤めるのですよ」

●末下 恋華(まつした れんか)
CV:河合しなの
もちろん、主人公の実母で、燈華の娘。
優しく甘々な性格で、息子の右京を愛しているが、
最近は、昔ほど息子が甘えてくれなくなったので、ちょっと寂しい。
右京と一緒に手伝いをして欲しいと、母・燈華に呼び出されて久しぶりの里帰り。
祖母の思惑に気づいているのか、いないのか、今イチ不明だが。
息子と久しぶりの里帰りにウキウキしている、のんきなママ。

「はふふっ、お祖母ちゃん家の温泉、楽しみよね」

●乳泉 桃華(ちちいずみ ももか)
CV:杉原茉莉
主人公の伯母で、母・恋華の姉にあたる。
カラッとしたさわやかな性格の伯母さん。
神社の仕事を手伝っており、主に雑務や炊事を担当している。
パワフルで、全ヒロイン中、一番お尻が大きい。
旦那とは7年前に別れている。
桃華は、娘だけでなく息子も欲しかったので、
久しぶりにやってきた主人公を、自分の息子のように可愛がってくれる。
娘のバストコンプレックスと、そこから来る引っ込み思案を、なんとかしてやれたらと思っている。

「ほらほらっ、しっかり運ばないと日が暮れるよ!」

●乳泉 鈴華(ちちいずみ りんか)
CV:五十嵐ナナコ
桃華の娘で、右京にとっては従姉妹のお姉ちゃん。
結構な恥ずかしがり屋。
昔は、遊んで貰った記憶がある。
しばらく田舎に帰ってなかったので、久しぶりに会った。
昔から発育が良い方だったが、今の学校に入ってから、おっぱいがどんどん大きくなってしまい、
コンプレックスを抱えている。

「あ、あの……おっぱい大きいから……あまり見ないで……」

●末下 右京(まつした うきょう)
見た目は背が低く、華奢で可愛い、ショタ系の学園一年生。
一見して、人畜無害だが、おっぱい大好きな、おっぱい星人であり、意外にアクティブに甘えていく。
美人ママの恋華のベッドに、しばしば潜り込んで、
おっぱいに甘えはじめたりと自立行動型の甘えん坊である。
そんな右京が夏休みを利用して、ママと一緒に旅行気分でソボンの元へ。
そこで右京を待ち受ける、数々の試練とは——!?

作品情報/動作環境

ファイル容量
1.33GB
CPU
PentiumIII 500MHz以上(7は1GHz以上) / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
256MB以上(Vistaは512MB以上、7は1GB以上) / 384MB以上(Vistaは1GB以上、7は1.5GB以上)
VIDEO
VRAM 4MB以上 / 8MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1b以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0004834D)

ちちみこ!!の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ちちみこ!!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ぱふぱふ

2015年06月30日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ショタな主人公と超巨乳の母たちとのエッチな物語。
いろんなところで、いろんなシチュエーションで、母たちとのエロエロライフが楽しめる作品でした。
甘えん坊シチュエーションが好きな人におススメの作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

孫×祖母・・・!

2015年02月08日  

このレビューは参考になった×0人

おねショタ、母子モノで全員超乳です。
ストーリーは抜きゲー相応、ボリュームも価格相応でしょうか。
この作品の凄いところはメインヒロインが祖母というところですね。数あるエロゲー作品の中でもメインヒロインに祖母を据える作品というのはまず無いと思います。
ハーレムルートはヒロイン達の娘とです。発想がスゴいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

とにかくでかいおっぱいに囲まれます

2014年02月06日  

このレビューは参考になった×0人

祖母、母親、伯母、従姉妹のお姉ちゃん相手にとある事情から主人公が巫女さんの修業をお手伝い(エッチする)することになる作品です。設定はなかなか吹っ飛んでいますが、話の内容はコメディー系で明るい感じになっています。

修業が進むに連れてヒロインの胸が大きいからでかすぎるくらいまで成長していきます。なので最後のほうでは画面のほとんどがおっぱいな状況になります。
またエンディングはそれぞれに用意されていることや選択肢によってはハーレムな展開になるのでおっぱいに囲まれる生活ができます。
また母乳を搾り取る描写も非常に多くすごい勢いでまるで牛のようにドバドバ出します。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

乳と巫女

2013年12月28日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

超乳に魔乳に巫女さんにママンにオバンにソボンに…etc
とにかく盛れるだけ盛ったったど~!ってな作品です。
とは言え決して散漫という事ではありません。
どのルートも必ず当たりはあるでしょう。
そういう意味では豪華な1本ではないでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!おおきいことはいいことだ。

2013年06月03日  

このレビューは参考になった×0人

でかァーい!説明不要!

どのキャラとHするか選ぶだけ、と言うだけのお手軽なADVだが、1キャラに様々な意味でボリュームがあるので色んな意味でおなかがいっぱいになる作品。

また、キャラクター設定としても突き抜けており、一番メインヒロインしているのが主人公の「お祖母ちゃん」と言う驚愕の設定(しかも美人で可愛いんだこれが)、背徳さを微塵も感じさせないラブラブさなど、エロゲーで難しいこと考えたくない、おっぱいは大きければ大きいほど良い、と言う紳士諸君にはお勧めしてもし足りない作品である。

個人的には大満足の作品。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おっぱいがいいっぱい

2012年11月24日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

おっぱいがいっぱい。その一言に尽きる作品です。
物語が進むにつれてより巨大に成長していくおっぱいはまさに必見としか言い様がありません。
おっぱいが大好きな紳士の皆様はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]