美少女ゲーム > root nuko > id[イド]−Rebirth Session−

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 root nukoフォローする
販売日 2011年10月21日
シナリオ 川石幸宏
イラスト アマクラ
声優 風音 / 如月葵 / 遠野そよぎ / 桃井いちご / 金松由花 / 桜坂幸平 / ルネッサンス山田 / 本多啓吾 / 名取亜紀 / 牙羽猛獅 / 天然才
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
そこは閉鎖的な港町。
湿り気を帯びた潮風は停滞し、町は錆びた空気で充満している。
そんな町の一角に部屋を借り、しがない探偵事務所を営む探偵『長谷川 士郎』。

対人関係における面倒事を嫌い、“迷い猫”の捜索をその主な生業にしている彼の下に、新たな依頼人が現れる。
彼女の名前は『片瀬 桜』。士郎がかつて懇意にしていた旧友、その妹だ。
彼女は言う。

——行方不明になった兄のことを探してほしい、と。

そこは裏通りの一角。
場末にひっそりと佇むその店内は、昼と夜とでは全く異なる二つの顔を持つ。
昼間は老若男女で賑わう、カフェとして。
夜間は薄暗く照明の灯った、バーとして。

『Cafe seaside』と銘打つその店は、しかしその夜の顔を知っている者は少ない。
にも関わらず、その店の扉を叩く者が少なからずいたのには、理由がある。
それは単なる噂話。
けれど、町に、ネットに、人を介してその噂はひっそりと息づき。
彼女『雨宮 希沙』も、そんな噂に引き寄せられた人間のうちの一人だ。
彼女は呟く。

——それじゃあさしずめ、『Bar suicide』ってとこかな。

行方不明になった桜の兄。
噂を聞きつけ集まる人々。
事件の核心はそのバーにあると見た士郎は、桜と共に捜査に乗り出す。
しかし、事態は急変。思わぬ方向へと転がり出して……。

集められた12名の男女。
彼らを前にして、仮面を身にまとった店の主人は告げる。
兼ねてより計画していた“集会”の決行を。
目的も、行く先さえ告げられぬまま、夜の闇へと出港する一艘の客船。
その行き着く先は、周囲を海に囲まれ孤立した——小さな孤島だった。

彼らは一体何の為に集められたのか…??
島で彼らを待つものとは、一体…??

無人島という≪閉鎖空間(クローズド・サークル)≫で起こる奇怪な事件の数々。
終わりの見えない、連続殺人。
一連の事件の犯人は、彼ら“参加者”の内の誰かなのか??
渦巻く疑念、信じ合おうとする心。
相反する感情がもつれ、歪み、交錯し合い、その行き着く先で彼らを待つもの。

それは救いなのか、報いなのか、それとも——。

■登場キャラクター
【物語の主人公】
●長谷川士郎
愛猫の“じょび”さんと共に、町の一角に小さな探偵事務所を営む私立探偵。
刺激は少ないながらも、平穏な日々を悠々自適に過ごしていたのだが…。
しかし、そんな生活も一転。
“桜”と名乗る少女に旧友の捜索を頼まれ、厄介な事件へと足を踏み入れてゆくことに——。
面倒事を嫌い、飄々として人を食ったような言動の目立つ一方で。
根は正義感の人一倍強い情熱家であり、目的の為には危険を顧みない行動派でもある。
既に他界した妹の面影を、依頼人である桜に重ね合わせている節がある。

【士郎の依頼人】
●片瀬桜 (CV:風音)
行方不明となった兄の捜索を依頼する為、探偵事務所の扉を叩く。
明るく物怖じしない性格で、その生来の人懐っこさも相まってか。
士郎とは初対面にも関わらず、互いに打ち解けるのにあまり時間は掛からない。
信頼の置けるパートナー&助手役として、共に捜査に乗り出していくことに。
清楚でしとやかな外見とは対照的に我は強く、決めたことは頑として譲らない一面も。
その為、時には物事に深入りしてしまい、何かとトラブルに巻き込まれてしまうことも多い。
甘いものには目がなく、食欲旺盛、発育良好。
士郎のことを“探偵さん”と呼び、好意を抱くと共に全幅の信頼を寄せている。


【ニヒルな少女】
●雨宮希沙 (CV:如月葵)
インターネット上のとある書き込みを目にし、集会への参加を表明。
周囲に対して一貫して無関心な態度で臨み、それが故に一部の人間からは信用を得る。
特に同年代の雫とは行動を共にすることが多く、互いに信頼関係を構築していく。
表向きは気ままで淡泊な言動に徹しているが、根は生真面目な思索家。
高校は中退しており、現在はフリーターの身ではあるが、元は成績優秀な優等生として通っていた。
朝に弱く、胸の小さいことを密かに気にしている様子。
士郎とは何かと縁があり、警戒と興味を同程度に寄せている。

【ミステリアスな少女】
●氷室紗江 (CV:遠野そよぎ)
父親に連れられて、件のバーへと出入りするようになったらしい。
表情の変化に乏しく、人前で口を開くことは滅多にない。
とはいえ、気を許せる相手の前では甘えた態度をとることも多く、決して人嫌いというわけではない。
基本的には一人でいることの方が多く、外部の環境に関わらずマイペースな態度を一貫している。
外見とは不釣り合いに達観した考えを持つ一方、その言動には相応の幼さが垣間見える。
人の感情の機微を読むことに長け、その人並み外れた洞察力を、
父親である氷室は“人の心を読む力”と評するほど。
外見が幼く見えることを気にしており、自分は18歳以上だと執拗に言い張る。
士郎のことを“シロー”と呼び、なぜか懐いている様子。

【危険なオーラをまとった女性】
●西園寺鏡子 (CV:桃井いちご)
参加の動機に関しては不明で、危機的な状況を楽しんでいるようにさえ伺える。
そのどことなくシニカルで攻撃的な態度は、例外なく人に近寄り難い印象を与える。
一方の彼女も他者との友好的な関係を望んではおらず、口元には常に不敵な微笑を絶やさない。
変化と刺激を好み、平穏と退屈を嫌う性格。
物事の価値基準、倫理感が常人とは逸脱しており、尚且つそのことに自覚的。
自身も含め、人の生死には無頓着で、感情を表に出すことは極めて稀。
彼女のそうした態度は人を選ばず、誰に対しても徹底している。

【逃避願望の強い少女】
●橘雫 (CV:金松由花)
自傷癖があり、参加動機の背景には強い自殺願望が見え隠れする。
暗く引っ込み思案な性格で、他人とコミュニケーションを取るのが苦手。
それでも希沙に対してだけは心を開き、明るい笑みを浮かべることも少なくはない。
やや思い込みの激しい性格で、周囲の状況に依らず空想に浸ることもしばしば。
探偵趣味もそのひとつで、自らを小説の登場人物に置き換え、特殊な環境にも適応しようと努力する。
しかし、それも不安や恐怖といった感情の裏返しであることには相違ない。
士郎に対しては好感を抱いており、捜査にも協力的な態度を見せる。

【参加者の一人】
●佐伯義男 (CV:桜坂幸平)
常にサングラスを手放さず、得体の知れない人物。
何かしらの意図があって集会に参加したようだが…?
最低限の口しかきかず、意図して周囲との間に壁を作っているようにも思える。

【参加者の一人】
●久世裕也 (CV:ルネッサンス山田)
医師免許を取得しており、現在は研修医の身。
理路整然とした物事を好み、理性と秩序を重んじる性格。
責任感が強く、事態を打開する為に持ち前のリーダーシップを発揮する。

【参加者の一人】
●岩谷淳二 (CV:本多啓吾)
高校を中退し、暫くは地元を離れていた。
男性陣の中では最年少にも関わらず、その態度に物怖じしたところは一切ない。
故に、粗雑で軽薄な印象を人に与えがちだが、考え方に一本芯の通った人物ではある。

【参加者の一人】
●辻美輪子 (CV:名取亜紀)
離婚歴があり、現在は独り身。
物腰は穏やかで険がなく、総じて人当たりも柔らかい。
とはいえ、時折疲れたような笑みを浮かべることも多く、相応の悩みを抱えていることを伺わせる。

【参加者の一人】
●氷室雄大 (CV:牙羽猛獅)
紗江の父親で、某有名企業の元重役。
強欲で虚勢を張ることに忙しく、自己中心的な思考の持ち主。
娘である紗江をまるで道具のように扱い、その愛情は複雑に屈折している。

【参加者の一人】
●平林進 (CV:天然才)
現在の身分は学生であり、大学に籍を置いている。
神経質で感情的になりやすい性格。
“虎の威を借る狐”の如く、集団における己の立ち位置を常に意識した上で行動している。

【参加者の一人】
●蒲生昭三 (CV:桜坂幸平)
男性陣の中では最年長。
舞台の演出家として名の知れた人物ではあるが、近年は表舞台に立つことも少ない。
何かしら、根の深い悩みを抱えているようだが…。

【店の主人】
●?? (CV:??)
仮面と黒衣を身にまとい、その正体の一切は深い謎に包まれている。
集会にも“案内役”として同行し、島へ上陸後、忽然と姿を消す。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006254
ファイル名/ファイル容量
総計 2.02GB
VJ006254.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006254.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006254.part3.rar / 538.24MB (564386877Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.0GHz以上
メモリ
256MB以上 (Vista は512MB以上)
必要解像度
800*600 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0004294D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004294D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「id[イド]−Rebirth Session−」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件