({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 Mercuriusフォローする
販売日 2011年10月07日
シナリオ 山麻素斗
イラスト 犬神藤丸
音楽 SYUN
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 純愛系伝奇デジタルノベル
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「からっぽ」な自分を抱えつつ日々を暮らす主人公の前に現れた、妹を名乗る謎の少女。
彼女が現れてから、主人公の日常が静かに、微かに、しかし確実に変化を遂げていく……。
“Merucrius”が「間」と「空気」にこだわって制作した純愛系伝奇デジタルノベル!
日常の中にさりげなく忍び込んだ“不思議”。そんな透明感のあるファンタジーを
切ない恋愛に絡めてピュアテイストにプレイしていくのが本作の趣向だ。
肝心のエッチに関しては、本編でのシーンの他に、一人を除いて
オマケシナリオでも楽しめちゃう!
無邪気な妹、怒りっぽい幼馴染、病弱な巫女、どこかさびしそうな年上の女性……
そんな魅力的なヒロインたちと、ムードたっぷりな夢のひとときを満喫しよう!

■□■ストーリー■□■
主人公の“トモル”は、学園に登校してはクラスメイトと下らない話で盛り上がる……
そんなごく普通の男の子。
既に母親は他界し、とある理由から父とも離れ、この信太町で
祖父と二人暮らしをしてはいるが、トモルの心に陰が差すことはない。
ただ、時々わけもなく自分を「からっぽ」だと感じることがある。
何がどう「からっぽ」なのか、トモル自身も知りたいのだが……。
三学期が終わり、明日から春休みというある日。
トモルは幼馴染の少女と、小さな山の中腹の神社に立ち寄った。
そこで、顔見知りの少女と挨拶を交わしたあと、山の頂きを目指す。
それは、彼にとってほとんど日課で、変わらぬ日常の一コマの筈だった。
だが、この日、頂上で一人の女性に出会ったことで、
トモルは知らぬ間に得体に知れない運命の波にのみこまれていくのだった。

■□■キャラクター紹介■□■
▼玉藻
ある日突然、妹として主人公の前に現れた白髪の少女。
気まぐれな性格。
いたずら好きで無邪気なところが子供っぽい。

「ね、なに考えてたの? お兄ちゃん」

▼三好 千帆
主人公の幼馴染の少女。
両親は離婚しており、現在は父親と二人暮らし。
常に自然体で、どんな相手にも物怖じしない性格。

「むー、またぼーっとしてる!」

▼入江 一未
信太山中腹にある信太神社の巫女。
幼い頃から病弱で激しい運動などはできない。
自分が重荷になることを嫌い、何事も一生懸命。

「こんなところで、どうしたのですか?」

▼菻
信太山で主人公が出会った謎の女性。
自らを旅人と名乗る。
落ち着いた感じが大人っぽくもあるが、
どこか寂しそうな雰囲気でもある。

「私、話のわかる男の子って好きよ」

作品情報/動作環境

ファイル容量
342.7MB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
128MB以上 / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 7.0a以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0004730D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「在りし日の歌」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件