美少女ゲーム > フロントウイング > 魔界天使 ジブリール4

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年10月28日
シナリオ 七鳥未奏with企画屋 / 橘ぱん / 渡辺僚一 / 鳴海瑛二 / 屑美たけゆき
イラスト 空中幼彩
声優 佐倉もも花 / 有栖川みや美 / 東かりん / 野神奈々 / 民安ともえ / まきいづみ / 彩世ゆう / 胸肩賢
音楽 ElementsGarden
その他OPテーマ『the first the last』/EDテーマ『新生時 〜この恋ときみとあたし〜』 唄:U
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル

作品内容

■□■ストーリー■□■
もも、葵、ユズハ、剣人の4人は幼なじみの仲良しグループ。
そして彼女ら3人は、剣人に想いを寄せる恋のライバルでもあった。

この春、4人は『夢が丘学園』の生徒会役員になったが、ライバル関係は相変わらず続き、
世話焼きのももは毎朝剣人を起こし、ユズハが色仕掛けで剣人に迫れば、
興味無いとか言いながらも葵が怒ってそれを止める。
そんな、とても羨ましい毎日が繰り返されていた。

そんなある日、事件は起こった。
「学園に変質者が出るらしい」
そんな噂が流れ、生徒会の4人は調査を開始する。
そこに突如現れる、触手モンスターと謎の双子の姉妹!

3人は触手に捕まり大ピンチに!
そこに、何故か学園長になった天使ラヴリエルが登場し、ヒロインたちを無理矢理、
新たな『聖天使ジブリール』へと変身させたのだった!

「説明しよう!聖天使ジブリールは『アモーレパワー』で戦う。
 『アモーレパワー』は、Hでのみ充填できるエネルギー。
 つまり彼女たちは、勝利のためにHしまくらなければいけないのだ!」

はたして、ヒロインたちは数々の(エッチな)試練を乗り越え、
戦いに勝利し、剣人と恋仲になることができるのだろうか!?
そして、双子の正体は!?この学園に隠された秘密とは……?

■□■登場キャラクター■□■
●早乙女 もも(ジブリール・スピカ)
CV:佐倉もも花
自称、普通な女の子。剣人と同級生。
生徒会・副会長。
お節介……というよりは剣人の世話を焼くのが趣味。
剣人のことが好きで好きで仕方がないが、いまだにその思いを伝えられずにいる。
多分犬チック幼馴染。剣人のことは本当に詳しい。
剣人についてを綴った日記をつけていて、時々そこにポエムを混ぜる。
ぬいぐるみを集めるメルヘン趣味もあったりで、乙女チックな部分が多々あり。
料理全般が得意、好きな食べものは甘いもの。
しっかりものだが、結構騙されやすい。

「ずっと続くといいね、こういうの」

●綾小路 葵(ジブリール・アルテア)
CV:有栖川みや美
生徒会長。長くて綺麗な黒髪が特徴。
ややガサツで乱暴な性格だが、成績が良く運動神経も突出しており、非常に優秀な生徒である。
負けず嫌い。潔癖症。
但しピンチに弱く、いつも剣人に助けられる。
他ヒロイン同様、剣人に対して恋愛感情を抱いているが、どうにも素直になることが出来ない。
好きな食べものはラーメンと、乙女らしさからは掛け離れている。
胸は小さい。

「男子ってば最悪。不潔だわ。信じられない」

●星川 ユズハ(ジブリール・ユノス)
CV:東かりん
生徒会書記兼会計。
自由奔放で我が儘、人のナナメ上を行く行動を素でしてしまう、ちょっと変わった女の子。
でも本当は頼りになるらしい?
発育の良すぎる胸が特徴。
ニオイフェチ。
えっちなことに興味津々。ヤキモチ焼き。
剣人のことが好きでベタベタと擦り寄ってくるが、あまり相手にされていない。
将来の夢は歌って踊れる数学教師。

「剣人さんが一日寝た後のベッド、いい匂いです。くんかくんか」

●ラヴリエル
CV:野神奈々
舞台が変わっても何故か出てくるホニャララ天使。
相変わらず役に立つのか立たないのかわからないが、いろいろ頑張る。
漫才要員。
今回は何故か、夢が丘学園の学園長に就任している。

「人呼んで、愛と正義のぷりちー天使、ラブリエルですの!」

●マイマイ
CV:民安ともえ
双子の悪魔の妹。ナマイキな性格。
メイメイの考えた作戦を意気込んで実行しようとするが、意気込みすぎてたいがい失敗する。
語尾は「だぜ」。
ズボンの下は実はパンツを穿いてない。

「趣味はいたずら、好きな言葉は悪・闇・黒」

●メイメイ
CV:まきいづみ
双子の悪魔の姉。
とても可愛らしく、妖精のようにも見えるが、腹の中が超ドス黒い。
笑いながら残忍なことを平気でしてしまう。

「好きな表情は恐怖に引きつっている顔で、将来の夢はみんなをハッピーにすることですっ☆」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006278
ファイル名/ファイル容量
総計 2.17GB
VJ006278.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006278.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006278.part3.rar / 699.43MB (733406698Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上 (Vista/7は 512MB以上 / 1GB以上)
VIDEO
VRAM 64MB以上 / 128MB以上
必要解像度
1024*576
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004651D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004651D)

魔界天使 ジブリール4の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔界天使 ジブリール4」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

変身ヒロイン(3) 輪姦(3) ラブラブ/あまあま(2) 陵辱(2)

可愛い天使たちにスッカラカンにされるADV。

2017年03月27日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

変身ヒロインモノ人気シリーズ第4弾ではあるが、本作は一人を除いて新キャラのみ、既存作品未プレイでもOKである。
新規とはいえ、このシリーズならではの多種多様なエロシチュは健在であり、初心者にも従来からのファンにも勧められる点では理想的な万能性を持つ。

テンプレ的なハーレム状況からのスタートなので、ラブラブな純愛の末に敵を倒してハッピーエンドのみを楽しむことは可能である。
しかし、本作の魅力は凌辱にもある。敗北凌辱が主だが、こちらは回数を重ねるごとにヒロインたちは性に依存的にされてゆく。
この描写は正に「開発」というにふさわしく、徐々に快楽に崩れてゆく感触が生々しく伝わってくる。
その果ての結末は、先の主人公大好きアピールの後のギャップがエロスと混ざり、トップクラスの出来である。

そのほかのバッドエンドも妥協がなく、「ぶっ壊れる」まで犯しつくすため、ほんわかした雰囲気との落差を楽しめる方はド嵌りすること必至である。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

とりあえず新真打ご披露はしっかりと

2011年11月19日  

このレビューは参考になった×2人

シリーズ第4弾は新デザイン・新キャラ・新声優陣(野神・まき両名のみ引継ぎ)で臨んでいます。

1)ストーリー:メインヒロインを一度に三人新調し、三人三様の話を用意する必要性のため比較的シンプルに
まとめられています。3人の新主人公に慣れ親しむことは十分にできるホンにはなっているでしょう。

2)エロス:魅力的な新コスを上手く活かしたエロドロ・キュートな絵とシチュは健在。
新ヒロイン声優陣もキャラのイメージにはまった演技・艶技を見せてくれています。
シナリオがやや薄い分、ヒロイン3人の多彩なエロを原画・CG作成陣がよく表現しています。甘愛・陵辱・NTRなどいろいろギッシリです。

3)アクション演出:2に見られたような必殺技の演出などの継承・強化を期待したのですが弱点と言えそうです。
アクション用CGなどさらに減少。派手な技が用意され、見事に演じられていても画面効果があまり助けていないです。残念。

4)その他:イントロやBGMは大きな強みとなっています。OP・ED曲もなかなかです。コンフィグも充実。

総合的に見てキュートなスーパーヒロインの純愛・ピンチエロスを求めているユーザーにはおすすめ。
ただエロを兼ね備えた硬派なアクションヒロイン路線を欲するユーザーには難有かと。
でも佳作とは言えるでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!人気変身ヒロインシリーズの第4弾

2011年11月01日  

このレビューは参考になった×2人

人気変身ヒロインシリーズの第4弾、
従来のヒロイン達が一新し、ラブリエル以外のキャラが全て新キャラという、
斬新かつ思い切った挑戦に踏み込んだことによって、
いい意味でファンを見事に裏切ってくれた。

かつての、人気ヒロインや敵キャラを外して、
新キャラで一新した本作は、かなり思い切ったチャレンジであり、
作品そのものが、駄作になれば、
人気シリーズの今後に暗雲が立ち込めていたことは間違いないはず。
そもそも、キャラを変えるなら、
ジブリールじゃなくてもいいわけなので。

では、本作は、ジブリールシリーズとして失敗したかどうかといば、
結果的には成功したといえる。

旧作のキャラが、ラブ公以外出てこないのは、
さびしいところもあるのだが、
ヒロインの数が、三人に変更され、
それぞれのキャラクターが、魅力的かつ個性的であり、
プレイし終えた感想としては、新しいジブリールの誕生に、
非常に満足の行く、安定した内容であった。

特に印象に残ったシーンでは、
葵だけやたらぶっかけシーンがあって、
奇跡のザーメン鼻ちょうちんは最高。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]