美少女ゲーム > Cabbit > 翠の海-midori no umi-

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■□■ストーリー■□■
──翠の、海。木々に囲まれた深い森の中。
    決して出られないその場所で、俺たちは出会った──

森の中心には綺麗な湖。そして12人が暮らしている広い洋館。
図書室にはたくさんの本があり、音楽室には楽器もあり、
何の不自由も無く生活できるその場所……

少年少女たちは、記憶を失ってこの場所にやってきた。

決して外には出られない。それは言うなれば樹海。決して出られない深い闇。
出て行ってもかまわない。けれど……、外に出られる保証はない。

その場所を、美しくも儚いこの場所を、彼女は「楽園」と呼ぶけれど……

確保されたライフライン。消えた少年。
ゆっくりと思い出される自分の過去……

自分は、どうしてここにいるのか……
知りたいけれど、知ろうとしてはいけないと忠告される。
知ってしまったら……、どうなるのだろうか……?

──何も知ろうとしなければ幸せが約束されているのに
         翠の海に閉ざされた楽園で、空を望めば──?

■□■登場キャラクター■□■
●櫂(かい)
本編主人公。
記憶を失って倒れているところをみちるに発見され、
不思議な洋館で暮らし始めることになる。
記憶がないため、いろいろなことを経験しながら自分を探していく。
勉強はわりかし出来る方らしく、運動も得意。ヴァイオリンも弾けるらしい。
比較的器用な性格らしく、みんなからは慕われていくが……

●みちる / CV:羽高なる
森の中に潜む不思議な洋館に住む、少年少女たちのリーダー的存在。
穏やかで優しく、基本的にはなんでもできるため、誰からも頼りにされている。
やってきたばかりの主人公にこの家でのルールを教え、
一緒に暮らせる ように尽力してくれる。
怒ると怖いらしいという噂があり、何人かからは陰で恐れられている。

●知紗(ちしゃ) / CV:小倉結衣
屋敷で暮らすみんなの「お姉さん」的存在。
明るく元気で、手のかかる子どもたちのしつけに追われるなど、「お母さん」とからかわれることも。
屋敷ではみちるの手伝いなどを中心に、からかいながらも主人公に親切にしてくれる。
数学の勉強が好きで、その知識に関してはかなりレベルが高い。
時に意味深なことを言い出すことも。

●空音(そらね): 陸乃(りくの) / CV:鈴谷まや
言動と行動がほとんど一緒の、不思議な双子。
無口で、言葉を発することも少なく、二人だけで遊んでいることが多い。
二人でいる姿は可愛らしく、屋敷のマスコット的な存在。
占いが好きで、主人公に対してもよく占いをしてくれる。

●灰奈(はいな) / CV:桃也みなみ
笑顔を絶やさない、いつもにこにこした大人しい少女。天然気味。
どこか内向的で「私なんて」とおどおどしていることもある。
部屋の掃除をしていると落ち着くらしく、手が空くとすぐにお掃除を始めてしまう。
気配りが上手で、人のために行動することが大好き。
怒られることが苦手で、よく周りの目を気にしている。
表裏はなく、持っている力は少ないものの、すごく真っ直ぐな子。
けれど周りに反発したりするのは苦手。

●紡(つむぎ) / CV:金田まひる
主人公たちと同い年でありながら、実年齢以下にしか見えない少女。
言動も子どもっぽく、勉強が嫌いで、昼間はよく居眠りをしている。
お裁縫が得意で、ここに居る子たちの服をよく作っている。
みちるには人一倍懐いていて、知紗とは喧嘩仲間。
精神年齢は幼く、結構その場のノリで行動したりする。
空気の読めない発言をして、怒られることもしばしば。

●沙羅(さら) / CV:手塚りょうこ
部屋からほとんど出てこない少女。
常に黒い服を着ていて、子どもたちには「吸血鬼」と言われ恐れられている。
一日に数回しか部屋の外に出ず、食事も部屋で取る。
誰とも言葉を交わすことはなく、誰も彼女のことを良く知らない。

●真希奈(まきな) / CV:霧島はるな
主人公の次に屋敷にやってきた少女。
自分が何者かも、この場所がどこかもわからないという現実に怯え、
不安から周りに当たり散らしてしまう。
思っていることを口に出してしまう癖があり、言い争いになることもしばしば。
周りからは良く思われていない。
誰かに命令されたり、何かを強要されるのが嫌い。

●優希(ゆうき) / CV:陵陵
屋敷で暮らす少年。
主人公とは同年代で、性格は穏やか。
頼りなく見えるものの、芯はしっかりとしていて、主人公の良き友人。
……という最初の設定とは裏腹に、超毒舌系少年。
「あー、すごく暇だなー」という言葉と共に物凄い発言をする。

●白羽(しらは) / CV:川居由芽
屋敷で暮らす小さな女の子。
悪戯ざかりで身体を動かすことが大好きな活発な子。
同年代の深雪とは仲が良く、双子の真似をして遊んでいることもある。
いたずらっ子で、みんなを驚かそうと目論んでは知紗に叱られている。
櫂には酷く懐いていて、遊んでとせがまれることもしばしば。

●深雪(みゆき) / CV:川中瀬奈
屋敷で暮らす小さな女の子。
おっとりとしていてマイペースで、白羽にくっついて遊んでいる。
本人は外で遊ぶよりも部屋の中に居て、トランプをしたり、本を読むのが好き。
自分から行動するよりは、白羽に引っ張られて何かをすることが多い。
自分のことを「みゆ」と呼び、はっきりしないような物言いをする。

●拓真(たくま) / CV:霧島はるな
屋敷で暮らす最年少の少年。
明るく元気で、かっこつけたいお年頃のようで、男っぽくなろうと努力している。
中身はまだまだ子どもで、夜に寂しくなって泣いてしまうこともある。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006403
ファイル名/ファイル容量
総計 3.96GB
VJ006403.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006403.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006403.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006403.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006403.part5.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006403.part6.rar / 243.42MB (255248747Byte)
CPU
PentiumIII 1GHz以上 / PentiumIII 1.5GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 16MB以上
必要解像度
1024*576 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「翠の海-midori no umi-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

豊富なルートを楽しめる

2017年04月25日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

バットエンドもありますが、それ以外のエンドを選ぶと謎が明らかになっていきます。

その過程で洋館の住人の過去も知ることができます。その多くは悲痛なものですが、主人公と共に乗り越えてゆくので安心できました。

美麗なデザイン、聞き心地の良いBGMがそろっており、優れた作品です。

もっと評価されるべきだと思いますね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

この洋館に隠された秘密・・・それは!!!(; ゜ ロ゜)

2012年05月31日  

このレビューは参考になった×1人

自分的に久々にヒットした良作でした。
 徐々に明らかになっていく洋館の謎、主人公の秘密、までは良かったのですが、終わってみると謎事態がそんなに深いわけでもなく・・・
話の運びや、時々見せるヒロインたちの裏の顔などが良かったので、ミステリーというよりもキャラゲー、特にシナリオでは双子、キャラでは真希奈がいい感じでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]